握力は体重で正規化すべきか?身長で正規化すべきか?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

握力は体重で正規化すべきか?身長で正規化すべきか?

握力はサルコペニアのスクリーニングにも用いられる指標の1つです.

測定が簡便で誰が行っても信頼性の高い結果が得られる指標で広く使用されております.

しかしながら体格が大きい人の握力40kgと体格が小さい人の握力40kgでは意味合いが異なりますよね?

そうです,握力は体格で正規化しないと大きな誤解を生んでしまう可能性があります.

体格で補正する際に問題となるのが体重で正規化すべきか,身長で正規化すべきかといった問題です.

今回は握力は体重で正規化すべきか,身長で正規化すべきかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Hands, Team, United, Together, People, Unity, Teamwork

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Med Sci Sports Exerc. 2022 Jan 1;54(1):162-168. doi: 10.1249/MSS.0000000000002771.

How Should Adult Handgrip Strength Be Normalized? Allometry Reveals New Insights and Associated Reference Curves

Alan M Nevill 1, Grant R Tomkinson, Justin J Lang, Wyatt Wutz 2, Tony D Myers 3

Affiliations expand

PMID: 34431826 DOI: 10.1249/MSS.0000000000002771

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Introduction: Handgrip strength (HGS) is an important indicator of health. Because HGS is strongly associated with body size, most investigators normalize HGS for some measure of body size as a more sensitive indicator of strength within a population. We aimed to 1) identify the optimal body size dimension to remove (normalize) HGS for differences in body size among adults and 2) generate norm-referenced centiles for HGS using the identified body size dimension.

握力(HGS)は健康の重要な指標となります.

握力は体格と強い相関があるためほとんどの研究者は集団内の強さをより敏感に示す指標として握力を体格の何らかの指標で正規化しております.

この研究では1)成人における体格差から握力を除去(正規化)するために最適な体格寸法を特定すること,2)特定した体格寸法を用いて握力の標準参照百分位を生成することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Data were from the National Health and Nutrition Examination Survey, a representative sample of the US noninstitutionalized civilian population. Exclusions resulted in a final sample of 8690 adults 20 yr and older. HGS was measured using handheld dynamometry. Body size dimensions included body mass, height, and waist circumference. The most appropriate dimension(s) associated with HGS is identified using allometry. We fitted centile curves for normalized HGS using the generalized additive model for location, scale, and shape.

データは米国の非施設市民人口の代表的サンプルであるNational Health and Nutrition Examination Surveyから得られたものを使用しております.

除外基準に該当する対象者を除外した結果,20歳以上の成人8690人が最終標本となりました.

握力はハンドヘルドダイナモメトリーで測定されております.

体格には,BMI,身長,ウエスト長が含まれました.

握力に関連する最も適切な寸法は,アロメトリーにより同定されました.

位置,スケール,形状について一般化加法モデルを用いて正規化した握力のセンチルカーブを当てはめております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Findings suggest that neither body mass nor body mass index is appropriate to normalize HGS. Incorporating all three body size dimensions of body mass, height, and waist circumference, or the reduced subsets of body mass and height, or height alone, suggests that the most appropriate normalizing (body size) dimension associated with HGS should be a cross-sectional or surface area measure of an individual’s body size (i.e., L2, where L is a linear dimension of body size). Given that height was also identified as the signally best body size dimension associated with HGS, we recommend HGS be normalized by height2 (i.e., HGS/HT2). Centile curves for HGS/HT2 by age group and gender were therefore provided.

握力を正規化するためにはBMIが適切でないことが示唆されました.

BMI,身長,ウエスト周囲径の3つの寸法すべて,またはBMIと身長,あるいは身長のみを組み込むと,握力に関連する最も適切な正規化(体格)寸法は,個人の体格の断面または表面積測定(すなわちL2、ここでLは体格の線形寸法)であるべきことが示唆されました.

身長もまた握力に関連する最も優れた正規化の方法として同定されたことを考えると,我々は握力を身長2(すなわち、HGS/HT2)で正規化することが推奨されます.

したがってこの論文では年齢層および性別ごとのHGS/HT2の百分位曲線が提供されております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の論文

Conclusions: Scaling adult HGS by height2 may help normalize strength for population-based

この研究からは握力を身長の2乗で正規化することが適切であると考えられます.

 

今回は握力は体重で正規化すべきか,身長で正規化すべきかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

握力は身長の2乗で正規化するのが適切といった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました