脊椎圧迫骨折後の疼痛に関する興味深い報告

脊椎圧迫骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脊椎圧迫骨折後の疼痛に関する興味深い報告

脊椎圧迫骨折例では疼痛が遷延しやすくリハビリテーション進行の妨げになることが少なくありません.

最近は疼痛も心理・情動的な側面との関連性がさまざまな研究で明らかにされておりますが,脊椎圧迫骨折例を対象とした研究はまだまだ少ない状況です.

今回は脊椎圧迫骨折後の疼痛に関する興味深い報告をご紹介させていただきます.

woman in white tank top and blue denim shorts sitting on bed

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Back MusculoskeletRehabil. 2022 Feb 18. doi: 10.3233/BMR-210220. Online ahead of print.

Depression, catastrophizing, and poor performance in women with persistent acute low back pain from vertebral compression fractures: A prospective study

Hideki Kataoka 1 2, Tatsuya Hirase 2 3, KyoGoto 1 2, Ayana Honda 1, Koichi Nakagawa 1 2, Junichiro Yamashita 1, Kaoru Morita 4, Yuichiro Honda 2 3, Junya Sakamoto 2 3, Minoru Okita 2 3

Affiliations expand

PMID: 35213346 DOI: 10.3233/BMR-210220

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Research on the multi-faceted characteristics of persistent severe acute lower back pain (LBP) resulting from acute vertebral compression fractures (VCFs) is lacking.

脊椎圧迫骨折急性期における持続的な急性腰痛症の多面的な特徴に関する研究は不足しております.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate the psychological and functional status of older patients with persistent severe acute disease after conservative treatment of VCFs.

この研究では脊椎圧迫骨折例の保存的治療後に急性腰痛が持続する高齢患者の心理・機能状態を調査することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This prospective study included women aged 50 years and older who had acute VCFs and were admitted to the hospital. Pain intensity, depression, pain catastrophizing, activities of daily living (ADL), muscle strength, and vertebral deformity were assessed on admission. At 2 and 4 weeks post-admission, physical performance tests were performed along with the above measures.

研究デザインは前方視的研究であり,脊椎圧迫骨折を受傷し入院となった50歳以上の女性を対象としております.

入院時に疼痛強度,抑うつ,破局的思考,日常生活動作(ADL)能力,筋力,椎体変形を評価しております.

入院後2週間と4週間には,上記の測定値とともに身体パフォーマンステストを実施しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: We divided 131 participants into severe (n= 64) and mild (n= 67) groups according to their pain intensity at 4 weeks. Compared to the mild group, the severe group showed significantly higher levels of depression and catastrophizing, with significantly poorer muscle strength and endurance. There were no significant differences in ADL and vertebral deformities between the two groups.

131例の対象者者を4週間後の疼痛の強さによって重症群(n=64)と軽症群(n=67)に分類しております.

軽度群に比べ,重度群では抑うつと破局的思考が有意に高く,筋力と持久力が有意に低下しておりました.

ADLや椎骨の変形については両群間に有意差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Our results suggest that older patients with persistent severe acute LBP resulting from VCFs tend to be depressed and pain catastrophizing. Furthermore, persistent severe acute LBP negatively impacts endurance and muscle strength but not ADL.

脊椎圧迫骨折に起因する重度の急性腰痛が持続する高齢者では,抑うつ状態や痛みの破局的思考が強い傾向があることが示唆されました.

さらに持続的な急性腰痛は持久力と筋力に悪影響を及ぼしますが,ADLには影響を及ぼさないことが示唆されます.

 

今回は脊椎圧迫骨折後の疼痛に関する興味深い報告をご紹介させていただきました.

やはりここでも抑うつや破局的思考が関連するといった結果ですね.

脊椎圧迫骨折例においても疼痛のみならず心理・情動的側面を評価することが重要でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました