人工膝関節全置換術(TKA)例に対する徒手的なリンパドレナージは疼痛軽減に有効か?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)例に対する徒手的なリンパドレナージは疼痛軽減に有効か?

人工膝関節全置換術(TKA)後には炎症により膝関節周囲の腫脹を伴うことが多いと思います.

また人工膝関節全置換術(TKA)に伴う出血による浮腫が生じることも多いと思います.

こういった術後の浮腫や腫脹に対して理学療法士・作業療法士が徒手的にリンパドレナージを行う機会は多いと思いますが,理学療法士・作業療法士が行う徒手的リンパドレナージって有効なのでしょうか?

今回は人工膝関節全置換術(TKA)例に対する徒手的なリンパドレナージは疼痛軽減に有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

About Manual Lymph Drainage —

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Effect of manual lymph drainage for up to 10 days after total knee arthroplasty: Arandomized controlled trial

Tatsu FUJIURA, Hiroshi NAGASAWA, Hidetaka WAKABAYASHI

今回ご紹介する論文は本邦で行われた臨床研究です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To assess the effect of manual lymph drainage (MLD) on pain in Japanese patients up to 10 days after a total knee arthroplasty (TKA).

この研究では日本人の人工膝関節全置換術(TKA)後10日目までのクライアントを対象として疼痛に対する徒手的なリンパドレナージの効果を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: This study was a randomized controlled trial performed at a University Medical Center. Patients who underwent unilateral TKA and received once daily MLD for 20 minutes prior to standard physical therapy up to 10 days after TKA were investigated. Pain at rest, knee extension muscle contraction, and maximum load were assessed using the visual analog scale (mm) before surgery, after drain removal, and after the fifth MLD. As secondary outcomes, the circumference, range of motion, muscle strength, walking speed, and walking rate were evaluated.

この研究は大学医療センターで行われた無作為化比較試験です.

片側の人工膝関節全置換術(TKA)を受けたクライアントで,人工膝関節全置換術(TKA)後10日までの間,標準的な理学療法の前に1日1回徒手的なリンパドレナージをを20分間受けたクライアントを対象としております.

手術前,ドレーン抜去後,5回目の徒手的なリンパドレナージ後に安静時,膝伸展時,最大荷重時の疼痛をVASを用いて評価しております.

また副次的なアウトカムとして周径,関節可動域,筋力,歩行速度,歩行率を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Result: Forty-one patients aged 45-85 participated in this study, 21 of whom were assigned to the intervention (MLD group) and 20 who were not (control group). Ten days after TKA, no significant difference was evident between the MLD and control groups for resting pain [4.5 mm (1.6-10.8) vs 7.0 mm (1.8-25.5), respectively, p=0.17], pain during knee extension muscle contraction [12.3 mm (4.5-24.8) vs 20.8 mm (6.4-31.8), p=0.41], and pain at maximum load [13.0 mm (8.3-39.8) vs 16.0 mm (4.6-32.5), p=0.73]. There were no significant differences between groups in terms of secondary outcomes.

45~85歳の41例が対象となり,そのうち21例が介入群(徒手的リンパドレナージ群),20例が非介入群(対照群)に割り付けられております.

人工膝関節全置換術(TKA)の10日後,痛みについて徒手的リンパドレナージ群と対照群の間に有意な差は認められなかった[それぞれ安静時の痛み4.5mm(1.6-10.8)対7.0mm(1.8-25.5),p=0. 17],膝伸展筋収縮時の痛み[12.3mm(4.5-24.8)対20.8mm(6.4-31.8),p=0.41],最大荷重時の疼痛[13.0mm(8.3-39.8)対16.0mm(4.6-32.5),p=0.73]でありました.

副次評価項目については,両群間に有意な差はありませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: This study shows that MLD up to 10 days after TKA does not affect pain.

この研究結果からはTKA後10日までの徒手的リンパドレナージは疼痛に影響しないことが示唆されます.

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)例に対する徒手的なリンパドレナージは疼痛軽減に有効か否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

残念ながらネガティブな結果には至っておりますが,疼痛の平均値や信頼区間を見ると徒手的リンパドレナージを行った群の方が疼痛は軽減している傾向にも見えます.

サンプルサイズの設計を行ったうえでもう少しサンプルを増やして再検討いただきたい結果ですね.

また腫張が強い対象のみに限定するなど対象を何かしらの形で限定するともう少しポジティブな結果が導ける可能性もありますね.

タイトルとURLをコピーしました