理学療法士・作業療法士1年目って夏のボーナス出るの?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士1年目って夏のボーナス出るの?

先日,Twitterの中である理学療法士のツイートが話題となりました.

これは理学療法士・作業療法士1年目のボーナスに関する内容でした.

理学療法士・作業療法士1年目って夏のボーナスが出るのでしょうか?

今回は理学療法士・作業療法士1年目で夏のボーナスが出るのかどうかについて考えてみたいと思います.

person holding 100 US Dollar banknote

 

 

 

 

 

 

新入社員のボーナスは夏は平均いくら?

一般的な新入社員の夏季のボーナスってどのくらいなのでしょうか?

ボーナスの有無や支給額というのは法律による定めがなく,病院や施設ごとに決められています.

夏季のボーナスをもらうためには,ある程度の在籍期間や一定の条件を満たす必要があったり,業績に応じて変動したりするのが一般的です.

産労総合研究所「2020年度決定初任給調査」によると新入社員の夏のボーナスの平均は大卒で9万6,735円,高卒で7万4,307円となっております.

また新入社員に対して「何らかの夏季賞与を支給する」と答えた企業は85.6%で,「多少なりとももらえるのが一般的」のようです.

 

 

 

 

 

 

 

新入理学療法士・作業療法士は基本的にボーナスなし?

一方で1年目はボーナスがもらえない場合もあります.

病院や施設のボーナスが新入理学療法士・作業療法士に払われない場合があります.

それは多くの場合,新人理学療法士・作業療法士には査定期間が無いためということが多いでしょう.

夏のボーナスがされる6月時点では,まだ入職して2ヶ月程度の新入理学療法士・作業療法士は,査定期間が足らず支給基準を満たしていないことがほとんどです.

一般的にボーナスに先立って業績や勤務態度を評価する査定期間が設けられており,前年度の冬から今年度の春にかけての評価が夏のボーナスにつながり,春から秋にかけての評価が冬のボーナスにつながるわけです.

そのため4月に入職してきた新入理学療法士・作業療法士の場合には,夏のボーナスの査定が行われていないため,夏のボーナスが出ない場合もあります.

たとえ夏のボーナスが出たとしても寸志くらいの少額になっているでしょう.

なお冬のボーナスについては査定期間を満たしているために,評価が行われた上で支給される可能性が高いでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

病院や施設から支給される寸志って?

病院や施設から理学療法士・作業療法士に寸志が渡されるケースもあります.

この場合の寸志というのは,本来の給料ではないけれどもボーナスほどの額でもないといった意味です.

特に新人理学療法士・作業療法士の場合,最初のボーナス月にはボーナスの代わりに寸志が支給される病院や施設も多いです.

求人票などに待遇として寸志が記載されている場合,最初のボーナス月のボーナスが寸志になるか,あるいは年に2回ボーナスの代わりにそれよりも少額の寸志が支給されるということを表している場合が多いです.

パートやアルバイトの理学療法士・作業療法士の場合にもボーナスが支給されないことも多いですが,代わりに寸志を支給していることもあります.

 

 

 

 

 

 

 

支給額は病院や施設によってまちまち

基本的にボーナスの有無や支給額は病院や施設によってさまざまです.

まずはいつどのくらいの金額がもらえるのか,一度就業規則の賞与規定をチェックしてみるとよいでしょう.

理学療法士・作業療法士って就業規則を読んだこともないといった方が多いですが,これは重要なので要チェックです.

気になる場合は,先輩理学療法士・作業療法士に聞いてみるか就業規則を参照してみてください.

病院や施設としてはボーナスの制度を設けている場合は就業規則に必ず記載しなければならないため,就業規則を参照すれば分かると思います.

ただ金額については病院や施設の業績も関係してくるため,就業規則のみでは細かいところは分からないかもしれません.

 

 

 

 

 

 

 

 

公務員は初年度からボーナスがある

民間の病院や施設の場合は,その病院や施設ごとにボーナスが支給されるかが決まっています.

ですが公務員の場合は,初年度の夏かからボーナスが確実に支給されます.

ですがいくらボーナスが支給されるからといって,まだ社会人になったばかりで貢献度が低いことから,公務員であっても初年度のボーナスの額は平均的に低いと言えるでしょう.

 

今回は理学療法士・作業療法士1年目で夏のボーナスが出るのかどうかについて考えてみました.

あっても寸志程度の場合が多いでしょうし,あったらラッキー,あっただけ幸せと思わなければいけないのが新人理学療法士・作業療法士にとっての夏のボーナスというわけですね.

タイトルとURLをコピーしました