人工膝関節全置換術例は術後早期にSLRが可能となれば早期退院が可能

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術例は術後早期にSLRが可能となれば早期退院が可能

昨今は人工膝関節全置換術(TKA)例の在院期間もかなり短縮されておりますね.

全国的にも術後2~3週で退院といったクリニカルパスを用いている医療機関が多くなっております.

術後早期から早期退院が難しい症例をスクリーニングできれば退院調整も円滑に進むと思われますが,術後早期の判断ってけっこう難しいですよね.

今回は人工膝関節全置換術(TKA)例を対象としてSLRを用いたスクリーニングで早期退院が可能か否かを判断できるかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

Sports, Gymnastics, Fitness, Woman, Preparation, Man

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Orthop Surg (Hong Kong). Jan-Apr 2021;29(1):23094990211002294. doi: 10.1177/23094990211002294.

Early postoperative straight leg raise is associated with shorter length of stay after unilateral total knee arthroplasty

Jimin Suh 1, Ming Han Lincoln Liow 2, Yong Hao Pua 3, Eleanor Shu-Xian Chew 3, Shi-Lu Chia 2, Ngai Nung Lo 2, Seng-Jin Yeo 2, Jerry Yongqiang Chen 2

Affiliations expand

PMID: 33779408 DOI: 10.1177/23094990211002294

今回ご紹介する論文は2021年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Purpose: Shorter length of stay (LOS) after total knee arthroplasty (TKA) is cost-effective. Straight leg raise (SLR) is a common exercise prescribed after TKA, but the significance of early postoperative SLR is unknown. The primary aim of this study is to evaluate the association between early postoperative SLR and LOS. Secondary aims are to explore associations among early postoperative SLR, time to ambulation, and time to stairs climbing and identify factors related to postoperative SLR.

人工膝関節全置換術(TKA)後に在院日数を短縮することで費用対効果が高めることができます.

Straight leg raise(SLR)は,人工膝関節全置換術(TKA)後に処方される一般的な運動でありますが,術後早期のSLRの意義は不明であります.

この研究では,術後早期のSLRと在院期間との関連性を評価することを目的としております.

また術後早期SLR,歩行獲得までの期間,階段昇降獲得までの期間の関連性を探り,術後SLRに関連する因子を明らかにすることを副次的な研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: 888 TKAs (888 knees, 865 patients) performed at a tertiary hospital in 2016 were included for this retrospective study. All TKAs were performed with medial parapatellar approach and tourniquet. Time to events (SLR, ambulation, stair climbing), LOS and factors influencing these events were analysed using a multivariate Poisson regression model and logistic regression.

対象は2016年に三次病院で人工膝関節全置換術(TKA)を行った888例(888膝、865人)となっております.

これらの症例を対象として後方視的に調査が行われております.

すべての人工膝関節全置換術(TKA)はmedia parapatellar approachが用いられております.

SLR,歩行,階段昇降が可能となるまでの期間,在院期間,およびこれらのSLR,歩行,階段昇降が可能となるまでの期間に影響を与える因子を,多変量ポアソン回帰モデルおよびロジスティック回帰を用いて分析しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Patients who performed SLR on postoperative day 1 (POD1) had shorter LOS than those who did not (adjusted Mean Ratio (aMR) = 0.846, p < 0.001), with estimated mean LOS being 3.5 days and 4.1 days, respectively. Performing SLR on POD1 was also associated with shorter time to ambulation (aMR = 0.789; p < 0.001) and stair climbing (aMR = 0.811, p < 0.001). Female gender and higher rest pain on POD1 were associated with delayed postoperative SLR.

術後1日目(POD1)にSLRが可能となったクライアントは困難であったクライアントに比較して有意に在院期間がが短く(adjusted Mean Ratio (aMR) = 0.846, p < 0.001),推定平均在院期間はそれぞれ3.5日と4.1日でありました.

また術後1日目にSLRが可能となれば,歩行獲得までの期間の短縮(amr=0.789、p<0.001)と階段昇降獲得までの期間の短縮(amr=0.811、p<0.001)にもつながることが明らかとなりました.

女性であること,術後1日目の安静時の疼痛が強いことが,術後SLRが可能となるまでの期間の遅延と関連しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Performing SLR on POD1 after TKA is associated with shorter LOS, time to ambulation, and time to stair climbing. Early postoperative SLR can prognosticate early recovery and discharge. Optimization of preoperative muscle strength and postoperative pain may be important in early recovery after TKA.

人工膝関節全置換術(TKA)後1日目にSLRが可能となることは,在院期間,歩行獲得までの期間,階段昇降獲得までの期間の短縮に関連することが示されました。

術後早期のSLRの可否は早期の回復と退院の予測に有用であると考えられます.

またTKA後の早期回復には,術前の筋力と術後の痛みの軽減が重要であると考えられます.

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)例を対象としてSLRを用いたスクリーニングで早期退院が可能か否かを判断できるかどうかを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

SLRは簡単に評価できますのでスクリーニングとしては有用でしょうね.

ただSLRはあくまでスクリーニングのための評価であって,一生懸命SLRを繰り返せば退院時期が早まるということではないでしょうね.

タイトルとURLをコピーしました