Short foot exerciseは足関節不安定症に対して有効なのか?

足関節周囲外傷
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Short foot exerciseは足関節不安定症に対して有効なのか?

足部内在筋の機能低下による足部アーチの低下は臨床上も問題となることが多いと思います.

理学療法士・作業療法士であればさまざまな方法で足部内在筋に対してアプローチされると思います.

昔から足部内在筋に対するエクササイズとしてShort foot exerciseの重要性が報告されております.

臨床上も足部アーチに問題を有する足関節不安定症例に対してShort foot exerciseが行われることは多いです.

今回はShort foot exerciseは足関節不安定症に対して有効なのかを検討した研究論文をご紹介させていただきます.

Alternative Medicine, Beauty, Chinese

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Randomized Controlled Trial Med Sci Monit

. 2019 Jan 21;25:618-626. doi: 10.12659/MSM.912785.

Short-Foot Exercise Promotes Quantitative Somatosensory Function in Ankle Instability: A Randomized Controlled Trial

Eunsang Lee 1, Juchul Cho 1, Seungwon Lee 2

Affiliations expand

PMID: 30665229 PMCID: PMC6350454 DOI: 10.12659/MSM.912785

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

BACKGROUND Ankle sprain reduces capacity for neurosensory information processing, and these patients commonly progress to chronic ankle instability (CAI). To address this problem, the short-foot exercise (SFE) may be used. However, there has been no previous research on the neurosensory impact of SFE. Therefore, the aim of this study was to assess improvement of quantitative neurosensory indicators after SFE and to determine the effect of proprioceptive sensory exercise (PSE) in patients with CAI.

足関節捻挫は,神経感覚の情報処理能力を低下させ慢性足関節不安定症(CAI)に移行することが多いです.

こういった問題に対処するために,Short foot exerciseが用いられることがあります.

しかしながらShort foot exerciseの神経感覚への影響に関する先行研究はありません.

この研究では慢性足関節不安定症例におけるShort foot exercise 後の定量的な神経感覚指標の改善を評価し,固有感覚エクササイズとしての効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

MATERIAL AND METHODS The present study included 30 adults (age range: 19-29 years; 50% female). Selection criteria for CAI (Cumberland Ankle Instability Tool £24) were implemented, and participants were randomly allocated to 2 groups: SFE (n1=15) and PSE (n2=15). Exercises were conducted 3 times per week for 8 weeks. Measurements of quantitative somatosensory of joint position sense and vibration sensory thresholds, dynamic balance, and ankle instability assessment were evaluated before and after completion of each intervention. Data were analyzed using a repeated- measures analysis of variance.

この研究では30例の健常成人(年齢層:19~29歳,女性50%)を対象としております.

慢性足関節不安定症(Cumberland Ankle Instability Tool £24)の包含基準をもとに対象を無作為に2群に割り付けております。

Short foot exercise (n1=15)と固有感覚トレーニング(n2=15)の2群に無作為に割り付けております.

エクササイズは週3回,8週間実施しております.

関節の位置感覚と振動感覚の閾値の定量的な体性感覚の測定,動的バランス,足首の不安定性の評価を各介入の前後で実施しております.

データは反復測定分散分析を用いて解析しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

RESULTS In a time-by-group comparison, the SFE group showed a more significant improvement with regards to eversion joint position sense (F1,28=4.543, p<0.05). For vibration sensory threshold, the SFE group showed a more significant improvement (F1,28=8.280, p<0.01). Balance index according to anterio-posterior, mediolateral, and overall index the SFE group a more significant improvement (F1,28=6.666, 4.585, 5.207, p<0.05). And ankle instability SFE group showed a more significant improvement (F1,28=6.890, p<0.05).

時間ごとのグループ比較ではShort foot exercise群は外反方向の関節位置感覚に関してより有意な改善を示しております(F1,28=4.543, p<0.05).

振動感覚の閾値についてはShort foot exercise グループの方がより有意な改善を示しております(F1,28=8.280, p<0.01).

前後,内側,全体のバランス指標はShort foot exercise群がより有意に改善しております(F1,28=6.666, 4.585, 5.207, p<0.05).

また足首の不安定性についてはShort foot exercise 群の方が有意に改善しております(F1,28=6.890, p<0.05).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

CONCLUSIONS SFE is more effective than PSE for treating ankle sprain patients. There is a need to develop and promote an effective and controlled exercise program to facilitate the return of ankle sprain patients to normal daily life.。

足関節捻挫症例の治療においてShort foot exercise は固有感覚トレーニングよりも効果的であることが明らかとなりました.

足関節捻挫症例の通常の日常生活への復帰を促進するために,効果的で制御された運動プログラムを開発し普及させる必要があります.

 

今回はShort foot exerciseは足関節不安定症に対して有効なのかを検討した研究論文をご紹介させていただきました.

具体的なエクササイズの内容がアブストラクトだけからは読み取れませんが,固有感覚トレーニングよりもShort foot exerciseが固有感覚の改善に有効というのは興味深いですね.

タイトルとURLをコピーしました