首の姿勢と頸部痛は無関係?

腰部
スポンサーリンク
スポンサーリンク

首の姿勢と頸部痛は無関係?

理学療法士・作業療法士が「姿勢が悪いから疼痛が出現している,姿勢を是正すれば疼痛は改善する」などといったような患者指導を行っていることって多いですよね?

確かにマルアライメントが疼痛を引き起こしている場合もありますが,疼痛からマルアライメントが生じているケースもあります.

またそもそも姿勢と疼痛は無関係ということも多いのですが,理学療法士・作業療法士であれば姿勢と疼痛を結びつけて考えたくなることが多いのも実際だと思います.

今回は頸部の姿勢と頸部痛との関連性を明らかにした調査報告をご紹介させていただきます.

men's black crew-neck shirt

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Phys Ther. 2016 Oct;96(10):1576-1587. doi: 10.2522/ptj.20150660. Epub 2016 May 12.

Neck Posture Clusters and Their Association With Biopsychosocial Factors and Neck Pain in Australian Adolescents

Karen V Richards 1, Darren J Beales 2, Anne J Smith 3, Peter B O’Sullivan 4, Leon M Straker 5

Affiliations expand

PMID: 27174256 DOI: 10.2522/ptj.20150660

今回ご紹介する論文は2016年に掲載サ入れた論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: There is conflicting evidence on the association between sagittal neck posture and neck pain.

過去の報告では矢状面上における頸部姿勢と頸部痛との関連性については,相反する報告がなされている状況です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: The purposes of this study were: (1) to determine the existence of clusters of neck posture in a cohort of 17-year-olds and (2) to establish whether identified subgroups were associated with biopsychosocial factors and neck pain.

この研究では17歳児のコホートにおける頸部姿勢を分類すること,さらに分類されたサブグループにおける生物心理社会的要因と頸部痛との関連性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Design: This was a cross-sectional study.

研究デザインは横断的研究となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: The adolescents (N=1,108) underwent 2-dimensional photographic postural assessment in a sitting position. One distance and 4 angular measurements of the head, neck, and thorax were calculated from photo-reflective markers placed on bony landmarks. Subgroups of sagittal sitting neck posture were determined by cluster analysis. Height and weight were measured, and lifestyle and psychological factors, neck pain, and headache were assessed by questionnaire. The associations among posture subgroups, neck pain, and other factors were evaluated using logistic regression.

思春期の対象例(N=1,108)に対して,座位で2次元写真による姿勢評価を行っております.

骨ランドマークに設置した光反射マーカーから,頭部,頸部,胸郭の距離と4つの角度の測定値を算出しております.

さらに矢状面上の座位頚部姿勢についてクラスター分析を用いてサブグループを決定しております.

身長と体重を測定し,生活習慣や心理的要因,頸部痛,頭痛について質問紙を用いて評価を行っております.

最後に姿勢のサブグループ間の関連,頚部痛,その他の因子との関連性についてロジスティック回帰を用いて分析を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Four distinct clusters of sitting neck posture were identified: upright, intermediate, slumped thorax/forward head, and erect thorax/forward head. Significant associations between cluster and sex, weight, and height were found. Participants classified as having slumped thorax/forward head posture were at higher odds of mild, moderate, or severe depression. Participants classified as having upright posture exercised more frequently. There was no significant difference in the odds of neck pain or headache across the clusters.

頸部の座位姿勢は,直立姿勢,中間姿勢,胸郭屈曲・頭部前方偏位姿勢,胸郭直立・頭部前方偏位姿勢の4つの明確なクラスターが同定されました.

クラスターと性別,体重,身長との間には有意な関連が認められました.

胸郭/前頭部の姿勢が崩れている対象例は,軽度,中等度,または重度のうつ病になる確率が高い結果でありました.

姿勢が直立していると分類された対象例は運動に取り組んでいる頻度が高い結果でありました.

頸部痛や頭痛のオッズには,クラスター間で有意差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

研究の限界

Limitations: The results are specific to 17-year-olds and may not be applicable to adults.

今回の結果は17歳に特有のものであり,成人には適用できない可能性があります.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Meaningful sagittal sitting neck posture clusters were identified in 17-year-olds who demonstrated some differences with biopsychosocial profiling. The finding of no association between cluster membership and neck pain and headaches challenges widely held beliefs about the role of posture in adolescent neck pain.

17歳児では生物心理社会的特性との違いを示す意味のある矢状面における座位頸部姿勢クラスターが同定されました.

頸部姿勢と頸部痛や頭痛との間に関連性がないという結果は,思春期の頸部痛に頸部姿勢が関連しているといった従来の仮説に相反する結果でありました.

 

今回は頸部の姿勢と頸部痛との関連性を明らかにした調査報告をご紹介させていただきました.

今回の結果は思春期の若年者を対象としたものですが,高齢者に対して同じような調査を行ったらどんな結果になるんでしょうかね.

高齢者でも全てが姿勢=疼痛でない可能性はあります.

理学療法士や作業療法士は姿勢=疼痛と考えがちですが,本当に姿勢が疼痛の原因なのか,さらに姿勢が疼痛の原因なのかまたは疼痛の結果によるものなのか,十分に考える必要がありますね.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました