20代の理学療法士・作業療法士の転職はリスクが少ない?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20代の理学療法士・作業療法士の転職はリスクが少ない?

理学療法士・作業療法士というのは資格職ですので,転職率も高い職種の1つです.

資格があって求人があればどこでも働くことができるというのは理学療法士・作業療法士の強みでしょうね.

もちろん転職にはリスクもあるわけですが,特に20代の理学療法士・作業療法士にとっては一般職に比較すればリスクが小さいのも特徴です.

今回は20代の理学療法士・作業療法士の転職はリスクが少ないといった話です.

man on rope

 

 

 

 

 

 

資格があるからこそ

当たり前の話ですが理学療法士・作業療法士資格というのは国家資格です.

国家資格があるからこそ一般職に比較すれば,転職も比較的スムースに行えるわけです.

一般企業に就職したら職場が嫌でも退職してしまえば再就職というのはそんなに簡単なものではありません.

年齢を重ねれば重ねるほど,一般企業での再就職は難しくなりますので,30歳を超えて再就職ともなるとかなり苦労するでしょう.

それに比較すれば理学療法士・作業療法士の転職というのは30歳を超えてもそこまでハードルは高くありません.

もちろん30代での転職となれば退職金のことなどを考えれば20代の転職に比較すればハードルは高くなるわけですが…

 

 

 

 

 

 

 

経験年数が浅いから転職しやすい

個人的には経験年数が1年でも職場が自分に合わない,自分自身にとってその職場で働き続けることがプラスにならないと考えるのであれば早く転職した方が良いでしょう.

「職場に迷惑が掛かる」なんて思われるかもしれませんが,20代だとまだまだ戦力の中心になっていないわけですから,そもそもそんな迷惑がかかることもありません.

組織としては20代のスタッフが一人辞めて仕事が回らないというのはむしろ問題なわけです.

もし転職して「前の職場のほうが良かった」と思ったとしても,20代であれば十分にやり直しがききます.

資格があるのでまた転職すればいいわけです.

これが30代,40代だとなかなかそうはいきません.

もちろん短期間に何回も転職するのは良くありませんが,正当な理由があれば全く問題ないわけです.

 

 

 

 

 

 

 

転職しないことの方が「リスク」が高い場合も

理学療法士・作業療法士が転職する場合にはある程度のリスクを考えると思います.

例えば退職金のこととか,自分の経歴に傷がつくとか,いろんなリスクを考えられると思います.

ただ考えなければならないのは,「成長できない」「自分に合わない」「将来性がない」と感じているなら,むしろその職場にとどまることのほうがリスクが高いと言えるでしょう.

転職はマイナスイメージなものではなく,自分を成長させるための一手だと考えるべきです.

転職すれば自分のやりたいことができて,全く別の人生を歩める可能性があります.

それなのにリスクを恐れて,転職せず今の職場で落ち着こうとするのは自ら成長の機会を放棄しているといってもよいでしょうね.

それこそ転職すれば年収が50万円以上あがることもありますし,休日が年10日増える場合もあります.

自分の人生,全力で楽しむために早めに辞める決断をしておいたほうが良い場合もあります.

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が転職を繰り返すのはダメ?

理学療法士・作業療法士が転職を繰り返すと経歴に傷がつくと考える方もいらっしゃるかもしれませんが,そんなことはありません.

理学療法士・作業療法士が転職を繰り返すと経歴に傷がつくなんて考え方は昭和の考え方ですよね.

理学療法士・作業療法士の転職は「スキルアップ」という名目があるため,転職回数が多いからといって不採用になったり不利な状況になることはほとんどありません.

重要なのはきちんと転職理由を回答できるかどうかです.

転職理由が明確であれば,転職回数が多くても採用に響くことはないわけです.

むしろ様々な経験をしてきた有能なスタッフとして捉えられる場合のほうが多いです.

特に理学療法士・作業療法士の職域も拡大しておりますので,急性期・回復期・生活期といったさまざまな病期での経験というのはむしろプラスに評価されるでしょう.

医師を考えてみてください.

部長職や医長職につくまで転職を繰り返すのが当たり前ですよね.

 

 

 

今回は20代の理学療法士・作業療法士の転職はリスクが少ないといった話でした.

20代は自分にとって最適な職場を見つけるチャンスです.

転職するリスクもですが,転職しないリスクも考慮した上で自分の将来を考える必要があるでしょうね.

ただ転職を一人で進めるのに不安のある方も多いと思います.

そんな場合には転職サイトの利用をお勧めします.

転職サイトを利用すればあなたの転職に関する不安について転職エージェントからさまざまなアドバイスをもらうことができます.

転職サイトを利用したからといってすぐに転職をしなくてはならないわけではありません.

今の現状をエージェントに伝えたうえで転職すべきかどうか相談してみるのも良いでしょう.

転職って職場の人には相談できませんし,何より経験方法な転職エージェントに相談するというのは仮に転職しなくても理学療法士・作業療法士として働くうえでプラスになることは間違いありません.

もちろん転職サイトへの登録は無料ですので,まずは自分の状況を伝えて転職すべきかどうか相談してみるのも良いでしょう.

ここでは私がお勧めする転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,自分の状況で転職すべきかどうか相談したいといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

PTOTSTワーカー



PTOTSTワーカーは業界でもトップクラスの求人数を誇っているのが特徴です.

看護師・医師などの医療関連職の転職をサポートしている医療WORKERグループですので,病院・クリニック・診療所・介護施設・リハビリ施設などの求人の形態も豊富です.

また長年各医療関連施設との人材紹介で培った信頼性から求人数がありますので,他社にはない独占求人,新設などの関係で 一般には公開されない非公開求人も多いです.

またこういった転職サイトって地方求人に対応していなかったりしますがここは地方の求人も豊富ですので地方への転職を考えられている方にもお勧めです.

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の各職種専門のアドバイザーが専任で担当してくださいますので,要望のヒアリングから入職まで トータルで転職をサポートしてくださいます.

アドバイザーは病院・クリニック・リハビリ施設などとも密接な関係なので求人票に載っていない職場関係・一緒に働く人の人柄などの現場の情報を知ることが出来ます.

自分の状況で転職すべきかどうか相談したいといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 

 

 

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

自分の状況で転職すべきかどうか相談したいといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

タイトルとURLをコピーしました