人工膝関節全置換術が日帰り手術になる?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術が日帰り手術になる?

20年前までは人工膝関節全置換術といえば全荷重が許可されるまでに数カ月を要しておりましたので,退院までに3カ月かかるなんてことも多かったわけですが,最近は術後早期荷重が当たり前となり,全国的にも2~3週のクリニカルパスで診療を行っている医療機関が多いと思います.

JOSKASなんかに参加すると2~3日のクリニカルパスに関する報告なんかもなされているので驚きです.

今回は人工膝関節全置換術が日帰り手術になる可能性を論じた研究論文をご紹介させていただきます.

man in blue t-shirt and blue cap holding black digital device

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Am Acad Orthop Surg. 2020 Aug 18. doi: 10.5435/JAAOS-D-20-00187. Online ahead of print.

Hospital Discharge Within a Day After Total Knee Arthroplasty Does Not Affect 1-Year Complications Compared With Rapid Discharge

Safa C Fassihi 1, Michael-Alexander Malahias, Alex Gu, Shawn S Richardson, Leonard T Buller, Seth Stake, Ivan De Martino, Neil Pathak, Aaron Z Chen, Michael P Ast, Peter K Sculco

Affiliations expand

PMID: 32826664 DOI: 10.5435/JAAOS-D-20-00187

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Introduction: In patients undergoing total knee arthroplasty (TKA), it is unclear whether a difference in complication rates exists between patients discharged the day of surgery compared with subsequent postoperative days.

この研究では人工膝関節全置換術(TKA)例を対象として,手術当日に退院したクライアントと術後数日が経過してから退院したクライアントにおける合併症の発生率に差があるかどうかを明らかにすることを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Data were collected from the PearlDiver Patient Records Database from 2007 to 2017. Subjects were identified using International Classification of Diseases codes. Eligible patients were stratified into the following three groups: (1) same day discharge (<24 hours postoperatively), (2) rapid discharge (1 to 2 days), and (3) traditional discharge (3 to 4 days) based on the length of stay.

2007年から2017年までのPearlDiver患者記録データベースからデータを収集しております.

対象は国際疾病分類コードを用いて同定しております.

対象は以下の3つのグループに層別化されております.

 

①手術同日退院(術後24時間未満)

②早期退院(1~2日)

③標準的退院(3~4日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: In total, 84,864 patients were identified as having undergone primary TKA. The incidence of same day discharge, rapid discharge, and traditional discharge was 2.36% (2,004/84,864), 28.56% (24,235/84,864), and 69.08% (58,625/84,864), respectively. After adjustment, no notable differences were observed in the overall complication and revision rates between the same day discharge group and either the rapid discharge or the traditional discharge group. On multivariate analysis, patients in the rapid discharge cohort were less likely to require manipulation under anesthesia or develop periprosthetic joint infection when compared with the traditional discharge group at 1 year postoperatively.

人工膝関節全置換術(TKA)例84,864例が最終的な対象となっております.

①同日退院,②早期退院,③標準的退院の割合はそれぞれ2.36%(2,004/84,864),28.56%(24,235/84,864),69.08%(58,625/84,864)となっております.

調整後,①同日退院,②早期退院,③標準的退院のいずれの間にも全体的な合併症率と再置換率に明らかな差は認められませんでした

多変量解析の結果,術後1年後の時点で,②早期退院したクライアントは③標準的退院を果たしたクライアントと比較して,麻酔下でのマニピュレーションが必要なクライアントや,関節周囲感染症を発症する可能性が低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusions: For those who qualify after careful selection, same day and rapid discharge TKA may be a feasible alternative to the traditional inpatient TKA.

人工膝関節全置換術(TKA)例の①同日退院または②早期退院は③標準的退院の代替となる可能性があります.

 

今回は人工膝関節全置換術が日帰り手術になる可能性を論じた研究論文をご紹介させていただきました.

国によって社会保険制度に差がありますので,一概に比較はできませんが,標準的な入院期間が3~4日というから驚きです.

今回の結果は3~4日の退院と比較すれば,同日または翌日退院でも合併症割合に差がないという結果ですので,日本の2~3週の在院期間と比較するとどうなるかわかりません.

また無作為に3群に割り付けられたわけではありませんので,問題なさそうな人が①・②に分類されていることを考えると,手術同日の退院が全例で可能といったわけではなさそうですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました