大腿骨近位部骨折例における適切な歩行補助具を選択するためにBerg Balance Scaleのカットオフ値が明らかに

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨近位部骨折例における適切な歩行補助具を選択するためにBerg Balance Scaleのカットオフ値が明らかに

理学療法士・作業療法士であればクライアントの歩行補助具を選択する機会は多いと思います.

歩行補助具や歩行自立の決定って本当に難しいですよね?

新人や若手理学療法士・作業療法士にとっては何を基準に歩行の自立や歩行補助具を選択すればよいか分からないという方も多いと思います.

今回は大腿骨近位部骨折例における適切な歩行補助具を選択するためにBerg Balance Scaleのカットオフ値を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

People, Couple, Elderly, Walking, White Cane

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Physiother Theory Pract. 2022 Feb 8;1-9. doi: 10.1080/09593985.2022.2037114. Online ahead of print.

Cut-off values and sub-items of the Berg Balance Scale for walking-aid use in hospitalized older adults with a hip fracture: a retrospective analysis

Sota Kobayashi 1 2, Kazuhiro Miyata 3, Shuntaro Tamura 4, Ren Takeda 2 5, Hiroki Iwamoto 6

Affiliations expand

PMID: 35132914 DOI: 10.1080/09593985.2022.2037114

今回ご紹介する論文は2022年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To identify the Berg Balance Scale (BBS) values that can be used to discriminate the use of a walking aid and the BBS sub-items that reveal the differences in the use of walking aids among hospitalized older adults with a hip fracture.

この研究では大腿骨近位部骨折の入院高齢者において,歩行補助具の使用を判別できるBerg Balance Scale(BBS)値,および歩行補助具の使用状況の違いを明らかにするBBS小項目を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The cases of 77 older adults (age 80.8 ± 7.5 years) with a hip fracture who were able to walk independently in the hospital were retrospectively analyzed. A receiver operating characteristic curve (AUC) analysis was used to identify BBS scores that optimized the identification of subjects with different levels of aids. The BBS sub-items identifying differing among the walking aids were identified by a classification and regression tree analysis.

大腿骨近位部骨折で入院中に自立歩行が可能となった高齢者77例(年齢80.8±7.5歳)を対象とし,後方視的に分析を行っております.

ROC曲線を用いて,異なるレベルの歩行補助具を持つ対象者の識別を最適化するBBSスコアを同定しております.

また分類回帰木分析により,歩行補助具の違いを識別するBBSの小項目を同定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The BBS scores were highest for no aid, a cane, and a walker, in that order. The ability to walk without an aid and the ability to walk without a walker showed moderate AUCs (0.824 and 0.865) with cutoff values of 51.5 and 45.5 points, respectively. The sub-items identified were Turning 360° (4 vs. < 4 points) as the best discriminator for using/not using a cane and Stool Stepping (≥ 2 vs. < 2 points) for using a cane or walker.

BBS得点は歩行補助具なし,杖,歩行器の順で高い結果でありました.

歩行補助具なしおよび杖は,カットオフ値をそれぞれ51.5点および45.5点とし,中程度のAUC(0.824点および0.865点)を示しました.

また杖の使用・不使用の判別には360度回転(4点 vs. 4点未満),杖・歩行器の使用には踏み台昇降(≧2点 vs. 2点未満)の小項目が最も優れていることが確認されました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The BBS is useful for determining whether to discontinue the use of a walker in individuals with a hip fracture.

BBSは大腿骨近位部骨折例の歩行補助具を選択するうえで有用であることが明らかとなりました.

 

今回は大腿骨近位部骨折例における適切な歩行補助具を選択するためにBerg Balance Scaleのカットオフ値を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

これは非常に有益な論文ですね.

歩行補助具なしおよび杖は,カットオフ値をそれぞれ51.5点および45.5点で,また杖の使用・不使用の判別には360度回転(4点 vs. 4点未満),杖・歩行器の使用には踏み台昇降(≧2点 vs. 2点未満)の小項目での判断が妥当という結果です.

BBSによる客観的な判断に加え症例毎の性格や環境面も考慮した上で適切な歩行補助具を選択できるとよいですね.

タイトルとURLをコピーしました