人工膝関節全置換術(TKA)後にはどのくらいの時期から自動車運転を再開すべきなの?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)後にはどのくらいの時期から自動車運転を再開すべきなの?

理学療法士・作業療法士であればクライアントから「運転はいつから行ってもいいですか?」なんて問われる機会は少なくないと思います.

理学療法士・作業療法士であれば「医師に聞いて下さい」なんていうのが鉄板の回答だと思いますが,実際に人工膝関節全置換術からどのくらい経過すれば安全な運転が可能となるのでしょうか?

今回は人工膝関節全置換術例における自動車運転に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきます.

man driving a car wearing wrist watch

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Review J Arthroplasty. 2018 Jan;33(1):284-290.e1. doi: 10.1016/j.arth.2017.08.012. Epub 2017 Aug 31.

Braking Time Following Total Knee Arthroplasty: A Systematic Review

Jeffrey Hartman 1, Patrick Thornley 1, Stephan Oreskovich 1, Anthony Adili 1, Asheesh Bedi 2, Moin Khan 3

Affiliations expand

PMID: 28927563 DOI: 10.1016/j.arth.2017.08.012

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された比較的新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景・目的

Background: Currently, no guidelines exist to assist surgeons in providing recommendations to patients undergoing total knee arthroplasty (TKA) on when it is safe to return to driving. The purpose of this systematic review is to analyze the best available literature to assist surgeons in providing evidence-based recommendations on when it is safe to return to driving after TKA.

現在のところ,人工膝関節全置換術(TKA)例がいつ自動車運転を再開すれば安全なのかといった点に関するガイドラインは存在しません.

このシステマティックレビューでは,人工膝関節全置換術(TKA)後に運転に復帰しても安全な時期について,外科医が科学的根拠に基づいた推奨事項を提供できるように,利用可能な文献を分析することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

Methods: Following established methodology for the conduct of systematic reviews, a literature search was performed for prospective studies on driving after TKA. Two reviewers screened citations for inclusion, assessed methodological quality, and extracted data.

システマティックレビューを実施するための確立された方法に沿って,人工膝関節全置換術(TKA)後の運転に関する前向き研究の文献検索を行っております.

2人のレビュアーが引用文献をスクリーニングし,方法論の質を評価しデータを抽出しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

Results: Nine studies with 330 subjects met the inclusion criteria. Normalization of brake response time, movement time, and reaction time to preoperative baseline was assessed by pooling data across studies between 0 and 4 weeks and >4 weeks after TKA. Patients who underwent left TKA and right TKA showed normalization by 2 and 4 weeks, respectively. The limited studies that evaluated brake response time, movement time, and reaction time prior to 2 weeks postoperatively also showed normalization to preoperative levels.

文献検索の結果,330例の人工膝関節全置換術(TKA)例を対象とした9件の研究が包含基準を満たしておりました.

ブレーキ反応時間・移動時間・反応時間の術前ベースラインへの正規化は,TKA後0~4週間と4週間以上の研究間のデータをプールすることで評価が行われております.

左人工膝関節全置換術(TKA)と右人工膝関節全置換術(TKA)を行ったクライアントでは,それぞれ2週目と4週目までにブレーキ反応時間・移動時間・反応時間の正常化が確認されております.

また術後2週間でブレーキ反応時間・運動時間・反応時間の術前レベルへの正常化が認められております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Conclusion: Patients with right TKA have normalization of braking time by 4 weeks, and normalization is as early as 2 weeks following left TKA. Surgeons must consider these recommendations and other patient factors that determine fitness to drive prior to deeming a patient safe to return to driving.

右人工膝関節全置換術(TKA)では4週間までにブレーキ時間の正常化がみられ,左人工膝関節全置換術(TKA)では術後2週間で正常化がみられることが明らかとなりました.

外科医はクライアントの運転復帰を安全と判断する前に,これらの推奨事項と運転適性を決定する他の患者要因を考慮するひつようがあります.

 

今回は人工膝関節全置換術例における自動車運転に関するシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました.

理学療法士・作業療法士が運転再開を考える際にはまず左右のどちらの膝関節に対して人工膝関節全置換術(TKA)が行われたかを考えると思いますが,左側の場合には術後2週で右足の場合には術後4週でブレーキ反応時間が術前と同等になるといった結果でありました.

これはわれわれ理学療法士・作業療法士が人工膝関節全置換術(TKA)例を対象として自動車運転に関する指導を行う上でも参考になる結果ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました