ROAD studyで最新の変形性股関節症の有病率が明らかに

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ROAD studyで最新の変形性股関節症の有病率が明らかに

ROAD studyといえば変形性関節症に関する有名な疫学調査の1つです.

X線画像上の変形性膝関節症の有病率は日本人高齢者の4人に1人にものぼるということを明らかにしたなんていうのは有名ですよね.

今回はROAD studyから本邦における最新の変形性股関節症の有病率が明らかにした論文をご紹介させていただきます.

two men about to wrestling

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Osteoarthritis Cartilage. 2020 Feb;28(2):182-188. doi: 10.1016/j.joca.2019.09.006. Epub 2019 Oct 16.

Incidence rate and risk factors for radiographic hip osteoarthritis in Japanese men and women: a 10-year follow-up of the ROAD study

T Iidaka 1, S Muraki 1, H Oka 2, C Horii 3, H Kawaguchi 4, K Nakamura 5, T Akune 5, S Tanaka 3, N Yoshimura 6

Affiliations expand

PMID: 31629024 DOI: 10.1016/j.joca.2019.09.006

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To investigate the incidence and progression rate of radiographic hip osteoarthritis (OA) and its risk factors in Japanese men and women using a large-scale population of a nationwide cohort study, Research on Osteoarthritis/osteoporosis Against Disability (ROAD).

この研究では,変形性股関節症・骨粗鬆症研究(ROAD)に基づいた大規模集団を用いて,日本人男女におけるX線撮影による変形性股関節症(OA)の発症率と進行率およびその危険因子を調査することを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: From the baseline survey of the ROAD study, 2,975 participants (1,043 men and 1,932 women) aged 23-94 years (mean, 70.2 years) living in urban, mountainous, and coastal communities were followed up with hip radiography at 3, 7, and 10 years (mean follow-up, 7.1 years). Radiographs were scored using the Kellgren/Lawrence (K/L) grading system, and radiographic hip OA was defined as K/L ≥ 2. The incidence and progression rate of hip OA were examined. Acetabular dysplasia was defined as a central-edge angle <20°. Cox’s proportional hazard model was used to assess risk factors for incident and progressive radiographic hip OA.

ROAD研究のベースライン調査から,都市部・山間部・沿岸部に住む23~94歳(平均70.2歳)の2,975人(男性1,043例.女性1,932例)を対象として,3年後・7年後・10年後(平均7.1年)において股関節X線撮影を行っております.

X線画像のスコア化にはKellgren/Lawrence(K/L)分類を用い,X線上の股関節OAはK/L≧2と定義しております.

変形性股関節症の発生率および進行率を検討しております.

また寛骨臼形成不全は,CE角を20°未満と定義しております.

COX比例ハザードモデルを用いて,変形性股関節症の発生および進行に関連する要因を抽出しております.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: The incidence rate of radiographic hip OA was 5.6/1,000 person-years and 8.4/1,000 person-years in men and women, respectively. The progression rate of hip OA was 2.2/1,000 person-years and 6.0/1,000 person-years in men and women, respectively. The significant risk factors for incident hip OA were age, obesity, and acetabular dysplasia at baseline (hazard risk [HR] 1.05, 95% confidence interval [CI] 1.03-1.08; 1.78, 1.10-2.75; 2.06, 1.30-3.17, respectively). The significant risk factors for progressive hip OA were baseline hip pain and acetabular dysplasia (HR 5.68, 95%CI 1.07-22.61; 14.78, 3.66-56.06, respectively).

X線画像における変形性股関節症の発生率は男性で5.6人/1,000人・年であり,女性で8.4人/1,000人・年でありました.

変形性股関節症の進行率は,男性で2.2人/1,000人・年であり,女性で6.0人/1,000人・年でありました.

変形性股関節症発生のリスク因子としては,ベースライン時の年齢,肥満,寛骨臼形成不全が抽出されております.

また変形性股関節症進行に関連する危険因子としてベースラインの股関節痛と寛骨臼形成不全が抽出されております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Continued longitudinal surveys of the ROAD study will contribute to knowledge about and potential prevention of incident and progressive hip OA

ROAD studyによる縦断的調査は,変形性股関節症の疫学に関する知識と潜在的な予防に貢献すると考えられます.

 

今回はROAD studyから本邦における最新の変形性股関節症の有病率が明らかにした論文をご紹介させていただきました.

変形性膝関節症に比べればやはり有病率が低い結果とはなっておりますね.

また変形性股関節症発生率・進行率いずれにも寛骨臼形成不全が関連しており,本邦における変形性股関節症の特徴を裏付ける結果となっておりますね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました