人工膝関節全置換術後早期の水中運動の有効性

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術後早期の水中運動の有効性

人工膝関節全置換術例に対する運動療法についてもさまざまなアプローチの有効性が報告されております.

水中運動は古くからある運動療法の1つですが昨今は在院期間の短縮の影響もあり本邦ではあまり行われなくなっているのも実際です.

今回は人工膝関節全置換術後早期における水中運動の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

swimming pool with stainless steel ladder

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Medicina (Kaunas). 2021 Jun 8;57(6):589. doi: 10.3390/medicina57060589.

Aquatic Exercise and Land Exercise Treatments after Total Knee Replacement Arthroplasty in Elderly Women: A Comparative Study

Chang-Hyung Lee 1, In-Hye Kim 2

Affiliations expand

PMID: 34201120 PMCID: PMC8229167 DOI: 10.3390/medicina57060589

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景と目的

Background and Objectives: Early intensive exercise after total knee replacement arthroplasty (TKRA) has become increasingly popular due to its ability to enhance knee physical function and reduce pain. When implemented exclusively, aquatic exercise (AE) appears to be more advantageous than land exercise (LE), particularly in the early phase after TKRA. Our study aimed to compare the clinical efficacy of AE and LE with respect to their effects on pain and physical function after TKRA.

人工膝関節全置換術(TKA)後の早期集中的な運動は膝関節機能を向上させ,疼痛を軽減する効果があることから,ますます普及してきております.

特にTKA後早期では,水中運動(AE)の方が陸上運動(LE)よりも有利であると考えられます.

この研究では,TKA後の疼痛と身体機能に対する効果に関して,水中運動(AE)と陸上運動(LE)でその臨床的有効性を比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Materials and Methods: Between February 2008 and January 2020, 100 female patients who underwent TKRA were enrolled in this retrospective study. We measured the range of motion (ROM) of the knee, the isokinetic strength of the knee joint (function), and pain both initially and one month after TKRA. Two weeks after TKRA, the participants were enrolled in either the AE or the LE program for a total of two weeks. Two 30 min sessions of intensive ROM and knee strengthening exercises and balance training were provided to the AE and LE groups for 10 days. The home exercise group (HE) only received information on ROM and strengthening exercises. There were 33, 21, and 46 patients allocated to the AE, LE, and HE groups, respectively.

2008年2月から2020年1月の間に,TKAを受けた女性100例を本後方視的研究の対象としております.

TKA初期および1カ月後の両方で,膝関節可動域(ROM),膝関節の等速性筋力(機能),および疼痛を評価しております.

TKA2週後,対象者を水中運動(AE)または陸上運動(LE)プログラムに分類しております.

水中運動(AE)群と陸上運動(LE)群には,集中的にROMと膝関節周囲強化運動とバランストレーニングを30分×2回,10日間実施しております.

ホームエクササイズ群(HE)には,ROMと強化エクササイズに関する情報のみを提供しております.

水中運動(AE)群,陸上運動(LE)群,ホームエクササイズ群は,それぞれ33名,21名,46名に割り付けられました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The ROM of the side on which surgery was performed improved significantly in all groups, as did the pain scores. In the AE group, the knee flexor strength showed a tendency toward improvement. Contrastingly, there was no significant improvement in the knee extensor strength in the AE group.

術側ROMは疼痛スコアと同様にすべてのグループで有意に改善しました.

水中運動(AE)群では,膝関節屈筋力が改善する傾向が見られました.

一方,水中運動(AE)群では膝伸展筋力の有意な改善は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: Overall, the AE and LE groups showed superior outcomes compared with HE. In addition, the AE group demonstrated some improvement in knee muscle strength even with a short hospital stay. Further study with long-term follow-up should be performed to better define the outcomes.

水中運動群と陸上運動群はホームエクササイズ群に比較して優れた結果を示しました.

また水中運動群では短期間の入院でも膝関節筋力の改善が認められました.

この結果をより明確にするために,長期追跡調査をさらに行う必要があります.

 

今回は人工膝関節全置換術後早期における水中運動の有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

水中運動の有効性を示した論文ですが,あとは時間対効果,費用対効果ですよね.

加算でもつかないと日本ではなかなか普及しにくいでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました