脳卒中片麻痺症例に対するLoading responseにおけるステップトレーニングの効果

脳卒中
スポンサーリンク
スポンサーリンク

脳卒中片麻痺症例に対するLoading responseにおけるステップトレーニングの効果

昔から脳卒中片麻痺症例に対してステップトレーニングを行う機会は多いと思います.

しかしながらステップトレーニングのエビデンスってどうなのでしょうか?

今回は脳卒中片麻痺症例を対象としてLoading responseに着目したステップトレーニングの効果を明らかにすることを目的とした研究をご紹介させていただきます.

Stairs, Stages, Feet, Legs, Success, Gradually, Career

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Rehabil Res Pract. 2020 May 19;2020:2397374. doi: 10.1155/2020/2397374. eCollection 2020.

Immediate Effect on Ground Reaction Forces Induced by Step Training Based on Discrete Skill during Gait in Poststroke Individuals: A Pilot Study

Masanori Wakida 1 2, Koji Ohata 1, Yu Hashiguchi 3, Kimihiko Mori 4, KimitakaHase 4, Shigehito Yamada 1

Affiliations expand

PMID: 32509351 PMCID: PMC7254076 DOI: 10.1155/2020/2397374

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Twenty-two community-dwelling patients with chronic hemiplegia participated in this study. Eight participants performed only discrete-skill step training during the loading response phase, focusing on paretic hip extension movement (LR group). Another eight performed only discrete-skill step training during the preswing phase, focusing on paretic swing movement (PSw group). The remaining six were trained using both training methods, with at least 6 months in each group to washout the influence of previous training. Therefore, the final number of participants in each group was 14. The braking and propulsive forces of GRFs were measured during gait before and after 30 repetitions of the discrete-skill step training.

この研究では地域在住の慢性期の片麻痺症例22例を対象としております.

8例は麻痺側下肢のLoading responseの股関節伸展運動に焦点を当てたLoading responseにおけるステップトレーニングのみを行っております(LR群).

また8例は麻痺側下肢の遊脚期において遊脚動作に着目したLoading responseにおけるステップトレーニングのみを行っております(PSw群).

残りの6名は,両方のトレーニング方法を用い,以前のトレーニングの影響をウォッシュアウトさせるために,各群で少なくとも6ヶ月間トレーニングを行っております.

各群の最終的な対象は14例となっております.

Loading responseにおけるステップトレーニングを30回繰り返す前後に,歩行中のGRFの制動力と推進力を測定しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Although both groups showed a significant increase in stride length, walking speed was increased only in the LR group. The PSw group showed an increase in braking forces of both sides without any change in propulsion. In the LR group, paretic braking impulse did not change, while nonparetic propulsion increased.

両群とも歩幅の有意な増加が認められておりますが,歩行速度はLR群のみ増加しております.

PSw群では推進力に変化はなく,左右の制動力が増加しております.

またLR群では麻痺側下肢の制動力は変化しておりませんが,非麻痺側下肢の推進力は増加しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The discrete-skill step training during loading response phase induced an increase in nonparetic propulsion, resulting in increased walking speed. This study provides a clear understanding of immediate effects of the discrete-skill step training in patients with chronic stroke and helps improve interventions in long-term rehabilitation.

Loading responseにおけるステップトレーニングは,非麻痺側下肢の推進力の増加をもたらし,その結果,歩行速度の増加をもたらすことが明らかとなりました.

この研究は,慢性期脳卒中患者に対するLoading responseにおけるステップトレーニングの即効性を明確にし,長期リハビリテーションにおける介入方法の改善に役立つものであると考えられます.

 

今回は脳卒中片麻痺症例を対象としてLoading responseに着目したステップトレーニングの効果を明らかにすることを目的とした研究をご紹介させていただきました.

非常に興味深いですね.

こういった研究結果を考えてもただただ形だけステップトレーニングを行うのではなく,どういった反応を引き出したいかを考慮した上でトレーニング方法を選択することが重要になりそうですね.

タイトルとURLをコピーしました