非特異的腰痛に対するマッサージの有効性って本当にあるの?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

非特異的腰痛に対するマッサージの有効性って本当にあるの?

理学療法士・作業療法士が非特異的腰痛を有するクライアントにマッサージを行う機会は多いと思います.

でも非特異的腰痛に対するマッサージの有効性ってどうなのでしょうか?

今回は非特異的腰痛に対するマッサージの有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

man massaging woman's body

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Int J Gen Med. 2013 Sep 4;6:733-41. doi: 10.2147/IJGM.S50243.

The effectiveness of massage therapy for the treatment of nonspecific low back pain: a systematic review of systematic reviews

Saravana Kumar 1, Kate Beaton, Tricia Hughes

Affiliations expand

PMID: 24043951 PMCID: PMC3772691 DOI: 10.2147/IJGM.S50243

今回ご紹介する論文は2013年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: The last decade has seen a growth in the utilization of complementary and alternative medicine therapies, and one of the most popular and sought-after complementary and alternative medicine therapies for nonspecific low back pain is massage. Massage may often be perceived as a safe therapeutic modality without any significant risks or side effects. However, despite its popularity, there continues to be ongoing debate on the effectiveness of massage in treating nonspecific low back pain. With a rapidly evolving research evidence base and access to innovative means of synthesizing evidence, it is time to reinvestigate this issue.

ここ10年,補完代替医療の利用が増加しており,非特異的腰痛に対する補完代替医療の中で最も人気があり求められている治療法の一つがマッサージです.

マッサージは大きなリスクや副作用のない安全な治療法と思われがちです.

しかしその人気にもかかわらず,非特異的な腰痛に対するマッサージの有効性については議論が続いています.

エビデンスベースの研究が急速に進展し,エビデンスを統合する革新的な手段を利用できるようになった今,この問題を再検討する時期に来ているといえるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: A systematic, step-by-step approach, underpinned by best practice in reviewing the literature, was utilized as part of the methodology of this umbrella review. A systematic search was conducted in the following databases: Embase, MEDLINE, AMED, ICONDA, Academic Search Premier, Australia/New Zealand Reference Centre, CINAHL, HealthSource, SPORTDiscus, PubMed, The Cochrane Library, Scopus, Web of Knowledge/Web of Science, PsycINFO, and ProQuest Nursing and Allied Health Source, investigating systematic reviews and meta-analyses from January 2000 to December 2012, and restricted to English-language documents. Methodological quality of included reviews was undertaken using the Centre for Evidence Based Medicine critical appraisal tool.

以下のデータベースでシステマティックな検索を行っております.

Embase,MEDLINE,AMED,ICONDA,Academic Search Premier,Australia/New Zealand Reference Centre,CINAHL,HealthSource,SPORTDiscus,PubMed,The Cochrane Library,Scopus,Web of Knowledge/Web of Science,PsycINFO,ProQuest Nursing and Allied Health Sourceの各データベースで,2000年1月から2012年12月までのシステマティックレビューおよびメタアナリシスを対象とし,英語の文献に限定して検索しております.

収録されたレビューの方法論的品質は,Centre for Evidence Based Medicine critical appraisal toolを用いて行われております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Nine systematic reviews were found. The methodological quality of the systematic reviews varied (from poor to excellent) although, overall, the primary research informing these systematic reviews was generally considered to be weak quality. The findings indicate that massage may be an effective treatment option when compared to placebo and some active treatment options (such as relaxation), especially in the short term. There is conflicting and contradictory findings for the effectiveness of massage therapy for the treatment of nonspecific low back pain when compared against other manual therapies (such as mobilization), standard medical care, and acupuncture.

検索の結果,9件のシステマティックレビューが見つかりました.

システマティックレビューの方法論的な質にはばらつきがありましたが(悪いものから優れたものまで),全体的にこれらのシステマティックレビューに情報を提供した主要な研究は,一般的に質が低いと考えられました.

調査結果によるとマッサージはプラセボやいくつかの積極的な治療法(リラクゼーションなど)と比較して,特に短期的には有効な治療法である可能性が示されております.

非特異的な腰痛の治療におけるマッサージ療法の有効性については,他の手技療法(モビライゼーションなど),標準的な医療,鍼治療と比較した場合,相反する,矛盾した知見があります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: There is an emerging body of evidence, albeit small, that supports the effectiveness of massage therapy for the treatment of non-specific low back pain in the short term. Due to common methodological flaws in the primary research, which informed the systematic reviews, recommendations arising from this evidence base should be interpreted with caution.

小規模ではありますが,非特異的な腰痛の治療に対するマッサージ療法の有効性を短期的に支持するエビデンスが出てきております.

しかしながらシステマティックレビューの対象となった一次研究には方法論上の欠陥があるため,このエビデンスベースから得られる推奨は慎重に解釈されるべきであると考えられます.

 

今回は非特異的腰痛に対するマッサージの有効性を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

結果から考えると非特異的腰痛に対するマッサージは短期的には有効という結果ですね.

いずれにしても非特異的腰痛の原因を考えた上での理学療法・作業療法アプローチが必須となるでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました