新人理学療法士・作業療法士が使えない

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

新人理学療法士・作業療法士が使えない

4月になり皆様の職場にも新人理学療法士・作業療法士が入職されてきたことと思います.

皆様の職場にもこんな理学療法士・作業療法士いませんか?

「新人理学療法士・作業療法士は使えない」と愚痴を言ったり,新人理学療法士・作業療法士にやたらと厳しい理学療法士・作業療法士っていますよね?

自分のことは棚に上げておいて,入ってきたばかりの新人理学療法士・作業療法士の陰口ばかり言ってる理学療法士・作業療法士…

今回は新人理学療法士・作業療法士が使えないといった愚痴に関して考えてみたいと思います.

person holding pencil near laptop computer

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに新人理学療法士・作業療法士はすぐには仕事ができない

確かに入職してきたばかりの理学療法士・作業療法士がすぐに仕事ができるわけはありません.

自分自身がアルバイトをした経験があればわかるとおもいますが,経験的な高いスキルを必要としない仕事であっても,仕事に慣れて効率よく仕事を行えるようになるまでには時間がかかります.

簡単なアルバイトでも時間がかかるのですから,障害を持ったクライアントに対峙する理学療法士・作業療法士の仕事内容を考えれば時間がかかっても当然です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が使えないといった愚痴の弊害

先輩理学療法士・作業療法士が「あいつは覚えが悪い,使えない」と愚痴ってばかりだと,職場自体にもイメージが定着してしまいます.

間違いなく新人が働いていきたい職場環境ではなくなってしまいます.

むしろ使えないのはそういった愚痴を言っている理学療法士・作業療法士だったりします.

新人理学療法士・作業療法士に対して使えないなどの悪口ばかり言う人は,育ちが悪いのか,自分自身がそうやって教育をされてきた可能性が高いです.

そういった理学療法士・作業療法士に新人教育に携わる資格は無いと思いますし,そういった理学療法士・作業療法士が教育担当になった場合には,新人理学療法士・作業療法士も不運としか言いようがありません.

そもそも新人理学療法士・作業療法士が使えない状態になったのは,指導者や先輩の理学療法士・作業療法士であったり,管理者の理学療法士・作業療法士の責任であるということを肝に銘じておく必要があります.

確かに最近はコミュニケーション能力の低い若者も増えてきているのかもしれませんが,そういったキャラクターも含めて指導をしたり育成をしたりするのが同じ職場に所属する理学療法士・作業療法士の責任なのです.

教育体制も含めて考える必要がありますので,決してプリセプターの理学療法士・作業療法士だけの責任ではありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人理学療法士・作業療法士が使えないと思うのであればどう教育すべきかを考えるべき

新人理学療法士・作業療法士が使えないと愚痴っている理学療法士・作業療法士に限って,特にこれといった解決策をもっているわけでもなくただ愚痴っているだけのことが多いと思います.

仮に新人理学療法士・作業療法士が覚えが悪い,使えないと感じるのであれば,新人理学療法士・作業療法士を成長させるためにはどうすればよいのかを考える必要があります.

愚痴を言っているだけでは何も変わりません

 

今回は新人理学療法士・作業療法士が使えないといった愚痴に関して考えてみました.

新人教育担当になるといろいろとやるせない経験をすることもあると思いますが,4月から希望を胸に入職した新人理学療法士・作業療法士達です.

大切な戦力としてしっかりと育て上げることが,組織としての成長ならびに自分の仕事を減らせるのだと信じて,新人教育に励みましょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました