変形性膝関節症例に対するモビライゼーションって効果あるの?

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 変形性膝関節症例に対するモビライゼーションって効果あるの? 

理学療法士の世界では,変形性膝関節症例に対する疼痛治療の1つとして古くから関節モビライゼーションが行われてきました.

日本の理学療法士の界隈でもAKAやSJFといった関節モビライゼーションの治療主義が流行した時代があったわけですが,どれも科学的根拠に乏しいものでした.

今回は変形性膝関節症例に対する関節モビライゼーションが,膝痛および関節機能に与える影響を明らかにした報告をご紹介させていただきます.

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する研究 

BMC MusculoskeletDisord. 2019 Oct 18;20(1):452. doi: 10.1186/s12891-019-2841-4.

The effect of mobilization with movement on pain and function in patients with knee osteoarthritis: a randomized double-blind controlled trial.

Alkhawajah HA, Alshami AM.

今回ご紹介する研究は2019年に掲載された新しい論文です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究目的 

Few studies have investigated the effects of mobilization with movement (MWM) in patients with knee osteoarthritis (OA) compared to other procedures. Sham procedures are generally more appropriate control than using no or usual treatments. Moreover, studies investigating the widespread hypoalgesic effects of MWM in patients with knee OA are lacking. The aim was to investigate the effect of MWM on function and pain in patients with knee OA compared to sham MWM.

変形性膝関節症例に対する関節モビライゼーションの効果を他の運動療法の方法論と比較した調査した報告はほとんどありません.

また関節モビライゼーションの効果を検討する場合には,一般的に対照群におけるシャム刺激として介入を行わないといった場合や,一般的な理学療法を行うといった方法が用いられてきました.

この研究では変形性膝関節症例に対する関節モビライゼーションが,シャム刺激に比較して膝痛および関節機能改善に効果的か否かを明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

This is a randomized double-blind (patients and assessor) controlled trial. Forty adult patients with knee OA of grade II and above were recruited to receive either MWM treatment or sham MWM for the knee. The outcome measures included the following: a visual analogue scale (VAS) for pain, the pressure pain threshold (PPT) test, the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis (WOMAC) Index, the timed up and go (TUG) test, knee strength and knee range of motion (ROM). The measurements were taken at baseline, immediately after intervention and 2 days later.

この研究は無作為化二重盲検(患者・評価者)比較試験となっております.

40例の変形性膝関節症例でK/L分類でⅡ以上の症例を対象としております.

この40例を無作為にモビライゼーションを行う群とシャム刺激を行う群に分類しております.

アウトカムは疼痛の評価にはVAS,圧痛を,身体機能の評価にはWOMAC,TUG,膝関節伸展筋力,膝関節可動域を用いております.

アウトカムの測定はベースラインと介入実施直後および2日後に行われております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Compared with sham MWM, MWM resulted in greater immediate improvement in pain [mean difference (95% CI): - 2.2 (- 2.8, - 1.6)], PPT at both the knee [176 (97, 254)] and shoulder [212 (136, 288)], TUG time [- 1.6 (- 2.1, - 1.1)], knee flexor strength [2.0 (1.3, 2.7)] and extensor strength [5.7 (4.1, 7.2)] and knee flexion ROM [12.8 (9.6, 15.9)] (all, p < 0.001) but not knee extension ROM [- 0.8 (- 1.6, 0.1)] (p = 0.067). After 2 days of intervention, patients who received MWM also demonstrated a greater improvement in pain [- 1.0 (- 1.8, - 0.1)], PPT at the shoulder [107 (40, 175)], TUG time [- 0.9 (- 1.4, - 0.4)], knee flexor strength [0.9 (0.2, 1.7)] and extensor strength [2.9 (2.1, 3.9)] and knee flexion ROM [8.3 (4.7, 11.9)] (all, p ≤ 0.026). However, WOMAC scores and knee extension ROM showed no evidence of change at any stage after intervention (p ≥ 0.067).

シャム刺激に比較して,関節モビライゼーションを行った群で有意に即時的な疼痛軽減効果が得られており,TUG,膝関節屈曲筋力,膝関節伸展筋力,膝関節屈曲可動域に改善が得られております.

膝関節伸展可動域については改善はみられておりません.

介入後2日後においても関節モビライゼーション実施群で有意な疼痛・圧痛・TUG・膝関節屈曲筋力・膝関節伸展筋力・膝関節屈曲可動域の改善を認めております.

しかしながらWOMACスコアや膝関節伸展可動域についてはいずれの段階についても介入による変化を認めておりません.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

MWM provided superior benefits over sham MWM in terms of local and widespread pain, physical function (walking), knee flexion and extension muscle strength and knee flexion ROM for at least 2 days in patients with knee OA.

関節モビライゼーションは変形性膝関節症例における局所的なまたは広範な疼痛の改善や身体機能改善,膝関節周囲筋力改善,膝関節屈曲可動域改善に有効であることが明らかとなりました.

 

今回は変形性膝関節症例に対する関節モビライゼーションが,膝痛および関節機能に与える影響を明らかにした報告をご紹介させていただきました.

シャム刺激にどういった刺激が用いられたかが非常に気になるところですが,こういった徒手療法に関する無作為化比較試験は少ないので非常に意味のある論文ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました