理学療法士・作業療法士が年収1000万の収入を稼ぐことは可能なのか?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

理学療法士・作業療法士が年収1000万の収入を稼ぐことは可能なのか?

理学療法士・作業療法士の給与についてはこのブログの中でも何度も取り上げてきました.

私のブログをご覧いただいている方からも,給与が安いなんて言うのは当たり前で,もっと明るい話題提供をといったご意見をいただきましたので,今回は理学療法士・作業療法士といったリハビリ職が年収1000万円を達成することが現実的に可能かどうかについて考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理学療法士・作業療法士が年収1000万円を稼ぐことは可能なのでしょうか?

理学療法士・作業療法士の場合には,平均的な給与が400万円程度と言われております.

仮に年収500万円を狙うとしても,職場によってはその病院のリハビリ部門や責任者クラスでようやく一般企業における平均程度の年収に達するといった状況であり,結論から申し上げると理学療法士・作業療法士として,病院や施設で雇用されている以上,年収1000万円を達成するのはまず難しいと言わざるを得ないのが現状だと思います.

職場によっては,待遇が良かった時代からずっと同じ職場で働き続け,今でも待遇が変わらない勤務先も存在するのも事実ですが,診療報酬が削減されている現在では理学療法士・作業療法士新卒者の給与体系も変化してきており,新卒~中堅セラピストはもちろん,経験年数が20年を超える理学療法士・作業療法士であっても,昨今の給与体系では500万円以上の収入を得るのが難しい時代となってきています.

結論から言えば,普通に病院や施設に雇用されているだけでは,理学療法士・作業療法士が年収1000万円を達成するのは不可能に近いと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

副院長職や経営職に就く

上述したように理学療法士・作業療法士が普通に病院や施設に雇用されているだけでは,理学療法士・作業療法士が年収1000万円を達成するのは不可能に近いです.

実は理学療法士・作業療法士は病院の中で副院長職までであれば職に就くことができます.

仮に理学療法士・作業療法士が副院長や事務長職などの役職を得られれば,年収1000万円というのも可能になるかもしれません.

ごく少数ではありますが,私の知る限りでも回復期リハビリテーション病院の副院長や経営に関連するポストに就いている有能な理学療法士・作業療法士も存在します.

こういった方々は年収が1000万円を超えている場合もあるでしょう.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学教授を目指す

もう1つ理学療法士・作業療法士が年収1000万円を達成する方法としては,臨床以外で働くといった道が挙げられます.

残念ながら専門学校の教員クラスだと学科長や副校長まで成りあがったとしても年収1000万円は厳しいですが,私立大学の教授クラスであれば,年収が1000万円を超えるといった場合もあります

ただ皆様もお分かりの通り,大学の教授になるなんていうのは並大抵の努力では厳しいことは言うまでもありません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業する

これもかなり難易度の高い選択肢にはなりますが,自由診療の枠の中で理学療法士・作業療法士として起業して1000万円以上の年収を稼ぎだしている理学療法士・作業療法士も少なからず存在します.

ただ起業しても失敗に終わったといった理学療法士・作業療法士が多いのも実際ですので,起業で成功して1000万円以上の年収を手にしている理学療法士・作業療法士というのはほんの一握りの理学療法士・作業療法士であるといったのが実情ですし,継続的に1000万円以上を稼ぎ続けるということになるとそんな簡単なものではありません.

またコロナウイルスパンデミックによる理学療法士・作業療法士の運営する事業所の苦労をみると企業というのは改めて甘くないなと感じるわけです.

 

今回は理学療法士・作業療法士といったリハビリ職が年収1000万円を達成することが現実的に可能かどうかについて考えてみました.

もっと明るい話題をと思って考えてみましたが,理学療法士・作業療法士が年収1000万円以上を稼ぐというのは簡単ではありません.

ただ実際に年収1000万円を達成している理学療法士・作業療法士が存在する以上,可能性は0ではないということは言えると思います.

ただ社会的にも自由診療の需要というのは非常に高まっておりますし,最近ではyoutuberとして活躍する理学療法士・作業療法士も増えてきております.

このように理学療法士・作業療法士の働き方が大きく変化する中で,いち早く新しい市場に参入し,そこで成功を収めることができれば理学療法士・作業療法士が年収1000万円を達成するのもまったくの夢物語ではないのだと思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました