理学療法士・作業療法士の中途採用は厳しくなっている?

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士の中途採用は厳しくなっている?

理学療法士・作業療法士は国家資格を有する職業ですので,転職を繰り返す方も少なくありません.

ただ理学療法士・作業療法士もその数が増加し,以前に比較すれば引く手あまたといった状況ではなくなっているのも実際です.

そんな中で特に理学療法士・作業療法士の中途採用は厳しくなっているといった話も聞きます.

今回は理学療法士・作業療法士の中途採用は厳しくなっているのかといったお話です.

a man holds his head while sitting on a sofa

 

 

 

 

 

 

 

 

新卒か中途か?

理学療法士・作業療法士を採用する時に雇用者側は新卒者を採用しようか中途者を採用しようかといろいろと考えると思います.

新卒者を雇用する利点としては,人件費が安くて済むとか,変な知識を持っていないので管理者の思い通りに(?)教育できるなんて利点が挙げられます.

中途者だと人件費は高くなりますし,前の職場はこうでしたとか,ある程度色に染まっているところがありますので,管理者からすると扱いにくいといった印象を持たれることも多いようです.

中途者を雇用する利点としては,教育に時間を割かなくて済む即戦力になるなどの利点が挙げられます.

特に今年度は新型コロナウイルス感染拡大によって臨床実習が中止になっている養成校が多く,新卒者は全くクライアントと接した経験がないということもあり得ますので,通常よりも教育に時間を要する可能性が高いと考えられます.

 

 

 

 

 

 

 

 

中途採用者はどういった価値を提供できるかが重要

中途採用といってもヘッドハンティングのような場合もありますし,結局はその理学療法士・作業療法士が新しい職場でどれだけの価値を提供できるかが重要です.

どんな理由で前職を辞めたのか,前職でどんな経験を重ねてきたのか,新しい職場でどういった価値を提供できるのかといったところが求められます.

こういった点をきちんと明示できないと,中途採用者にとっては非常に転職が厳しくなるわけです.

中途採用者の方が人件費が高くなるわけですが,一方で理学療法士・作業療法士というのは診療報酬上の取得単位数というのは新人でも中途採用者でも大きく変わらないことが多いと思いますので,中途採用者ならでの価値を提供できないと転職というのはかなり厳しいということになってしまいます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職にあたって何が実績になるのか?

もちろん実務経験は大切ですが,実務経験以外にはっきり強みといえる武器を持っておく必要があります.

10年以上経験があっても,それまでの職場で何に力を入れて取り組んできたのかが明確に提示できないときついですよね.

部門や病棟の立ち上げの経験であったり,病棟やリハビリテーション部門のマネジメントに取り組んだとかそういったアピールできる経験を持っておくことって重要です.

こう考えると診療報酬上は現時点では特にインセンティブの無い認定理学療法士資格であっても,転職の際には役に立つかもしれません.

また呼吸療法認定士,介護支援専門員,心臓リハビリテーション指導士,糖尿病療養指導士とか理学療法・作業療法関連資格は転職に際してはかなりプラスになるでしょうね.

やっぱり資格というのは取っておいたにこしたことはありません.

また臨床実習指導経験であったり,今後であれば臨床実習指導者講習会への参加の有無なんかも評価のポイントになってくるでしょうね.

あとは学術活動でしょうね.

学会発表の経験とか,原著論文をいくつ持っているとか,こんなのも臨床ではあまり評価されないものですが,転職となると+αになることは言うまでもありません.

 

 

 

 

 

 

 

中途採用者が転職を有利に進めるには?

こう考えると中途採用者ほど求められるハードルが高く,面接や履歴書を通じて自分の価値をアピールすることが重要となります.

中途での転職を考えておられる理学療法士・作業療法士で自分をアピールできるか自信がないといった方は転職サイトを利用することをお勧めします.

転職サイトを利用すれば転職エージェントがあなたと面接を行い,面接を通じてあなたのこれまでの経験を振り返ったうえで,転職活動においてどのようにアピールすべきかについてアドバイスをいただけます.

日本人って自分に自信がない人が多いですし,客観的にみてどのように自己アピールすべきかといった意見をもらえるのはありがたいですよね.

転職サイトへの登録は無料ですので,転職活動に際してはまず転職サイトへ登録しておいて,エージェントと対話をしてみることをお勧めします.

結果的に転職サイトを通じて転職をしなくとも,エージェントとの面接を通じて最近の理学療法士・作業療法士界隈の転職事情や今の流れなどさまざまな情報を得ることができますので,今後の転職に活かすことができます.

今回は私が過去に利用したことのある転職サイトをいくつかご紹介させていただきます.

PTOTキャリアナビ




特にここは東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県の求人が豊富なので,関東圏で転職をお考えの方にはお勧めです.

LINEで情報を得られるのもありがたいですね.

また別サービスであん摩マッサージ指圧師,柔道整復師の方の転職サポートもされておりますので,理学療法士・作業療法士向けのみの転職サービスと比較すると介護施設やクリニックの求人が豊富です.

転職活動においてどのようにアピールすべきかがわからないといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですので要望を書き込んでおけば,あなたに合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

マイナビ

マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

マイナビに限ったことではありませんが,転職活動においてどのようにアピールすべきかがわからないといったポイントをエントリーシートに入力することが可能ですのでそういった要望を書き込んでおくことが重要となります.

あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

PTOT人材バンク

ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

転職活動においてどのようにアピールすべきかがわからないといったポイントを伝えておけば,あなたに必要なさまざまな情報をくださいますし,転職に関して職務履歴書の作成や面接対策などのサポートも頂けます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました