理学療法士・作業療法士がお金の話をするのは汚い?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士がお金の話をするのは汚い?

日本ではお金の話をするのはみっともないと考える人が多いと思います.

最近はSNSでお金の重要性を発信する理学療法士・作業療法士も多いですが,何かあやしいとか,お金の話をする理学療法士・作業療法士はみっともないなんて思われる方も多いのが実際でしょう.

今回は理学療法士・作業療法士がお金の話をするのは汚いのかどうかについて考えてみたいと思います.

person holding 100 US Dollar banknote

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士にとってお金の話は重要

日本ではお金の話は汚いと昔から言われ続けていますが,私自身はお金の話をすることがなぜ汚いことになるのか理解し難いです.

理学療法士・作業療法士に限った話ではありませんが,日本人はお金を稼ぐために人生の大半の時間を使い,稼いだお金を使い生活しているわけですよね.

これほど重要なお金の話が義務教育でも取り上げられることはありませんし,むしろ講習の場でお金の話をすることがタブー視されていること自体がおかしいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

現代日本のお金洗脳あるある

 

お金は悪

お金は汚い

お金より健康が大事

お金の話はいやらしい

稼いでいる人は騙している

お金がなくても生きていける

汗水垂らさないとお金は稼げない

 

理学療法士・作業療法士の皆様にもお金に対してこんなイメージを抱かれる方が多くいらっしゃると思います.

 

 

 

 

 

 

 

他の理学療法士・作業療法士がどのくらいもらっているか気になりませんか?

でも皆さんも心の中では他の理学療法士・作業療法士がどのくらいもらっているか気になってませんか?

お金の話をすると汚いことだと思われるので,口にはできないけど,残業の時給,経験年数〇年の先輩がいくらもらっているのか,退職金は〇年でいくら貰えるのか,他の病院の同期はどのくらい貰っているのかなどいろいろな疑問があると思います.

転職するにしてもこのくらいの情報がわからなければ,転職先の待遇が良いのか悪いのかすら判断できません.

 

 

 

 

 

 

 

自分自身の理学療法士・作業療法士としての市場価値を知っておくことが重要

理学療法士・作業療法士の場合に重要なのは自分自身の市場価値を知ることです.

私立大学の学費が4年間で700万円近くにもなることを考えると理学療法士の年収というのは決してコストパフォーマンスが高いとは言えません.

でも理学療法士界隈にはまだまだ平均年収406万円を超える求人というのも多く存在します.

理学療法士・作業療法士の職場の給与というのは施設間でかなりの格差がありますので,もしかしたら何年も市場価値より低い給与で働いてしまっている可能性もあります.

皆様も理学療法士・作業療法士として自分の適正年収ってどのくらいなのかって気になりませんか?

自分自身の理学療法士・作業療法士としての市場価値を把握しておくことが重要なわけです.

そこで最近理学療法士・作業療法士の間でも活用が増えているのが年収査定サービスです.

ここからは理学療法士・作業療法士の年収査定サービスについてご紹介させていただきます.

理学療法士さんの年収査定サービス 無料診断

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の適正年収がわかる

PTOTSTワーカーが提供する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の年収査定サービスでは,理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の資格取得日数やこれまでの経験から適正年収が算出されます.

このサービスを利用することで自分の希望する条件での年収の相場がわかりますので,転職の参考にすることができます.

どうせ同じ仕事をするのであればしっかりとした年収を頂ける職場で仕事をしたいですよね.

PTOTSTワーカーが提供する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の年収査定サービスでは,最新の年収データに基づいて診断が行われます.

このサービスは理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職支援を長年行ってきたPTOTSTワーカーだからできる最新の年収データに基づいての診断となっております.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の年収はどのように決まるのか?

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の年収の相場ですが,一般的には勤務エリア・経験年数・施設形態(病院・施設・訪問リハビリ)によって決まります.

当然ながら地方よりも都会の方が年収は高いので,勤務エリアも重要となります.

また理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の場合には,年収を決定する際に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士としての経験年数が考慮される場合がほとんどです.

そのため経験年数によっても年収の相場は大きく異なります.

またキャリアや勤務エリアが同一であっても,病院・施設側の状況によって理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の年収は変わることがあります.

よく知られているのは医療機関では一般的に年収が低く,訪問リハビリテーション事業所では年収が高い傾向にあります.

この理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の年収査定サービスでは,勤務エリア・経験年数・施設形態によってあなたにとって適正な年収が算出されますので,自分の市場価値を知るには有効でしょうね.

もちろん利用も無料です.

 

 

 

 

 

 

 

年収査定サービスを利用するには?

年収査定サービスを利用するには以下のリンクからまずPTOTSTワーカーへの登録が必要です.

登録時にまずは理学療法士の年収査定サービスを利用して自分の市場価値を知りたい,市場価値を知ったうえで年収をアップさせるためのコツを知りたいといった要望を備考に入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,年収査定サービスを受けることができます.


 

希望に応じて年収アップのためのアドバイスも得られる

このサービスでは,希望に応じて年収をアップするためのコツやアドバイスを得ることもできます.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士としての自分自身の経験で,一般的にはどのくらいの年収が妥当なのかを知ることは自分自身の市場価値を知ることにもつながりますし,何より自分の可能性を知ることにもつながります.

希望に応じて適正な年収に合った理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の求人を紹介してもらうこともできます.

 

今回は理学療法士・作業療法士がお金の話をするのは汚いのかどうかについて考えてみました.

お金の話は汚いといった理由でお金から目をそむけている理学療法士・作業療法士も多いと思いますが,本当に重要なことです.

もちろんお金がすべてではありませんが,理学療法士・作業療法士の皆様も改めて自分のお金のことについて真剣に考えてみてください.

タイトルとURLをコピーしました