大腿筋膜張筋のストレッチングで内側広筋の筋活動が向上する?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大腿筋膜張筋のストレッチングで内側広筋の筋活動が向上する?

膝蓋骨脱臼や変形性膝関節症例を対象に理学療法を行う上では,膝蓋骨のマルトラッキングが問題となることが少なくありません.

膝蓋骨の外方偏位は膝蓋大腿関節障害をはじめとするさまざまな問題を引き起こしますので,膝蓋骨外側支持機構の柔軟性を向上させるとともに内側広筋の筋活動を向上させるアプローチが行われます.

今回は大腿筋膜張筋のストレッチングで内側広筋の筋活動に与える影響を調査した報告をご紹介させていただきます.

これを知っておくと臨床の幅が広がると思いますので,理学療法士・作業療法士は必見ですね.

woman in black lingerie holding white bottle

woman in black lingerie holding white bottle

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Phys Ther Sci. 2020 Mar;32(3):223-226. doi: 10.1589/jpts.32.223. Epub 2020 Mar 11.

Muscle activity of the vastus medialis obliquus during squat motion after static stretching of the tensor fasciae latae

Yuki Ohyama 1 2, Takehiko Yamaji 1, Ena Sato 1, Hideomi Watanabe 1

Affiliations expand

PMID: 32184537 PMCID: PMC7064357 DOI: 10.1589/jpts.32.223

今回ご紹介する論文は2020年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

The purpose of this study was to investigate the changes of muscle activity during squat motion after stretching the tensor fasciae latae muscle.

この研究では大腿筋膜張筋のストレッチがのスクワット動作時の大腿四頭筋の筋活動変化に与える影響を明らかにすることとなっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

The participants comprised 19 healthy males. The test muscles were the vastus medialis obliquus and vastus lateralis. The participants performed the squat motion before and after stretching the tensor fasciae latae. We measured the muscle activities and the onset timing of the vastus medialis obliquus relative to that of the vastus lateralis during squat motions.

対象は健常男性19例となっております.

被検筋は内側広筋斜頭と外側広筋となっております.

大腿筋膜張筋のストレッチ前後でスクワット運動を行い,内側広筋斜頭と外側広筋の筋活動との関連性を調査しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

The onset timing of the vastus medialis obliquus relative to that of the vastus lateralis was decreased, and the vastus medialis obliquus activity and vastus medialis obliquus/vastus lateralis activity ratio were increased after stretching the tensor fasciae latae.

大腿筋膜張筋をストレッチした後に,外側広筋に対する内側広筋斜走線維の収縮のタイミングが遅延し,内側広筋斜頭の筋活動量が増加し,外側広筋に対する内側広筋斜頭の筋活動が増加しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

This study revealed that stretching of the tensor fasciae latae increases the relative vastus medialis obliquus muscle activity.

この研究結果から大腿筋膜張筋のストレッチによって相対的な内側広筋の活動性を増加させることが可能であることが明らかとなりました.

 

今回は大腿筋膜張筋のストレッチングで内側広筋の筋活動に与える影響を調査した報告をご紹介させていただきました.

大腿筋膜張筋のストレッチングで膝蓋骨外側のtightnessが改善し膝蓋骨の外方偏位を改善させることが内側広筋の筋活動を増加させることに繋がるのですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました