変形性関節症に対するTHA・TKAは身体活動量を増加させるか?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性関節症に対するTHA・TKAは身体活動量を増加させるか?

変形性関節症例においては疼痛のために活動量が減少し,活動量の減少に伴い体重が増加し,関節負荷が増大し,さらに荷重痛が増悪するといった負の循環に陥りやすいことが指摘されております.

また最近は肥満細胞の増加が変形性関節症を進行させるといったデータも出てきており,変形性関節症における体重コントロールは非常に重要な課題であると考えられます.

一方で人工股関節全置換術(THA)や人工膝関節全置換術(TKA)によって除痛が得られれば,身体活動量は増加するのでしょうか?

今回は変形性関節症に対するTHA・TKAは身体活動量を増加させるかを明らかにした論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

今回紹介する論文

J Orthop Sports Phys Ther. 2016 Jun;46(6):431-42. doi: 10.2519/jospt.2016.6449. Epub 2016 Apr 26.

Does Physical Activity Increase After Total Hip or Knee Arthroplasty for Osteoarthritis? A Systematic Review.

Arnold JB, Walters JL, Ferrar KE.

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された比較的新しい内容です.

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Systematic review.

研究デザインはシステマティックレビューとなっております.

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Despite improvements in self-reported symptoms and perceived functional ability after total hip arthroplasty (THA) and total knee arthroplasty (TKA), it is unclear whether changes in objectively measured physical activity (PA) occur after surgery.

人工股関節全置換術(THA)および人工膝関節全置換術(TKA)後には自覚的な症状や身体機能に改善が得られるものの,術後の身体活動量の変化については十分に明らかにされておりません.

 

 

 

 

 

 

研究目的

To determine if objectively measured PA increases after THA and TKA in adults with osteoarthritis.

この研究では変形性関節症に対する人工股関節全置換術(THA)・人工膝関節全置換術(TKA)後が身体活動量を増加させるか否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

研究方法

Five electronic databases were searched from inception to March 3, 2015. All study designs objectively measuring PA before and after THA or TKA were eligible, including randomized controlled trials, cohort studies, and case-control studies. Two reviewers independently screened abstracts and full texts and extracted study demographic, PA, and clinical outcome data. Standardized mean differences (SMDs) and 95% confidence intervals were calculated for accelerometer- and pedometer-derived estimates of PA. Risk of methodological bias was assessed with Critical Appraisal Skills Programme checklists.

5つの電子データベースを用いて2015年3月3日にデータ抽出を行っております.

全ての研究で人工股関節全置換術(THA)・人工膝関節全置換術(TKA)前後における身体活動量を測定しており,無作為化比較試験,コホート研究,ケースコントロール研究が含まれております.

2名のレビュアーが抄録および全文をスクリーニングした後に,デモグラフィックデータ,身体活動量,臨床的アウトカムデータを抽出しております.

また加速度計および歩数計で測定された身体活動量のSMDと95%信頼区間を算出しております.

 

 

 

 

 

 

研究結果

Eight studies with a total of 373 participants (238 TKA, 135 THA) were included. Findings were mixed regarding improvement in objectively measured PA at 6 months after THA (SMDs, -0.20 to 1.80) and TKA (SMDs, -0.36 to 0.63). Larger improvements from 2 studies at 1 year postsurgery were generally observed after THA (SMDs, 0.39 to 0.79) and TKA (SMDs, 0.10 to 0.85). However, at 1 year, PA levels were still considerably lower than those of healthy controls (THA SMDs, -0.25 to -0.77; TKA SMDs, -1.46 to -1.80). Risk-of-bias scores ranged from 3 to 9 out of 11 (27%-82%) for cohort studies, and from 3 to 8 out of 10 (30%-80%) for case-control studies.

8研究,合計373例(TKA:239例・THA:135例)を対象としております.

術後6カ月の段階で人工股関節全置換術(THA)例および人工膝関節全置換術(TKA)例ともに術前後で有意な身体活動量の変化は得られておりません

術後1年の段階では2編の研究で身体活動量に有意な変化を認めておりますが,同年代の健常例に比較すると非常に低い身体活動レベルでありました.

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The best available evidence indicates negligible changes in PA at 6 months after THA or TKA, with limited evidence for larger changes at 1 year after surgery. In the 4 studies that reported control-group data, postoperative PA levels were still considerably less than those of healthy controls. Improved perioperative strategies to instill behavioral change are required to narrow the gap between patient-perceived functional improvement and the actual amount of PA undertaken after THA and TKA. Registered with PROSPERO (registration number CRD42014010155). Level of Evidence Therapy, level 2a. J Orthop Sports Phys Ther 2016;46(6):431-442. Epub 26 Apr 2016.

人工股関節全置換術(THA)および人工膝関節全置換術(TKA)後6カ月では身体活動量に有意な変化は無く,術後1年が経過すると大きな変化があるものの限られたエビデンスでありました.

対照群を設けた研究報告によると身体活動量は健常例に比較すると非常に少なく,機能改善にとどまることなく身体活動量の増加を目的とした行動変容技法を用いた介入が必要であると考えられます.

 

今回は変形性関節症に対するTHA・TKAは身体活動量を増加させるかを明らかにした論文をご紹介させていただきました.

理学療法士も膝関節機能改善のみならず,身体活動量に着目してアプローチを行うことが重要ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました