人工膝関節全置換術(TKA)と人工股関節全置換術(THA)ってどっちを先に行った方がよいの?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)と人工股関節全置換術(THA)ってどっちを先に行った方がよいの?

変形性関節症に対する人工関節全置換術の件数は全国的にも増えております.

なかには膝関節に対して人工膝関節全置換術を子なった後に,二期的に股関節に対して人工股関節全置換術を施行する施設も珍しくなくなってきております.

ここで理学療法士・作業療法士であれば疑問に感じるのが人工膝関節全置換術(TKA)と人工股関節全置換術(THA)ってどっちを先に行った方がよいのかといった点です.

今回は人工膝関節全置換術(TKA)と人工股関節全置換術(THA)ってどっちを先に行った方がよいのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

medical professionals working

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

BMC Musculoskelet Disord. 2021 Jun 24;22(1):581. doi: 10.1186/s12891-021-04455-7.

Mid-long-term results of total knee arthroplasty followed by ipsilateral total hip arthroplasty versus total hip arthroplasty subsequent to ipsilateral total knee arthroplasty: a case-control analysis

Zunhan Liu # 1, Wei-Nan Zeng # 1, Zhenyu Luo 1, Enze Zhao 1, Hao Li 1, Zongke Zhou 2

Affiliations expand

PMID: 34167505 DOI: 10.1186/s12891-021-04455-7

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: The aim of the present study was to compare the outcomes of patients who underwent different sequences of ipsilateral total hip arthroplasty (THA) and total knee arthroplasty (TKA).

この研究では,同側の人工股関節全置換術(THA)と人工膝関節全置換術(TKA)を異なる順序で実施した対象者の術後アウトカムを比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: We retrospectively identified 47 patients who underwent TKA followed by ipsilateral THA (THA-TKA) and 36 patients who received THA subsequent to ipsilateral TKA (TKA-THA) for rheumatoid arthritis or osteoarthritis between January 2008 and April 2014. Twenty-eight patients were selected for each group after case-control matching with preoperative demographics and protheses of THA. Clinical scores, radiographic results, complication rates, and survivorship were compared. The median duration of follow-up was 110 (range 80-149) months.

2008年1月から2014年4月の間に,関節リウマチまたは変形性関節症のために,TKAの後に同側のTHAを受けた対象者(THA-TKA)47例と,同側のTKAの後にTHAを受けた患者(TKA-THA)36例を後方視的に調査しております.

術前の基本属性でケースコントロールマッチングを行い,各グループから28例の対象者を抽出しております.

臨床スコア,X線写真,合併症の発生率,生存率を比較しております.

なお観察期間の中央値は110(範囲80~149)ヵ月でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Both groups showed significant improvement in Harris Hip Scores, Knee Society Score, and Short Form-12 at the last follow-up compared to baseline (p < .001). At the last follow-up, all clinical scores were actually lower in the THA-TKA group, but those differences were not statistically significant. Otherwise, there was no significant difference in radiological alignment or complication rates. The survivorship of THA and TKA in the THA-TKA group was 94.7 and 95.7%, respectively, compared with 92.4 and 100.0% in the TKA-THA group at 8 years (log rank, p = .939 and .187).

両群ともベースラインと比較して,最終フォローアップ時にHarris Hip Scores,Knee Society Score,Short Form-12に有意な改善が見られております(p < 0.001).

最終フォローアップでは,すべての臨床スコアがTHA-TKA群で低い結果でありましたが,その差は統計的には有意ではありませんでした.

またX線検査のアライメントや合併症の発生率にも有意な差はありませんでした.

THA-TKA群の8年後の生存率はそれぞれ94.7%と95.7%であったのに対し,TKA-THA群では92.4%と100.0%でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Patients who underwent ipsilateral THA and TKA with different sequences achieved similar favorable outcomes. Total joint arthroplasty can be performed safely with excellent outcomes in patients with a history of prior ipsilateral THA or TKA.

結論としては 同側のTHAとTKAを異なる順序で実施した対象者は,同様に良好な結果が得られました.

同側のTHAまたはTKAを受けたことのある対象者でも,人工関節置換術は安全に実施でき優れたアウトカムを得ることができることが示唆されます.

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)と人工股関節全置換術(THA)ってどっちを先に行った方がよいのかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

結論から申し上げれば人工膝関節全置換術(TKA)と人工股関節全置換術(THA)のどちらを先に行っても最終的なアウトカムに差はないといったことですね.

理学療法士・作業療法士も知っておいてクライアントへの説明に役立てられる結果だと思います.

タイトルとURLをコピーしました