修正版30秒起立-着座テスト:起立着座テストが困難な高齢者に対する新しいテストの考案-信頼性・妥当性の検証-

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

修正版30秒起立-着座テスト:起立着座テストが困難な高齢者に対する新しいテストの考案-信頼性・妥当性の検証-

介護予防事業等で高齢者の筋力を測定する場合には,握力や等尺性膝伸展筋力等の危機が用いられる場合もありますが,地域のフィールドで筋力テスト(正確には筋パワー)として行われることが多いのが30秒間椅子立ち上がりテスト(CS-30)です.

また5秒間立ち上がりテストなんていうのも本邦では多く用いられます.

ただこういったテストって虚弱高齢者には運動負荷が過大であり,テストの実施が難しいといった印象を受けます.

今回は従来の起立着座テストが困難な高齢者に対する新しいテストとして考案された修正版30秒起立-着座テストについて妥当性・信頼性を検討した論文を紹介させていただきます.

orange plastic armchair

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介する論文

J Geriatr Phys Ther. 2019 Feb 21. doi: 10.1519/JPT.0000000000000227. [Epub ahead of print]

Modified 30-Second Sit-to-Stand Test: Reliability and Validity in Older Adults Unable to Complete Traditional Sit-to-Stand Testing.

McAllister LS1, Palombaro KM2.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載れた比較的新しい内容です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の背景および目的

Sit-to-stand tests measure a clinically relevant function and are widely used in older adult populations. The modified 30-second sit-to-stand test (m30STS) overcomes the floor effect of other sit-to-stand tests observed in physically challenged older adults. The purpose of this study was to examine interrater and test-retest intrarater reliability for the m30STS for older adults. In addition, convergent validity of the m30STS, as well as responsiveness to change, was examined in older adults undergoing rehabilitation.

起立-着座テストは臨床的にも高齢者を対象とした筋機能の評価法として広く使用されております.

修正版30秒起立-着座テストは身体的に問題のある高齢者を対象として評価を行う場合にも,床効果が生じないといった利点があります.

この研究では30秒起立-着座テストの高齢者に対する信頼性,妥当性を明らかにすることを研究の目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の方法

In phase I, 7 older adult participants were filmed performing the m30STS. The m30STS was standardized to allow hand support during the rise to and descent from standing but required participants to let go of the armrests with each stand. Ten physical therapists and physical therapist assistants independently scored the filmed m30STS twice, with 21 days separating the scoring sessions. In phase II, 33 older adults with comorbidities admitted to physical therapy services at a skilled nursing facility were administered the m30STS, Berg Balance Scale, handheld dynamometry of knee extensors, and the modified Barthel Index at initial examination and discharge.

第1相では7例の高齢者が修正版30秒起立-着座テストを遂行しております.

修正版30秒起立-着座テストは椅子のアームレストを上肢で支持することが許容されております.

従来のCS-30とか5秒間椅子立ち上がりテストというのは上肢の支持は無しというのが条件となっております.

10名の理学療法士および理学療法士助手が修正版30秒起立-着座テストを2回ずつ評価しております.

第2相では33例の合併症を有する老人ホームへ入所中の高齢者を対象としており,修正版30秒起立-着座テストに加えて,Berg Balance Scale,ハンドヘルドダイナモメーターを使用して等尺性膝伸展筋力,修正版Barthel Indexを初回・退院時に評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結果

In phase I, the m30STS was found to be reliable. Interrater reliability using absolute agreement was calculated as intraclass correlation coefficient (ICC)2,1 = 0.737 (P ≤ .001). Test-retest intrarater reliability using absolute agreement was calculated as ICC2,k = 0.987 (P ≤ .001). In phase II, concurrent validity was established for the m30STS for the initial (Spearman ρ= 0.737, P = .01) and discharge (Spearman ρ= 0.727, P = .01) Berg Balance Scale as well as total scores of the modified Barthel Index (initial total score Spearman ρ= 0.711, P = .01; discharge total score Spearman ρ= 0.824, P = .01). The initial m30STS predicted 31.5% of the variability in the discharge Berg Balance Scale. The m30STS did not demonstrate significant correlation with body weight-adjusted strength measures of knee extensors measured by handheld dynamometry. The minimal detectable change (MDC90) was calculated to be 0.70, meaning that an increase of 1 additional repetition in the m30STS is a change beyond error.

第1相では修正版30秒起立-着座テストの高い信頼性が確認されました.

修正版30秒起立-着座テストのICCは0.737,0.987でありました.

第2相では修正版30秒起立-着座テストの高い妥当性も確認されており,Berg Balance Scale,修正版Barthel Indexとの有意な強い相関関係を認めております.

ちなみにハンドヘルドダイナモメーターを用いた膝伸展筋力とは有意な関連は認めておりません.

算出した最小可検変化量は0.70であり,1回回数が増えると明らかに機能改善がみられていると解釈できます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研究の結論

The m30STS is a reliable, feasible tool for use in a general geriatric population with a lower level of function. The m30STS demonstrated concurrent validity with the Berg Balance Scale and modified Barthel Index but not with knee extensor strength to body weight ratio. One repetition of the m30STS was established as the MDC90 as change beyond error.

修正版30秒起立-着座テストは信頼性が高く,虚弱高齢者を対象として使用する上でも汎用性の高い評価であると考えられます.

修正版30秒起立-着座テストはBerg Balance scaleやBarthel Indexとの関連性は高い結果でありましたが,膝伸展筋力との有意な関連は認めませんでした.

 

今回は従来の起立着座テストが困難な高齢者に対する新しいテストとして考案された修正版30秒起立-着座テストについて妥当性・信頼性を検討した論文を紹介させていただきました.

確かにCS-30等は困難な虚弱高齢者が多いので,こういった虚弱高齢者向けの筋力テストの必要性を感じますが,結果が残念なのは膝伸展筋力と有意な相関が無いといった点です.

やはり上肢を使用すると上肢の筋力も含めた総合的なパフォーマンスを評価している尺度になるのでしょうか?

また本邦でもFrail CS-10等が報告されておりますが,この手の虚弱高齢者向けの起立-着座テストとしてゴールドスタンダードになるようなものを1本化していただくと使用する方も使用しやすいと感じました.

コメント

タイトルとURLをコピーしました