理学療法士・作業療法士の給料はなぜ安いのか?

働き方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 理学療法士・作業療法士の給料はなぜ安いのか? 

理学療法士・作業療法士の悩みの1つとして,収入が低く,今後の生活が不安であるといった悩みが挙げられます.

でも理学療法士・作業療法士の給料ってなぜ安いのでしょうか?

理学療法士・作業療法士の給料が安い理由には様々な原因が考えられます.

今回は,なぜ理学療法士・作業療法士の給料が安いのかについて考えてみたいと思います.

fan of 100 U.S. dollar banknotes

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士数が多い 

まず基本的なところですが,日本の中で医療や介護に使える費用というのは決まっております

イメージ的には,この決められた医療費や介護費を医師・看護師・薬剤師といったさまざまな職種で分配すると考えると分かりやすいと思います.

ご存じのとおり,理学療法士・作業療法士というのは医師・看護師に比較すると政治力が乏しいので,当然決められた一定の金額の医療費・介護費の中から分け与えられる取り分も少ないわけです.

この少ない取り分を理学療法士・作業療法士で分配することをイメージすると分かりやすいわけですが,昨今の理学療法士・作業療法士の増加を考えれば,少ない費用をより多くの理学療法士・作業療法士で分配することになりますので,理学療法士・作業療法士が増えれば増えるほど稼ぎは少なくなってしまうわけです.

稼ぎが少なければ給料が安くなるもの当然です.

最近はやりの自費サービスなんかはこの医療費や介護費用の枠を超えた市場になりますので,自費サービスの場合には他の職種と費用を分配したり,増加する理学療法士・作業療法士と費用を分配する必要もないわけです.

 

増える自費リハビリ
自費リハビリって最近よく耳にしますよね?自費リハビリサービスを提供する理学療法士は年々増えておりますが,そのメリット・デメリットについてご存知でしょうか?今回は最近増えている自費リハビリについて考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士の売り上げ自体が少ない 

「リハビリ」は「回数」ではなく「時間」ごとの売上になります.

したがって頑張れば頑張るほど売り上げが上がるといった職種ではありません.

その性質上,どうしても売上があがりにくい業態であることも.給料が低いことの原因になってしまいます.

経験を十分積んでも,新人の理学療法士・作業療法士であっても一定の時間をかけて得られる売上には変わりが無いわけですので,雇用者側からすれば,高い給料を支払う必要はないと考える経営者も出てくるわけです.

この売上の問題は理学療法士・作業療法士個人でどうにかなる問題ではなく,制度上の大きな課題であるといえると思います.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 PT・OTの経験・スキルによって給料が上がることが少ない 

理学療法士・作業療法士の経験・スキルを活かせる職場はたくさんありますが,経験・スキルを多く積んだ理学療法士・作業療法士の給料が大幅にアップする環境は多くないことが現状です.

理学療法士・作業療法士全体で昇給率が低いため,勤続年数が長いセラピストでも初任給とそれほど変わらないというデメリットがあります.

特に理学療法士・作業療法士は専門性・スキルを評価してもらいにくく,ほかの専門的な職種と比較して理学療法士・作業療法士の経験・スキルは給料に反映される形で評価されにくい現状があります.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士が収入を増やすには? 

今回は給料の安さに悩んでいる理学療法士・作業療法士向けになぜ理学療法士・作業療法士の給料が安いのかについて解説させていただきました.

理学療法士・作業療法士が給料をアップさせるために,確実な方法は転職です.

 

理学療法士・作業療法士は副業ではなく転職で年収アップを狙うべき
理学療法士・作業療法士が簡単にリスクを伴うことなく,収入をアップさせる方法としては転職するといった方法が挙げられます. 特に転職によって収入アップを狙う場合には,年収が上がりやすい職場へ転職することが重要となります. 現状でも理学療法士・作業療法士が高収入を得やすい職場がいくつかあります.

 

上述したような診療報酬・介護報酬上の問題というのはどうにもなりませんので,専門性やスキルを給与面で評価してくれるような勤務先を探すことが重要です.

こういった勤務先はまだまだ少ないのが現状ですが,最近は人事考課の中にそういった部分を評価してくれる職場も増えてきております.

安易な転職はオススメ出来ませんが,理学療法士・作業療法士の専門性やスキルを評価してくれない環境で働いても給与は全く増えることは無いでしょう.

コメント

タイトルとURLをコピーしました