TKA・THAで疼痛・身体機能が改善しない症例の特徴が明らかに

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TKA・THAで疼痛・身体機能が改善しない症例の特徴が明らかに

人工膝関節全置換術・人工股関節全置換術後に多くにクライアントは除痛が得られ,機能改善を図ることができる場合が多いと思います.

しかしながら一定の割合で術後に疼痛が遷延したり,機能が思うように改善しない難渋症例を経験します.

でもどういった症例が難渋するのかって気になりますよね?

今回はTKA・THAで疼痛・身体機能が改善しない症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

person in black shorts with skin tattoo

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Arthroplasty. 2020 Nov 18;S0883-5403(20)31211-0. doi: 10.1016/j.arth.2020.11.020. Online ahead of print.

Association Between Epidemiological Factors and Nonresponders to Total Joint Replacement Surgery in Primary Osteoarthritis Patients

Christie A Costello 1, Ming Liu 1, Andrew Furey 2, Proton Rahman 3, Edward W Randell 4, Guangju Zhai 1

Affiliations expand

PMID: 33288389 DOI: 10.1016/j.arth.2020.11.020

今回ご紹介する論文は2020年に公開された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: While total joint replacement (TJR) is the most effective treatment for end-stage osteoarthritis (OA), one-third of patients do not experience clinically important improvement in pain or function following the surgery. Thus, it is important to identify factors for nonresponders and develop strategies to improve TJR outcomes.

人工関節全置換術(TJR)は,末期の変形性関節症(OA)に対して最も効果的な治療法でありますが,クライアントの3分の1は術後疼痛が遷延,機能改善が不十分であることが明らかにされております

したがって人工関節全置換術後に疼痛・身体機能に改善が得られない症例の要因を特定し,人工関節全置換術の治療成績を改善するための戦略を立てることが重要となります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Study participants were patients who underwent TJR (hip/knee) due to OA and completed the WOMAC before and on average 4 years after surgery. Nonresponders (pain nonresponders, function nonresponders, pain and function nonresponders) were determined using the WOMAC change score from baseline to follow-up under two previously reported criteria. Eighty-eight self-reported factors collected by a general health questionnaire were examined for associations with nonresponders.

対象は変形性関節症が原因で人工関節全置換術(股関節/膝関節)を施行し,術前と術後平均4年後にWOMACによる評価が可能であった者とした.

2つの基準のもとに,改善群と不良群に分類しております.

また一般健康調査票で収集した88項目の自己申告因子を用いて,手術による機能改善不良例との関連を検討しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 601 patients (30.8% hip and 69.2% knee replacement) were included; 18% of them were found to be either pain or function nonresponders. Nine factors were identified in the univariable analyses to be associated with nonresponders, and 5 of them (clinical depression, multisite musculoskeletal pain [MSMP], younger age, golfer’s elbow, and driving more than 4 hours on average per working day) remained significant in the multivariable analyses in at least one of six categories. Clinical depression, having MSMP, and younger age were the major factors to be independently associated with nonresponders across five categories. In addition, two factors (age at menopause and age at hysterectomy) were significantly associated with female nonresponders.

合計601例(THA30.8%,TKA69.2%)を対象としておりますが,そのうち18%が機能改善が不良でありました.

単変量解析では機能改善不良と関連する9因子が同定されておりますが,そのうちの5因子(うつ傾向,複数部位にわたる筋骨格系疼痛(MSMP),若年,ゴルフ肘の合併,1日平均4時間以上の運転),多変量解析では6つのカテゴリーのうち少なくとも1つで有意な結果が得られております.

うつ病を合併しており,複数部位にわたる疼痛を有する,そして若年層のクライアントでは,5つのカテゴリーにおいて機能改善不良と独立して関連する主因でありました.

さらに2つの因子(閉経時年齢および子宮摘出時年齢)が女性の機能改善不良と有意に関連していました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Our data suggested potential roles of pain perception, widespread pain sensitization, patient expectations, and early menopause in females in TJR outcomes, warranting further investigation.

今回のデータから女性の人工関節全置換術後における疼痛知覚,広範な疼痛感作,患者の期待,早期閉経などの潜在的な役割を示唆するものでありさらなる調査が必要であります.

 

今回はTKA・THAで疼痛・身体機能が改善しない症例の特徴を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

うつ傾向や複数部位にわたる疼痛なんかがキーワードですね.

さらに女性の場合には閉経時年齢や子宮摘出時年齢が機能改善不良と関連しているというのは興味深いですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました