人工膝関節全置換術例に対する術前の疼痛に関する神経科学的教育は有効か?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術例に対する術前の疼痛に関する神経科学的教育は有効か?

近年,人工膝関節全置換術例の術後疼痛に影響を与える要因として破局的思考をはじめとする疼痛の捉え方に注目が集められております.

では術前から疼痛の捉え方を変えていくような理学療法介入を行うと,人工膝関節全置換術後の疼痛にも改善が得られるのでしょうか

今回は人工膝関節全置換術例に対する術前の疼痛に関する神経科学的教育は有効か否かを明らかにした論文をご紹介させていただきます.

person holding pencil near laptop computer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

Clin Rehabil. 2019 Nov;33(11):1722-1731. doi: 10.1177/0269215519857782. Epub 2019 Jun 19.

A controlled clinical trial of preoperative pain neuroscience education for patients about to undergo total knee arthroplasty.

Louw A, Puentedura EJ, Reed J, Zimney K, Grimm D, Landers MR.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究目的

The aim of this study was to determine if a preoperative pain neuroscience education program would result in superior outcomes compared to usual preoperative education for total knee arthroplasty.

この研究では人工膝関節全置換術例に対する術前の疼痛に関する神経科学的教育が有効か否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究デザイン

Controlled clinical trial with alternating allocation.

研究デザインは交互割り付けによる臨床比較試験となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の対象

Consecutive sample of 120 patients scheduled for total knee arthroplasty.

対象は人工膝関節全置換術が予定されている連続120例となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介入

Traditional hospital preoperative total knee arthroplasty education program on its own, or with an additional 30-minute group pain neuroscience education session.

昔から病院で行われる人工膝関節全置換術例に対する術前の教育プログラムとこれに追加して30分間,疼痛に関する神経科学的教育を行っております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主要アウトカム

Primary outcomes were measurements at one, three, and six months for pain, function, fear of movement, and pain catastrophization. We also compared opioid usage, healthcare expenses, and patient satisfaction between groups.

主要アウトカムは,術後1か月,3ヶ月,6か月の疼痛,機能,活動に対する恐怖感,破局的思考となっております.

加えてオピオイドの使用量,健康管理に要した費用,患者満足度を介入を行った群と行っていない群で比較をしております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

There were no statistically significant differences in any outcome measures between the two groups over time, except for patient satisfaction. Those in the experimental group had more agreement with statements about “preparation for surgery” (P = .038), “would do again” (P = .032), and “met expectations” (P = .033) compared to those in the control group averaged over the three measurement times. Patients improved in several outcome measures over time regardless of group assignment, with a 34% improvement in pain, 36% improvement in function, 16% improvement in fear of movement, and 23% improvement in pain catastrophization scores.

患者満足度を除いては,2群間で有意差が見られたアウトカムは無いといった結果でありました.

介入群は手術に対する準備,最終術に対する意志,結果予期に対する一致が対照群に比較して有意に良好でありました.

介入群・対照群を問わず,疼痛は34%,機能は36%,活動に対する不安は16%,破局的思考は23%改善しておりました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

Adding a brief 30-minute pain neuroscience education session to a traditional preoperative total knee arthroplasty education program did not result in any significant improvements, except patient satisfaction.

疼痛神経科学に基づく患者教育は従来の人工膝関節全置換術例における術前教育に比較して,患者満足度を除いては人工膝関節全置換術後のアウトカムに影響を与えないことが明らかとなりました.

 

今回は人工膝関節全置換術例に対する術前の疼痛に関する神経科学的教育は有効か否かを明らかにした論文をご紹介させていただきました.

破局的思考が人工膝関節全置換術後のアウトカムに影響を与えるといった観察研究データは多く散見されますが,こういった介入研究はまだまだ少ないのが実際です.

Negative dataではありますが,教育手法にも様々な方策が考えられると思います.

今後は疼痛の神経科学的な教育手法の中でどういった手法がアウトカム改善に有効なのかといった視点で研究がすすめられることを期待したいですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました