理学療法士・作業療法士も知っておきたい入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士も知っておきたい入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)

医療機関に勤務されている理学療法士・作業療法士の皆様は入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)という言葉を耳にされたことがありますか?

入院によって環境が変化することで認知症が進行する方は少なくありませんし,入院治療に伴う安静によって廃用症候群が進行する方も多いですよね.

入院治療って弊害も大きいわけです.

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)について調査した研究報告をご紹介させていただきます.

hospital bed near couch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review J Am Med Dir Assoc. 2020 Apr;21(4):455-461.e5. doi: 10.1016/j.jamda.2019.09.015. Epub 2019 Nov 14.

Prevalence of Hospital-Associated Disability in Older Adults: A Meta-analysis

Christine Loyd 1, Alayne D Markland 2, Yue Zhang 3, Mackenzie Fowler 4, Sara Harper 3, Nicole C Wright 4, Christy S Carter 3, Thomas W Buford 3, Catherine H Smith 5, Richard Kennedy 1, Cynthia J Brown 1

Affiliations expand

PMID: 31734122 PMCID: PMC7469431 DOI: 10.1016/j.jamda.2019.09.015

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objectives: Hospital-associated disability (HAD), defined as loss of independence in activities of daily living (ADL) following acute hospitalization, is observed among older adults. The study objective is to determine overall prevalence of HAD among older adults hospitalized in acute care, and to assess the impact of study initiation year in moderation of prevalence.

急性期入院後の日常生活動作(ADL)における自立度の低下と定義されるHospital-associated disability(HAD)は,高齢者に観察されます.

この研究では急性期に入院した高齢者のHospital-associated disability の全体的な有病率を明らかにし,有病率の調整における研究開始年の影響を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: Meta-analysis of data collected from randomized trials, quasi-experimental, and prospective cohort studies. English-language searches to identify included studies were completed February 2018 and updated May 2018 of electronic databases and reference lists of studies and reviews. Included studies were human subjects investigations that measured ADL ≥2 time points before or during and after hospitalization and reported prevalence of ADL decline among older adults.

研究デザインは無作為化試験,準実験的研究,前向きコホート研究から収集したデータのメタアナリシスとなっております.

取込基準に該当する研究を特定するための英語検索は,電子データベースおよび研究やレビューの参考文献リストを2018年2月に完了し,2018年5月に更新しております.

対象となった研究は,入院前または入院中,入院後の2時点以上のADLを測定し,高齢者のADL低下の有病率を報告したヒトを対象とした調査でありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究セッティング

Setting: Acute care hospital units.

研究セッティングは急性期病院の病棟となっております.

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Participants: Adults aged ≥65 years hospitalized in medical-surgical acute care; total sample size across all included studies was 7375.

対象は65歳以上の成人で内科・外科の急性期病院に入院しているクライアントとなっております.

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Independence in ADL was assessed using the Katz Index of Independence in Activities of Daily Living and Barthel Index of Independence in Activities of Daily Living.

ADLの自立度はKatz Index of Independence in Activities of Daily LivingおよびBarthel Index of Independence in Activities of Daily Livingを用いて評価がなされております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Random effects meta-analysis across included studies identified combined prevalence of HAD as 30% (95% CI 24%, 33%; P < .001). The effect of study initiation year on the prevalence rate was minimal. A large amount of heterogeneity was observed between studies, which may be due in part to nonstandardized measurement of ADL impairment or other methodological differences.

ランダム効果メタアナリシスの結果,Hospital-associated disability の複合的な有病率は30%(95%CI 24%,33%,P < 0.001)であることが確認されました.

研究開始年が有病率に与える影響はわずかでありました.

研究間で大きな異質性が観察されましたが,これはADL障害の測定方法が標準化されていないことやその他の方法論的な違いが原因の一つであると考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions and implications: Hospitalization in acute care poses a significant risk to functional independence of older adults, and this risk is unchanged despite shorter lengths of stay. The evidence supports the continued need for hospital-based programs that provide assessment of functional ability and identification of at-risk older adults in order to better treat and prevent HAD.

急性期病院への入院は高齢者の機能的自立に大きなリスクをもたらすものであり,このリスクは入院期間が短くなっても変わらないと考えられます.

今回の結果は,Hospital-associated disability の治療と予防を推進するために,機能的能力の評価とリスクのある高齢者の特定を行う病院ベースのプログラムが引き続き必要であることの裏付けとなります.

 

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)について調査した研究報告をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士は入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)といった視点で入院しているクライアントの評価やリハビリテーションに携わる必要がありますね.

コメント

  1. […] 理学療法士・作業療法士も知っておきたい入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい入院関連能力障害(Hospital-Associated Disability)につ […]

タイトルとURLをコピーしました