小転子骨片転位を合併した大腿骨転子部骨折例の長期的予後はいかに?

大腿骨近位部骨折
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小転子骨片転位を合併した大腿骨転子部骨折例の長期的予後はいかに?

大腿骨転子部骨折例については小転子骨片転位の合併によって腸腰筋の機能破綻が生じることが知られております.

このブログの中でも大腿骨転子部骨折例における小転子骨片転位の合併について取り上げさせていただきました.

 

大腿骨転子部骨折における小転子骨片転位の重要性
骨折型を判定する際には内側骨皮質の連続性に着目する必要があることは前回の記事でも述べたとおりです. 大腿骨転子部骨折例のリハビリテーション(理学療法)を行う上では,小転子骨片転位の有無と腸腰筋の機能低下に関して理解しておくことが重要です.

 

しかしながらこれまでに大腿骨転子部骨折例における小転子骨片転位による長期的な影響を明らかにした研究はあまりありませんでした.

今回は小転子骨片転位を合併した大腿骨転子部骨折例の長期的予後を明らかにした研究をご紹介させていただきます.

greyscale photo of woman standing behind woman sitting on chair

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Injury. 2020 Sep 3;S0020-1383(20)30709-9. doi: 10.1016/j.injury.2020.09.002. Online ahead of print.

The functional effect of lesser trochanter involvement in hip fractures: A prospective cohort study

Max P L van der Sijp 1, Lidwien Moonen 2, Inger B Schipper 3, Pieta Krijnen 3, Karel J du Pré 4, Arthur H P Niggebrugge 2

Affiliations expand

PMID: 32900470 DOI: 10.1016/j.injury.2020.09.002

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Introduction: Hip fractures are the most common fractures amongst frail older patients. Earlier studies have indicated an impaired hip flexion strength in patients with fractures that include detachment of the lesser trochanter. These patients may experience protracted functional impairment and longer recovery time, causing prolonged rehabilitation journeys. This study aimed to evaluate the effects of a detached lesser trochanter in trochanteric fractures on the recovery of hip function.

大腿骨近位部骨折は虚弱高齢者に最も多い骨折であります.

過去の研究では,小転子骨片の剝離骨折を合併した症例では股関節屈曲筋力が低下することが明らかにされております.

また小転子骨片が転移した症例では機能障害が長期化し,回復までの時間が長期化する可能性があります.

この研究では大腿骨転子部骨折例における小転子骨片の剥離が股関節機能の回復に及ぼす影響を評価することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Method: A prospective observational cohort study was performed between 2016 and 2019. Community dwelling patients aged 70 years or older with AO 31A1-A3 trochanteric fractures were included. Patients followed routine care and were treated with a DHS or PFNA. The groups with and without involvement of the lesser trochanter were analysed. The primary outcome was hip function assessed at 6 weeks, 3 months and 1 year after surgery with the Harris Hip Score. Secondary outcomes included the Ludloff’s test, complications, rehabilitation time, and pain-, independence-, and quality of life scores. A propensity score was used to adjust for any baseline differences between the two groups.

2016年から2019年に前向きコホート研究を実施しております.

AO分類で31A1-A3に該当する70 歳以上の大腿骨転子部骨折例を対象としております.

対象者はDHSまたはPFNAを用いた骨接合術を施行されております.

小転子骨片の剝離骨折がある群とない群に分類して比較を行っております.

主要アウトカムは,術後6週間,3ヶ月,1年後の股関節機能としHarris Hip Scoreを用いて評価を行っております.

サブアウトカムとして,Ludloffテスト,合併症,リハビリテーション時間,疼痛,自立,QOLを評価しております.

なお2群間のベースラインの差を調整するために,傾向スコアを用いております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: A total of 114 patients were included, 51 (44.7%) with involvement of the lesser trochanter and 63 (55.3%) without. Minor differences were observed in the baseline characteristics. No significant difference was observed for the Harris Hip Score (coefficient estimate: 3.31; 95% CI, -5.09-11.72; P = 0.43). The flexion function of the iliopsoas muscle was more often normal with the Ludloff’s test in patients without involvement of the lesser trochanter (OR, 2.33; 95% CI, 1.241-4.387; P = 0.009). However, no differences were observed for any of the other secondary outcomes.

合計114例が対象となり,そのうち51例(44.7%)に小転子骨片の剝離骨折を認めました.

小転子骨片の剝離骨折を認めない63例(55.3%)と比較を行っております.

ベースラインの特徴にはわずかな差が観察されております.

Harris Hip Scoreには有意差は認められませんでした(係数推定値:3.31;95%CI、-5.09-11.72;P = 0.43).

腸骨筋の屈曲機能は,小転子骨片の剝離骨折を認めない例ではLudloffのテストにおける正常の割合が有意に多い結果でありました(OR、2.33;95%CI、1.241-4.387;P = 0.009).

しかしながら他のサブアウトカムについては有意差は認められませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Although no differences in overall hip function were found, more hip fracture patients with involvement of the lesser trochanter showed prolonged impaired flexion of the hip. The absence of long-term, clinically relevant disadvantages however, proves fixing the lesser trochanter to be redundant.

股関節機能全体には差は認められませんでしたが,小転子骨片の剝離骨折を合併した大腿骨転子部骨折例では股関節の屈曲筋の機能低下が長期化していることが示されました.

しかし長期的には臨床的に関連したアウトカムに有意差がないことから小転子骨片の固定は不要であることも明らかとなりました.

 

今回は小転子骨片転位を合併した大腿骨転子部骨折例の長期的予後を明らかにした研究をご紹介させていただきました.

長期的に見ると股関節屈曲筋群の機能低下は残存するものの,他の機能で十分に代償できると考えることができる結果ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました