変形性股関節症の疼痛部位ってどこが多いか知ってますか?

変形性股関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

変形性股関節症の疼痛部位ってどこが多いの?

理学療法士・作業療法士の皆様も変形性股関節症例を担当する機会は少なくないと思います.

変形性股関節症例の週として最も多いのが疼痛ですが疼痛の出現する部位もさまざまです.

もちろん疼痛の部位によって疼痛の原因も異なるわけですが,理学療法士・作業療法士も変形性股関節症例の疼痛が出現しやすい部位を知っておくことが重要となります。

今回は変形性股関節症の疼痛部位についてまとめた報告をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Fam Pract. 2016 Dec;33(6):601-606. doi: 10.1093/fampra/cmw071. Epub 2016 Aug 18.

Pain Distribution in Primary Care Patients With Hip Osteoarthritis

Erik Poulsen 1, Søren Overgaard 2 3, Jacob T Vestergaard 4, Henrik W Christensen 4, Jan Hartvigsen 5 4

Affiliations expand

PMID: 27538424 DOI: 10.1093/fampra/cmw071

今回ご紹介する論文は2016年に掲載された比較的新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景

Background: Hip osteoarthritis (OA) is the most common diagnosis in primary care adult patients presenting with hip pain but pain location and pain distribution in primary care patients with hip OA have been reported inadequately.

変形性股関節症は股関節痛を有する高齢者に最も多い疾患ですが,変形性股関節症例の疼痛部位と分布に関する報告はあまり多くないのが現状です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の目的

Objective: To describe pain location and pain distribution in primary care patients with clinical and radiographic confirmed hip OA.

この研究では臨床的およびX線画像で変形性股関節症が確認された高齢者における疼痛部位と疼痛分布を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Primary care patients with unilateral clinical and radiographic hip OA living on the island of Funen, Denmark were recruited from primary care to participate in a randomized clinical trial. At baseline, patients recorded pain intensity using an 11-box numeric rating scale and the distribution of hip pain using a manikin displaying three separate views: front, back and lateral. Pain drawings were analysed using a template to determine the most frequent pain locations and distribution of pain.

デンマークのFunen島在住の,片側性変形性股関節症例(X線画像による診断)の中から無作為化臨床試験に参加した症例のデータを収集した.

無策化比較試験におけるベースラインデータの中から,クライアントの疼痛の強さについてNRS(11段階の数値評価スケール)を用いて評価を行っております.

また正面・背面・側面の3次元のマネキンを使用して,股関節の疼痛分布を記録しております.

疼痛分布についてはテンプレートを用いて分析され,最も頻度の高い疼痛部位と痛みの分布を決定しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Pain drawings were completed by 109 patients of which 108 (99%) were valid. The mean age of patients was 65 (SD 9) years and 44% were females. The mean pain intensity was 5.4 (SD 2.0). A total of 77% had marked the greater trochanter area, 53% the groin area, 42% the anterior/lateral thigh area, 38% the buttock area, 17% the knee and 15% the lower leg area. No patients marked pain exclusively in the areas of the knee, posterior thigh or lower leg.

疼痛分布については109例の変形性股関節症が記録を行っておりますが,そのうち108例(99%)のデータが有効でありました.

対象者の平均年齢は65±9歳で,44%が女性でありました.

平均疼痛強度は5.4±2.0であり,77%が大転子部,53%が鼠径部,42%が大腿部前側・側方部,38%が臀部,17%が膝,15%が下腿部に最も強い疼痛を訴えておりました.

なお膝関節,大腿後面,下腿後面のみに痛みを示す例は存在しませんでした.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: The most common pain locations of patients with hip OA presenting to primary care are the greater trochanter, groin, thigh and buttock areas. No patients recorded pain exclusively in the knee or lower leg.

変形性股関節症例の最も一般的な疼痛部位は,大転子部・鼡径部・大腿部・臀部でありました.

膝関節,大腿後面,下腿後面のみに痛みを示す例は存在しませんでした.

 

今回は変形性股関節症の疼痛部位についてまとめた報告をご紹介させていただきました.

大転子・鼠径部の疼痛が多いといった結果は私の印象と同じでありましたが,膝関節・下腿部に疼痛を訴える症例も少なくないと言える結果だと思います.

理学療法士・作業療法士はこれらの疼痛頻出部位を把握した上で,疼痛の原因を考えることが重要ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました