人工膝関節全置換術(TKA)後のリハビリテーションにアクティブアシストサイクルエルゴメーターが有効?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)後のリハビリテーションにアクティブアシストサイクルエルゴメーターが有効?

人工膝関節全置換術後のリハビリテーションプログラムに関してはさまざまな方法論が報告されております.

理学療法士・作業療法士であればさまざまなプログラムを提供されると思います.

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後のリハビリテーションにアクティブアシストサイクルエルゴメーターが有効な可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきます.

blue and black city bike on white flooring

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Exp Orthop. 2021 Jun 22;8(1):41. doi: 10.1186/s40634-021-00363-w.

The effects of exercise and active assisted cycle ergometry in post-operative total knee arthroplasty patients – a randomized controlled trial

P Sanzo 1 2, S Niccoli 3, K Droll 3 4, D Puskas 3 4, C Cullinan 3 4, S J Lees 3

Affiliations expand

PMID: 34159469 DOI: 10.1186/s40634-021-00363-w

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: The purpose of this study was to examine the effect of the use of an active assisted cycle ergometer as an adjunct to post-operative treatment following total knee arthroplasty.

この研究では人工膝関節全置換術後の術後療法の補助として,アクティブアシストサイクルエルゴメーターを使用した運動療法の効果を検討することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: A total of 55 participants aged 50-80 years who had undergone unilateral total knee arthroplasty were randomly assigned to either the control group (standard of care) or the active assisted cycle ergometer (AACE) group. The effect on patient motivation, blood biomarkers, and knee pain, function, range of motion (ROM), strength, and swelling was examined. Qualitative feedback was also obtained post-operatively.

片側人工膝関節全置換術を受けた50~80歳の対象者計55例を,対照群(標準治療)またはアクティブアシストサイクルエルゴメーター(AACE)群のいずれかに無作為に割り付けております.

対象者のモチベーション,血中バイオマーカー,および膝の痛み,身体機能,可動域(ROM),筋力,腫張に対する効果を検証しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Although there was no statistically significant difference in the standard of care compared to the AACE group, there was a trend for a greater reduction in knee pain on the visual analog scale, improved Lower Extremity Functional Scale scores, and knee extension ROM and strength. A greater percentage of the experimental group demonstrated higher motivation. There was no significant difference in swelling or blood biomarker measures. Qualitative feedback from the AACE group post-operatively was also positive.

統計的に有意な差はなかったが,介入群でvisual analog scaleでの膝の痛みの軽減,下肢機能評価尺度スコアの改善,膝の伸展ROMと筋力の改善が大きい傾向が見られた.

また介入群ではより高いモチベーションを示す割合が高い結果であった.

腫張や血中バイオマーカーの測定値には有意な差はなかった.

AACEグループの術後の質的フィードバックも良好であった.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The use of an AACE protocol as an adjunct to total knee arthroplasty rehabilitation may improve post-operative clinical outcomes. This study has been registered at clinicaltrials.gov (identifier NCT02265523 , Oct 16 2014).

人工膝関節全置換術のリハビリテーションの補助としてAACEプロトコルを使用することで,術後アウトカムが改善される可能性があります.

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)後のリハビリテーションにアクティブアシストサイクルエルゴメーターが有効な可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました.

結果は有意ではありませんでしたが,筋力や可動域を改善させるうえではエルゴメーターって有効かもしれませんね.

タイトルとURLをコピーしました