筋膜連結って本当に存在するの?

運動療法・物理療法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

筋膜連結って本当に存在するの?

理学療法士・作業療法士界隈における筋膜の流行のきっかけになったのがAnatomy trainsです.

理学療法士・作業療法士であれば多くがこのAnatomy trainsを読まれた経験をお持ちだと思います.

なかなか難解な書籍の一つですが,Anatomy trainsの中でキーとなるのがSpiral lineとかLateral lineといった筋膜連結です.

ただ筋膜連結って本当に存在するのかといった疑問も生じます.

今回は筋膜連結の存在について明らかにしたReview論文をご紹介させていただきます.

リハビリテーション関連の論文の中では,IFが高いことでも有名なArch Phys Med Rehabilに掲載された論文です.

persons left hand with pink paint

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review Arch Phys Med Rehabil. 2016 Mar;97(3):454-61. doi: 10.1016/j.apmr.2015.07.023. Epub 2015 Aug 14.

What Is Evidence-Based About Myofascial Chains: A Systematic Review

Jan Wilke 1, Frieder Krause 2, Lutz Vogt 2, Winfried Banzer 2

Affiliations expand

PMID: 26281953 DOI: 10.1016/j.apmr.2015.07.023

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To provide evidence for the existence of 6 myofascial meridians proposed by Myers based on anatomic dissection studies.

この研究では解剖学的研究に基づいてマイヤーズが提唱した6つの筋筋膜経絡の存在を示す証拠を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

データソース

Data sources: Relevant articles published between 1900 and December 2014 were searched in MEDLINE (PubMed), ScienceDirect, and Google Scholar.

1900年から2014年12月までに発表された関連論文をMEDLINE (PubMed),ScienceDirect,Google Scholarを用いて検索しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の選択

Study selection: Peer-reviewed human anatomic dissection studies reporting morphologic continuity between the muscular constituents of the examined meridians were included. If no study demonstrating a structural connection between 2 muscles was found, articles on general anatomy of the corresponding body region were targeted.

筋筋膜経絡の形態的連続性を明らかにした査読付きのヒト解剖学的研究を対象としております.

筋筋膜間の構造的なつながりを示す研究が見つからなかった場合には,対応する身体部位の一般的な解剖学に関する論文を対象として研究論文を選択しております.

 

 

 

 

 

 

 

データの抽出

Data extraction: Continuity between 2 muscles was documented if 2 independent investigators agreed that it was reported clearly. Also, 2 independent investigators rated methodologic quality of included studies by means of a validated assessment tool (Quality Appraisal for Cadaveric Studies).

論文内に筋筋膜の連続性に関する記述があるか否かについて,2名の独立した研究者が評価を行っております.

2 名の独立した研究者が,有効な評価ツール(Quality Appraisal for Cadaveric Studies)を用いて,対象研究の方法論の質を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

データの統合

Data synthesis: The literature search identified 6589 articles. Of these, 62 article met the inclusion criteria. The studies reviewed suggest strong evidence for the existence of 3 myofascial meridians: the superficial back line (all 3 transitions verified, based on 14 studies), the back functional line (all 3 transitions verified, based on 8 studies) and the front functional line (both transitions verified, based on 6 studies). Moderate-to-strong evidence is available for parts of the spiral line (5 of 9 verified transitions, based on 21 studies) and the lateral line (2 of 5 verified transitions, based on 10 studies). No evidence exists for the superficial front line (no verified transition, based on 7 studies).

文献検索の結果,6589件の論文が同定されました.

そのうち包含基準を満たす論文は62件でありました.

この62件の論文から,3つの筋筋膜経絡の存在を示す強い証拠が確認されました.

3つの経路というのはsuperficial back line(14研究に基づく),back functional line(8つの研究に基づく),およびfront functional line(6つの研究に基づく)です.

なおspiral lineの一部(21件の研究に基づく)およびlateral line(10件の研究に基づく)については,中程度から強程度の証拠が得られました.

さらにsuperficial front lineは証拠はない(7件の研究に基づく)ことが明らかとなりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: The present systematic review suggests that most skeletal muscles of the human body are directly linked by connective tissue. Examining the functional relevance of these myofascial chains is the most urgent task of future research. Strain transmission along meridians would both open a new frontier for the understanding of referred pain and provide a rationale for the development of more holistic treatment approaches.

今回のシステマティックレビューから人体のほとんどの骨格筋は結合組織によって直接連結されていることが示唆されました.

これらの筋膜連鎖の機能的な関連性を調べることは,今後の研究の大きな課題でもあります.

経絡に沿った歪みの伝達は,参照される痛みの理解に新たなフロンティアを開くと同時に,より全人的な治療アプローチを開発するための根拠を提供することになるだろう.

 

今回は筋膜連結の存在について明らかにしたReview論文をご紹介させていただきました.

非常に明快な結論ですっきりした論文ですね.

結論からいうと以下のようにまとめられるでしょう.

 

superficial back line:強い科学的根拠あり

back functional line:強い科学的根拠あり

front functional line:強い科学的根拠あり

spiral line:中等度~強い科学的根拠あり

lateral line:中等度強い科学的根拠あり

superficial front line:科学的根拠あり

 

臨床上も筋膜の連鎖を考慮したアプローチが功を奏することは少なくありません.

今後さらに筋膜連鎖に関する研究が進むことを期待したいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました