理学療法士・作業療法士の共働きを支える時短家電

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の共働きを支える時短家電

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円です.

この年収では一馬力では厳しいですよね?

共働きの理学療法士・作業療法士って多いと思います.

共働きってとにかく時間がありませんよね.

共働きの家庭を支えるのが時短家電です.

時短家電をうまく使えば,時間を有効に活用できます.

今回は共働きの理学療法士・作業療法士にお勧めの時短家電をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

説明不要の3種の神器

まずはここで説明するまでもない3種の神器です.

 

食器洗い乾燥機

ドラム式洗濯乾燥機

ルンバ

 

3つで30万円前後です.

この3つは時短効率も高いものばかりですので,家電時短を図りたい理学療法士・作業療法士にとっては必須のアイテムとなるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットクック+オーブンレンジ

 

フルタイムで勤務している理学療法士・作業療法士が帰宅後に食事を作るのって大変ですよね?

実働20分でご飯を作るためのマストアイテムがホットクックとオーブンレンジです.

ホットクックとオーブンレンジを活用すればコンロを使うことなく食事を作ることができますので,かなりの時短になります.

ホットクック2台とオーブンレンジで30万円程度ですが,食事って毎日のことですので,時短アイテムとしては必須でしょうね.

 

 

 

 

 

 

 

 

大容量の冷蔵庫

 

冷蔵庫が大きいと買いだめができるので買い物に行く回数を減らすことができます.

また意外と知られていないことですが,冷蔵庫は大きい方が電気代も安いのです.

買いだめしたい理学療法士・作業療法士には500L以上の大容量がお勧めです.

価格もさまざまですが500L 以上の大容量となると15万円程度のものが多いでしょうか.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと良い炊飯器

時短の工夫として冷凍ご飯をうまく使うといったポイントも重要でしょう.

ただ冷凍したご飯っておいしくないことがおおいですよね.

ちょっと良い炊飯器を使うと冷凍したご飯でもおいしく食べられます.

時短のためにはご飯の冷凍はマストなので時短家電としては必須ですね.

炊飯器は低価格化してきてますので3万円程度でも良い物を購入できます.

 

 

 

 

 

 

 

 

布団乾燥機

 

働いていたら布団を干すのが難しいですよね.

理学療法士・作業療法士の休みと天候が合わないなんてのもあるあるだと思います.

そんな場合に活躍するのが布団乾燥機です.

布団乾燥機は靴の乾燥にも使えますので子供が靴をドロドロにして帰ってきたときにも大活躍します.

毎週末の靴粗いもけっこう大変ですので,これはお勧めです.

価格も2万円程度で購入できるものもでてきておりますので,これも備えておきたいですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

衣類乾燥除湿器

 

洗濯も家事の中では頻度の高い家事の1つです.

衣類乾燥機があれば部屋干しでもしっかり乾かせます.

普通の除湿器としても使用できますので,梅雨時期には重宝します.

価格としては4万円前後ですね.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爆風ドライヤー

 

髪の長い女性にとっては髪の毛を乾かす時間ってけっこう無駄だったりします.

爆風ドライヤーを使用すれば髪の毛を乾かす時間が半減します.

髪を乾かすのも毎日のことですのでこの時間を短縮させられれば他のことに時間をあてられますね.

価格も2万円程度と比較的お手頃のものが増えてきております.

 

今回は共働きの理学療法士・作業療法士にお勧めの時短家電をご紹介させていただきました.

最近は本当に便利な家電が増えております.

理学療法士・作業療法士が共働きを長く継続するためにはこういった時短家電をうまく活用することも重要でしょうね.

 

タイトルとURLをコピーしました