夜間頻尿が高齢者の転倒・骨折に与える影響

介護予防
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 夜間頻尿が高齢者の転倒・骨折に与える影響 

理学療法士・作業療法士が関わる高齢者の中には夜間頻尿を合併した方というのは多いと思います.

中には夜間に10回以上,トイレへ移動する機会のある高齢者も少なくありません.

理学療法士・作業療法士の多くが,夜間の移動機会が増えると,転倒や骨折の危険性が高まるのではないかと考えられると思いますが,これって本当なのでしょうか?

今回は夜間頻尿が高齢者の転倒・骨折に与える影響を調査したシステマティックレビューならびにメタアナリシスをご紹介させていただきます.

man and woman comfort room

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

J Urol. 2019 Jul 26:101097JU0000000000000459. doi: 10.1097/JU.0000000000000459. [Epub ahead of print]

The Impact of Nocturia on Falls and Fractures: A Systematic Review and Meta-Analysis.

Pesonen JS1,2, Vernooij RWM3, Cartwright R4,5, Aoki Y6, Agarwal A7, Mangera A8, Markland AD9,10, Tsui JF11, Santti H12, Griebling TL13, Pryalukhin AE14,15, Riikonen J2, Tähtinen RM16, Vaughan CP10,17, Johnson TM 2nd10,17, Heels-Ansdell D18, Guyatt GH18,19, Tikkinen KAO12,20.

今回ご紹介する論文は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

Although nocturia is associated with various comorbidities, its impact on falls and fractures remains unclear. We performed a systematic review and meta-analysis to evaluate the association between nocturia with falls and fractures, both as a prognostic and causal risk factor.

夜間頻尿はさまざまな合併症との関連が明らかにされておりますが,転倒や骨折との関連性については明らかではありません.

この研究ではシステマティックレビュー・メタアナリシスの手法を用いて夜間頻尿と転倒・骨折との関連性を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

We searched PubMed, Scopus and CINAHL and abstracts of major urologic meetings up to December 31, 2018. We conducted random effects meta-analyses of adjusted relative risks (RR) of falls and fractures. We applied the GRADE approach to rate the quality of evidence for nocturia as a prognostic and causal factor of falls and fractures.

複数のデータベースを用いて,調査が行われております.

また夜間頻尿と転倒・骨折との関連氏に土江GRADEアプローチを用いてエビデンスの質を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Of 5230 potential reports, nine observational longitudinal studies provided data on the association between nocturia and falls or fractures (1 for both, 4 for falls, 4 for fractures). Pooled estimates demonstrated a risk ratio of 1.20 (95% confidence interval 1.05-1.37; I2=51.7%; annual risk difference 7.5% among the elderly) for association between nocturia and falls and 1.32 (95% confidence interval 0.99-1.76; I2=57.5%; annual risk difference 1.2%) for association between nocturia and fractures. Subgroup analyses showed no significant effect modification by age, gender, follow-up time, nocturia case definition or risk of bias. We rated the quality of evidence for nocturia as a prognostic factor as moderate for falls and low for fractures, and as very low as a cause of falls/fractures.

5230論文の中から夜間頻尿と転倒・骨折に関連する9つの縦断的研究を抽出しております.

夜間頻尿を有する高齢者は夜間頻尿の無い高齢者に比較して1.2倍転倒しやすく,1.3倍骨折しやすいことが明らかとなりました.

サブ解析の結果,年齢・性別・夜間頻尿の種類,フォローアップ期間には有意な関連を認めておりません.

またエビデンスの質の評価を行った結果,夜間頻尿と転倒との関連におけるエビデンスの質は中等度であり,骨折との関連におけるエビデンスの質は低い結果でありました.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

Nocturia is probably associated with an approximately 1.2-fold increased risk of falls and possibly with an approximately 1.3-fold increased risk of fractures.

夜間頻尿を有する高齢者は夜間頻尿の無い高齢者に比較して1.2倍転倒しやすく,1.3倍骨折しやすいことが明らかとなりました.

 

今回は夜間頻尿が高齢者の転倒・骨折に与える影響を調査したシステマティックレビューならびにメタアナリシスをご紹介させていただきました.

この結果を踏まえると,薬物療法をはじめとした夜間頻尿の治療を第一に行うことが転倒・骨折予防につながると考えられます.

また夜間頻尿のある場合にはポータブルトイレを使用する等の対策を理学療法士・作業療法士の評価のもとで行うことが重要であると考えられます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました