大腿骨転子部骨折例の歩行能力を予測するClinical prediction model論文

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿骨転子部骨折例の歩行能力を予測するClinical prediction model論文

大腿骨転子部骨折といえば高齢者に多い骨折の1つです.

大腿骨転子部骨折例の場合には歩行の再獲得が大きな目標になるわけですが,実際に大腿骨転子部骨折例を担当するとその方がどのくらいまで回復するのかを予測するのって非常に難しい場合が多いと思います.

今回は大腿骨転子部骨折例の歩行能力予測に役立つClinical prediction modelを示した論文をご紹介させていただきます.

brown wood ornament with no sign

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Injury. 2021 Apr 16;S0020-1383(21)00352-1. doi: 10.1016/j.injury.2021.04.043. Online ahead of print.

Clinical prediction model for postoperative ambulatory ability outcomes in patients with trochanteric fractures

Yosuke Tomita 1, Norio Yamamoto 2, Tomoo Inoue 3, Tomoyuki Noda 4, Keisuke Kawasaki 3, Toshifumi Ozaki 5

Affiliations expand

PMID: 33931207 DOI: 10.1016/j.injury.2021.04.043

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: Regaining independent ambulatory ability is one of the primary goals of treatment in patients with trochanteric fractures. This study aimed to develop and evaluate the discriminative accuracy of a clinical prediction model for ambulatory ability outcomes 3 months after surgery for trochanteric fractures.

歩行能力の改善は,大腿骨転子部骨折例の治療の主要目標の一つであります.

この研究では,大腿骨転子部骨折の術後3ヵ月の歩行能力を予測する臨床予測モデルを開発し,その識別精度を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This retrospective cohort study included 346 patients treated with intramedullary nailing for trochanteric fractures who had independent ambulatory ability before their injury. Multiple regression models with preoperative and postoperative factors were used to predict ambulatory ability outcomes at 3 months. A clinical prediction model (CPM) was created based on a decision tree developed using a chi-square automatic interaction detector technique.

研究デザインは後方視的研究デザインとなっております.

大腿骨転子部骨折に対して髄内釘による骨接合術を施行したクライアントのうち,受傷前に自立歩行が可能であった346例を調査対象としております.

術前および術後の因子を用いた重回帰モデルにより,3ヵ月後の歩行能力の結果を予測しております.

またカイ二乗自動相互作用検出法を用いて作成した決定木をもとに,臨床予測モデル(CPM)を作成しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Three months after surgery, 263 (76.0%) and 83 (24.0%) patients regained and lost independent ambulatory ability, respectively. Univariate analysis showed that the Barthel index (BI) total score at 2 weeks predicted the ambulatory ability outcome at 3 months with good discriminative accuracy (area under the receiver operating characteristic curve [AUROC]: 0.819; 95% confidence interval [CI]: [0.769, 0.868], cut-off value: 22.5; sensitivity: 69.5%; specificity: 82.3%). Multiple logistic regression analysis showed that preoperative factors (residence before injury, diagnosis of dementia, and serum albumin at admission) and postoperative factors (BI total score at 2 weeks) predicted ambulatory ability outcomes at 3 months (AUROC: 0.710; 95%CI: [0.636, 0.783]; sensitivity: 91.3%; specificity: 41.8%). The CPM with the BI total score at 2 weeks (≤10; 10<, ≤50; >50 points) and dementia status (present; absent) had a moderate discriminative accuracy (AUROC: 0.676; 95%CI: [0.600, 0.752]; sensitivity: 94.7%; specificity: 40.5%).

術後3カ月の段階で歩行が可能となったのは263例(76.0%),歩行が困難であったのは83例(24.0%)でありました.

単変量解析の結果,術後2週間のBarthel index(BI)トータルスコアは,3ヵ月後の歩行能力の結果を良好な識別精度で予測しておりました.(ROC曲線下面積[AUC]:0.819;95%信頼区間[CI]).カットオフ値:22.5,感度:69.5%,特異度:82.3%).

また多重ロジスティック回帰分析の結果,術前因子(受傷前の居住地,認知症の診断,入院時の血清アルブミン)と術後因子(2週間後のBIトータルスコア)が3カ月後の歩行能力のアウトカムを予測する要因として抽出されました(AUC:0.710,95%CI:[0.636,0.783],感度:91.3%,特異度:41.8%).

また2週間後のBI総合スコア(10点以下,10点以上,50点以下,50点以上)と認知症の状態(存在する,存在しない)を組み合わせたCPMは,中程度の識別精度を有しておりました(AUC:0.676;95%CI:[0.600, 0.752],感度:94.7%;特異度:40.5%).

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: We developed a CPM with moderate accuracy to predict ambulatory ability outcomes in patients 3 months after surgery for trochanteric fractures. Our results demonstrate the importance of the BI score measured soon after surgery and dementia status for the prediction of postoperative ambulation.

この研究結果から転子部骨折の術後3カ月の患者の歩行能力のアウトカムを予測するために,術後早期のBIスコアと認知症の状態が重要であることが示されました.

 

今回は大腿骨転子部骨折例の歩行能力予測に役立つClinical prediction modelを示した論文をご紹介させていただきました.

この手の研究は過去にも多く報告されておりますが,この研究のミソは以下の決定木が報告されているところですね.

ぜひとも参考にしてみてください.

Clinical prediction model for postoperative ambulatory ability ...

タイトルとURLをコピーしました