ストレッチは単独でも変形性膝関節症例の疼痛緩和に有効か?システマティックレビューによる検討

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストレッチは単独でも変形性膝関節症例の疼痛緩和に有効か?システマティックレビューによる検討

ストレッチングといえば理学療法士・作業療法士が変形性膝関節症例に対して行う機会の多い運動療法の1つです.

しかしながら変形性膝関節症例に対するストレッチングの疼痛緩和というのはどうなのでしょうか?

今回はストレッチは単独でも変形性膝関節症例の疼痛緩和に有効かどうかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

Yoga, Exercise, Fitness, Woman, Health, Strength, Body

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Physiotherapy. 2021 Oct 11;114:16-29. doi: 10.1016/j.physio.2021.10.001. Online ahead of print.

Knee osteoarthritis pain and stretching exercises: a systematic review and meta-analysis

Lijiang Luan 1, Doa El-Ansary 2, Roger Adams 3, Sam Wu 2, Jia Han 4

Affiliations expand

PMID: 35091326 DOI: 10.1016/j.physio.2021.10.001

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To evaluate the effectiveness of stretching exercises for pain relief in individuals with knee osteoarthritis (KOA).

この研究では変形性膝関節症例を対象とした疼痛緩和のためのストレッチの有効性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data sources: Nine databases (PubMed, Embase, Cochrane Library, Web of Science, EBSCO, PEDro, CNKI, WanFang and CQVIP) were searched in December 2020.

2020年12月に9つのデータベース(PubMed,Embase,Cochrane Library,Web of Science,EBSCO,PEDro,CNKI,WanFang,CQVIP)を検索しております.

 

 

 

 

 

 

研究選択

Study selection: Randomised controlled trials (RCTs) involving stretching exercises conducted on individuals with KOA were included.

変形性膝関節症に対して実施されたストレッチに関する無作為化対照試験(RCT)を研究選択の対象としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の評価と統合の方法

Study appraisal and synthesis methods: Literature quality and risk of bias were assessed with the Physiotherapy Evidence Database scale and Cochrane Collaboration tool, respectively. Data were extracted by two independent assessors using a standardised form. The weighted mean difference (WMD) and standard deviations (SD) with 95% confidence intervals (CI) were analysed.

文献の質はPhysiotherapy Evidence Databaseスケールで,偏りのリスクはCochrane Collaborationツールでそれぞれ評価しております.

データ抽出は標準化された書式を用いて独立した2人の評価者が行っております.

加重平均差(WMD),標準偏差(SD),95%信頼区間(CI)を分析しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: In total, 373 studies were screened, with a final selection of 19 RCTs involving 1250 participants; of these, 18 RCTs were included in the final meta-analysis. When stretching exercises were used alone, the reduction of pain using a visual analogue scale was both significant and clinically meaningful (WMD 1.86; 95% CI 1.31 to 2.41). When stretching exercises were used in combination with other exercises, the pain reduction was still significant but its clinical significance became questionable (WMD 1.31; 95% CI 0.77 to 1.85).

合計で373件の研究がスクリーニングされ,1250例の対象者を含む19件のRCTが最終的に選択されました.

これらのうち18件のRCTが最終的なメタアナリシスの対象となりました.

ストレッチを単独で使用した場合,VASによる疼痛の軽減は,有意かつ臨床的に意味があるものでした(WMD 1.86;95% CI 1.31~2.41).

ストレッチ運動と他の運動を併用した場合,疼痛軽減は依然として有意でありましたが,その臨床的意義には疑問が残る結果でありました(WMD 1.31; 95% CI 0.77~1.85).

 

 

 

 

 

 

 

研究の限界

Limitations: The sample size of studies using stretching exercises alone was small, and some of the pooled studies were heterogeneous.

ストレッチを単独で使用した研究のサンプルサイズは小さく,プールされた研究のいくつかは異質でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Stretching exercises can be useful in pain management in individuals with KOA, especially when used alone. Programmes involving both stretching exercises and other exercises may improve function but may not achieve a clinically effective reduction in pain. Systematic review registration number Research Registry (No. reviewregistry813).

ストレッチは特に単独で使用した場合でも変形性膝関節症例の疼痛管理に有用であることが明らかとなりました.

ストレッチ運動と他の運動の両方を含むプログラムは機能を改善する可能性がありますが,臨床的に有効な疼痛の軽減を達成できない可能性があります.

 

今回はストレッチは単独でも変形性膝関節症例の疼痛緩和に有効かどうかを明らかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

ストレッチ単独でも効果が確認されておりますが,研究としての限界も大きいので今後の追試が期待されますね.

タイトルとURLをコピーしました