膝窩筋の役割が明らかに

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

膝窩筋の役割が明らかに

理学療法士・作業療法士が「膝窩筋が…」なんて論じることは多いですが,その解剖学的・運動学的な特徴から役割を推測したものは存在するものの,膝窩筋が深部筋であるため筋電図などの計測が困難であり,生体内ではその機能は十分に明らかにされておりませんでした.

今回は超音波装置を用いて膝窩筋の役割について明らかにした論文をご紹介させていただきます.

Dumbbells, Training, Fitness, Gym, Workout, Exercise

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Full Length Article. The function of the popliteus muscle: An in vivo ultrasound shear wave elastography study

Author links open overlay panel

Human Movement Science Volume 76, April 2021, 102751

Masahide Yagi, Hiroshige Tateuchi, Mizuki Kuriu, Noriaki Ichihashi

今回ご紹介する論文は2021年に掲載予定の新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

The function of the popliteus muscle [PM] is crucial to knee function. However, it remained unclear in vivo. Thus, this study

膝関節機能を考えるうえでは,膝窩筋の機能の重要性は言うまでもありませんが,過去の論文では生体内におけるその機能は明らかにされておりません.

この研究では,生体内における非荷重時と荷重時における膝窩筋の機能を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Fourteen healthy subjects participated in this study. The muscle stiffness of the PM was measured using shear wave elastography as an index of muscle force. Muscle stiffness was measured at 30° knee flexion as a reference value. Muscle stiffness was also measured at passive 0°knee flexion and passive 20° external rotation and internal rotation at 30° knee flexion, and during isometric knee extension, flexion, external rotation, and internal rotation at 30° knee flexion. Moreover, muscle stiffness was measured during one-leg standing at 0° and 30° of knee flexion.

aimed to explore the PM function in the non-weight-bearing and the weight-bearing conditions in vivo.

14名の健常例を対象としております.

筋のスティフネスの指標として,せん断波エラストグラフィを用いて膝窩筋のスティフネスを評価しております.

筋のスティフネスは,膝関節屈曲30°で測定をおこなっております,

さらに膝関節他動屈曲0°,膝関節他動屈曲30°における20°外旋および20°内旋時にも測定を行っております.

さらに膝関節屈曲0°および膝関節屈曲30°で片脚立位を行った際のスティフネスについても評価を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Muscle stiffness was significantly greater at passive 0° knee flexion and 20° external rotation and during isometric knee flexion and internal rotation than the reference value. Two-way analysis of variance revealed significant main effects of weight bearing and knee angle: Muscle stiffness increased with weight bearing and knee extension. Moreover, muscle stiffness was significantly lower at 30° than at 0° knee flexion during one-leg standing.

その結果,他動運動時には膝関節伸展および外旋で弾性率が増加し,等尺性運動時には膝関節屈曲および内旋で弾性率が増加することが明らかとなりました.

さらに片脚立位では膝窩筋の弾性率が増加するものの,片脚立位中に膝関節を屈曲すると伸展位より弾性率が低下することが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The PM function is knee flexion and internal rotation, and the PM force increases with weight bearing and decreases with knee flexion during one-leg standing.

今回の研究結果から膝窩筋の機能は膝関節の屈曲と内旋であり,筋張力は荷重位(片脚立位)で増加するものの軽度膝関節を屈曲することによって筋張力が低下することが明らかとなりました.

 

今回は超音波装置を用いて膝窩筋の役割について明らかにした論文をご紹介させていただきました.

正直なところきちんと生体内で膝窩筋の役割が確認されたのが2021年というのは驚きでしたが,解剖学・運動学の書籍に理論として書かれているものでも証明されていないものもまだまだ多いという1例だと思います.

あとは理学療法士・作業療法士の視点でこういった基礎研究を臨床にどう生かすかが重要でしょうね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました