Natureから衝撃論文 コロナに感染すると脳萎縮・認知機能低下が進む?

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Natureから衝撃論文 コロナに感染すると脳萎縮・認知機能低下が進む?

COVID-19の感染者は40,000,000名を超えました.

既に多くの日本人が感染しているわけですが,後遺症についてはまだまだ不明な点が多いのが実際です.

今回はコロナに感染すると脳萎縮・認知機能低下が進む可能性を示唆するNatureからの衝撃論文をご紹介させていただきます.

Visualization of the coronavirus causing COVID-19

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Nature. 2022 Mar 7. doi: 10.1038/s41586-022-04569-5. Online ahead of print.

SARS-CoV-2 is associated with changes in brain structure in UK Biobank

GwenaëlleDouaud 1, Soojin Lee 2, Fidel Alfaro-Almagro 2, Christoph Arthofer 2, Chaoyue Wang 2, Paul McCarthy 2, Frederik Lange 2, Jesper L R Andersson 2, LudovicaGriffanti 2 3, Eugene Duff 2 4, Saad Jbabdi 2, Bernd Taschler 2, Peter Keating 5, Anderson M Winkler 6, Rory Collins 7, Paul M Matthews 8, Naomi Allen 7, Karla L Miller 2, Thomas E Nichols 9, Stephen M Smith 2

Affiliations expand

PMID: 35255491 DOI: 10.1038/s41586-022-04569-5

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

There is strong evidence for brain-related abnormalities in COVID-191-13. It remains unknown however whether the impact of SARS-CoV-2 infection can be detected in milder cases, and whether this can reveal possible mechanisms contributing to brain pathology.

COVID-19には脳に関連した異常を引き起こす強いエビデンスがあります.

しかしSARS-CoV-2感染の影響が軽症例で検出されるかどうか,また脳病変に寄与する可能性のある機序が明らかにされるかどうかについては不明であります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Here, we investigated brain changes in 785 UK Biobank participants (aged 51-81) imaged twice, including 401 cases who tested positive for infection with SARS-CoV-2 between their two scans, with 141 days on average separating their diagnosis and second scan, and 384 controls. The availability of pre-infection imaging data reduces the likelihood of pre-existing risk factors being misinterpreted as disease effects.

UK Biobankに登録された51-81歳の785例の被験者を対象として2回のスキャンを行い,診断から2回目のスキャンまでの平均日数が141日の間にSARS-CoV-2の感染が陽性となった401名の被験者と384名の被験者の脳の変化を検討しております.

感染前の画像データが得られることで,既存の危険因子が病気の影響と誤解される可能性が低くなると考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

We identified significant longitudinal effects when comparing the two groups, including: (i) greater reduction in grey matter thickness and tissue-contrast in the orbitofrontal cortex and parahippocampal gyrus, (ii) greater changes in markers of tissue damage in regions functionally-connected to the primary olfactory cortex, and (iii) greater reduction in global brain size. The infected participants also showed on average larger cognitive decline between the two timepoints. Importantly, these imaging and cognitive longitudinal effects were still seen after excluding the 15 cases who had been hospitalised.

2つのグループを比較したところ,以下のような有意な縦断的影響が確認されました.

 

(i) 眼窩前頭皮質および海馬傍回における灰白質厚および組織コントラストの減少が大きい

(ii) 一次嗅覚皮質と機能的に関連する領域における組織損傷のマーカーの変化が大きい

(iii) 全脳サイズの減少が大きい

 

また感染者は2つの時点の間に平均してより大きな認知機能の低下を示しました.

重要なことは入院した15例の症例を除いてもこれらのイメージングと認知機能の縦断的な効果は見られた点であります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

These mainly limbic brain imaging results may be the in vivo hallmarks of a degenerative spread of the disease via olfactory pathways, of neuroinflammatory events, or of the loss of sensory input due to anosmia. Whether this deleterious impact can be partially reversed, or whether these effects will persist in the long term, remains to be investigated with additional follow up.

この研究の結果から主に大脳辺縁系の画像結果は嗅覚経路を介した病気の退行性拡大,神経炎症事象,または無嗅覚による感覚入力の喪失の生体内での特徴である可能性があります.

この悪影響が部分的に回復できるかどうか,あるいはこれらの影響が長期的に持続するかどうかについてはさらなる追跡調査によって明らかにされる必要があります.

 

今回はコロナに感染すると脳萎縮・認知機能低下が進む可能性を示唆するNatureからの衝撃論文をご紹介させていただきます.

コロナに罹患すると脳が萎縮,認知機能低下が認められる可能性があるということですね.

まだこの論文だけから結論付けるのは難しいですが,風邪やインフルエンザのように罹っていいものとなるかどうかはまだわからないというのが実際でしょうね.

タイトルとURLをコピーしました