フォームローラーマッサージはリカバリーよりもアップで使うべし

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォームローラーマッサージはリカバリーよりもアップで使うべし

臨床でもフォームローラーを用いて運動療法を展開する理学療法士・作業療法士は少なくありません.

またフォームローラーを用いた運動療法のエビデンスというのも少しずつ蓄積されつつあります.

フォームローラーを用いてセルフマッサージを指導することも多いと思いますが,フォームローラーを用いたセルフマッサージは運動前のアップで用いるべきなのか,それとも運動後のリカバリーを目的に用いるのべきものなのか不明ですよね?

今回はフォームローラーマッサージはリカバリーよりもアップで使うべきであることを示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

Exercise, Workout, Yoga, Roller, Foam, Foam Roller

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Front Physiol. 2019 Apr 9;10:376. doi: 10.3389/fphys.2019.00376. eCollection 2019.

A Meta-Analysis of the Effects of Foam Rolling on Performance and Recovery

ThimoWiewelhove 1, Alexander Döweling 1, Christoph Schneider 1, Laura Hottenrott 1, Tim Meyer 2, Michael Kellmann 1 3, Mark Pfeiffer 4, Alexander Ferrauti 1

Affiliations expand

PMID: 31024339 PMCID: PMC6465761 DOI: 10.3389/fphys.2019.00376

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Foam rolling is thought to improve muscular performance and flexibility as well as to alleviate muscle fatigue and soreness. For this reason, foam rolling has become a popular intervention in all kinds of sport settings used to increase the efficiency of training or competition preparation as well as to speed post-exercise recovery. The objective of this meta-analysis was to compare the effects of foam rolling applied before (pre-rolling as a warm-up activity) and after (post-rolling as a recovery strategy) exercise on sprint, jump, and strength performance as well as on flexibility and muscle pain outcomes and to identify whether self-massage with a foam roller or a roller massager is more effective.

フォームローリングは,筋肉疲労や痛みを緩和するだけでなく,筋肉のパフォーマンスや柔軟性を向上させると考えられております.

このためフォームローリングはあらゆるスポーツシーンにおいて,トレーニングや競技の準備の効率性を高めるため,また運動後の回復を早めるために用いられる人気の介入方法となっております.

このメタアナリシスでは,運動前(ウォームアップ活動としてのフォームローリング)と運動後(回復戦略としてのフォームローリング)のフォームローリングの効果を,スプリント,ジャンプ,筋力パフォーマンス,および柔軟性と筋肉痛の結果について比較し,フォームローラーによる自己マッサージとローラーマッサージ機のどちらがより効果的かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

A comprehensive and structured literature search was performed using the PubMed, Google Scholar, PEDro, and Cochrane Library search engines. Twenty-one studies were located that met the inclusion criteria. Fourteen studies used pre-rolling, while seven studies used post-rolling.

PubMed、Google Scholar、PEDro、Cochrane Libraryの各検索エンジンを用いて、包括的かつ構造化された文献検索を実施した。包括的な基準を満たす21の研究がメタアナリシスの対象となりました.

14の研究ではフォームローリングを運動前に使用し,7つの研究ではフォームローリングを運動後に使用していました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Pre-rolling resulted in a small improvement in sprint performance (+0.7%, g = 0.28) and flexibility (+4.0%, g = 0.34), whereas the effect on jump (-1.9%, g = 0.09) and strength performance (+1.8%, g = 0.12) was negligible. Post-rolling slightly attenuated exercise-induced decreases in sprint (+3.1%, g = 0.34) and strength performance (+3.9 %, g = 0.21). It also reduced muscle pain perception (+6.0%, g = 0.47), whereas its effect on jump performance (-0.2%, g = 0.06) was trivial. Of the twenty-one studies, fourteen used foam rollers, while the other seven used roller massage bars/sticks. A tendency was found for foam rollers to offer larger effects on the recovery of strength performance (+5.6%, g = 0.27 vs. -0.1%, g = -0.01) than roller massagers. The differences in the effects between foam rolling devices in terms of pre-rolling did not seem to be of practical relevance (overall performance: +2.7 %, g = 0.11 vs. +0.4%, g = 0.21; flexibility: +5.0%, g = 0.32 vs. +1.6%, g = 0.39).

運動前のフォームローリングは,スプリントパフォーマンス(+0.7%、g = 0.28)と柔軟性(+4.0%、g = 0.34)に小さな改善をもたらし,ジャンプ(-1.9%、g = 0.09)と筋力パフォーマンス(+1.8%、g = 0.12)への影響はごくわずかでありました.

ポストローリングは,運動誘発性のスプリント(+3.1%、g = 0.34)および筋力パフォーマンス(+3.9 %、g = 0.21)の低下をわずかに減衰させるものでありました.

また筋肉痛の知覚も減少させましたが(+6.0%、g = 0.47),ジャンプパフォーマンスへの影響は軽微でありました(-0.2%、g = 0.06).

21の研究のうち,14はフォームローラーを使用し,他の7研究はローラーマッサージバー/スティックを使用しておりました.

フォームローラーはローラーマッサージ器よりも筋力パフォーマンスの回復に大きな効果をもたらす傾向が見られました(+5.6%、g = 0.27 vs. -0.1%、g = -0.01).

フォームローリング機器間の効果におけるプレロールの違いは,実用的な関連性はないと思われました(全体的なパフォーマンス。+2.7 %, g = 0.11 vs. +0.4%, g = 0.21;柔軟性。+5.0%, g = 0.32 vs. +1.6%, g = 0.39).

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Overall, it was determined that the effects of foam rolling on performance and recovery are rather minor and partly negligible, but can be relevant in some cases (e.g., to increase sprint performance and flexibility or to reduce muscle pain sensation). Evidence seems to justify the widespread use of foam rolling as a warm-up activity rather than a recovery tool.

全体としてパフォーマンスと回復に対するフォームローリングの効果はむしろ軽微であり一部無視できるものでありますが,いくつかのケースでは関連性があると判断されました(例:スプリントパフォーマンスや柔軟性の向上,筋肉痛感覚の軽減など).

エビデンスはフォームローリングをリカバリーツールとしてではなく,ウォームアップ活動として広く使用することを正当化しているようであります.

 

今回はフォームローラーマッサージはリカバリーよりもアップで使うべきであることを示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

非常に興味深い結果ですね.

フォームローラーの使用は運動後のリカバリー目的よりも運動前のアップ目的での使用が有用性が高いといった結果ですね.

タイトルとURLをコピーしました