副業時代におけるPT・OT・STの非常勤・パート勤務のメリット・デメリット 

就職活動
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 PT・OT・STの非常勤・パートって? 

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者に限らず,働く際の主な雇用形態としては正社員(常勤)とパートタイム(非常勤)があります.

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の働き方も多様化しておりますので,最近はパートタイムで働く女性も増えてきております.

さらに副業として非常勤やパートで勤務する理学療法士も増えてきております.

今回は理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の非常勤・パートについて考えてみたいと思います.

 

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の非常勤・パート 

新卒で入職する人や未婚の人,家庭を持つ男性のPT・OT・STの多くは正社員として勤めている人が多かったのですが,最近ではいくつかのパートタイムを掛け持ちして働いている男性のPT・OT・STも増えてきております.

また以前から結婚したり出産して子どもを育てたりしている女性のPT・OT・STはパートタイムで働いている人が多くいます.

正社員ではなくパートとして勤めることで、勤務時間が短くなるため,家事や子育てなどに時間をあてることが可能となります.

当然ですが,パートで働く場合には,正社員に比較すると得られる収入というのは少なくなってしまいます.

このように理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が非常勤やパートとして勤務する場合には,メリットとデメリットの両方があります.

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が正社員からパートに変わるときには,こういったメリットとデメリットの両面を理解しておくことが大切です.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がパートで働くメリット 

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がパートとして働く上ではさまざまなメリットがあります.

まずは自由な時間が増える点が一番大きいメリットでしょう.

正社員で働いている場合には,8時間の業務に昼休みの約1時間,就業前後の片付けにかかる1時間が加わり,1日10時間近く拘束されることとなります.

またあまり意識してないと思いますが,休憩時間ってけっこう時間が拘束されることになります.

午前中や午後のみの勤務であれば,昼休み時間を拘束されることがないため,正社員として働いている時と比べると拘束時間は短くなります.

また複数の職場の掛け持ちができるといった点は,パートだからこそ得られるメリットです.

また理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)などのリハビリ職者のパートは,他職種と比較しても勤務時間に融通が利きやすいことが多いです.

週に1日でも雇用してくれる職場や,訪問リハビリのパートなんかは,1日1時間1件からでもといった職場もあります.

特に訪問リハビリ事業所でパートとして働いている場合には,訪問リハビリを1件行って,次の訪問先までに時間的余裕があることがあります.

こういった場合には,多くの事業所で空き時間を自由に使って良いとされています.

そのためそうした時間を使って家事を済ませる等といった融通もききます.

さらに自営業で何か事業を行いたい人は,自営業の時間を外してパートを入れることで,自営業とパートを掛け持ちすることができます.

最近は理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が独立することも多くなってきておりますので,そういった場合にはパートという働き方も魅力的です.

スーパーなどの一般的なパートの時給が800円前後であるのに対して,理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)のパートでは1500円前後です.

訪問リハビリなどでは時給が3000円超えるところもあります.

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)中には,こういった特徴を生かしてパートを掛け持ちすることで正社員以上に給料をもらっている人さえいます.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がパートで働くデメリット 

ここまでは理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がパートで働く上でのメリットについて紹介させていただきましたが,メリットがあれば当然ながらデメリットもあります.

まずは収入が安定しません.

例えばパートとして勤めると,正社員よりは給与が少なくなってしまいます

ほとんどの場合には,正社員の時間単位で計算した金額よりもパートタイムの時給というのは安くなります.

したがって長時間働いたとしても正社員より給料が少なくなってしまうわけです.

また正社員の場合は賞与や昇給があり働く期間が長くなれば昇給していくわけですが,パートの場合には原則的に賞与はありませんし昇給が無い場合がほとんどです.

この点に関しては昨今の働き方改革の中でパート職員の賞与に関していろいろと議論がなされておりますが,現状では賞与はないのが一般的だと考えた方が良いでしょう.

もちろん退職金もありません.

さらにパートタイムの場合には,1週間で35時間以内の労働時間といった労働時間の上限が定められております.

実際にはパートで35時間フルに働く人はあまりいないと思います.

正社員の場合は,週40時間+α(残業)が通常ですので,働く時間としては短くなってしまいますので,得られる給与も少なくなるわけです.

さらに年をとれば住宅や自動車の購入など高額な買物をすることが増えてくるともいますが,高額な買物にはローンがつきまといます.

パート勤務というのは社会的な信用が低くなってしまいますので,金融機関からの信用を受けにくくなり,ローンを組みにくいといったデメリットもあります.

世帯主が正社員で妻がパートという場合にはあまり問題になりませんが,家計を主に担っている人がパートであると,さまざまなでメリットが考えられます.

もう1点理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がパートして勤務するときに大きな問題となるのが,年金や保険の問題です.

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が正社員で働いている場合には,会社は厚生年金に加入します.

その一方でパートの場合,ある一定条件を満たさない限り厚生年金に加入することはできません.

そのため国民年金だけになり,なおかつ厚生年金のように会社が支払いってくれる分はなく全額を自分で支払う必要があります.

1日または1週間の勤務時間が、正社員の概ね4分の3以上である場合や,1ヵ月の勤務日数が正社員の概ね4分の3以上であれば厚生年金に介入できるようです.

理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がパートで働く場合には,夫の扶養に入るパターンが最も多いとは思いますが…

 

 

今回は理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)の非常勤・パートについて考えてみました.

ご紹介いたしましたように,理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)がパートで働く場合には,さまざまなメリット・デメリットがあります.

ご自身の家庭環境等を考慮した上で,パートで勤務するといった働き方を選択することになるでしょう.

 

 

パート勤務ってなかなか自分に合った条件で働ける求人を見つけるのが大変です.

そんな時には転職・求人サイトを利用するのも有効です.

ここでは私が過去に使用したことのある求人サイトをいくつかご紹介いたします.

 

 

  マイナビ  



マイナビは転職サイトの大手ですので知らない方はいらっしゃらないかもしれませんが,理学療法士の求人数も5000件を超えているマンモス人材バンクです.

転職を考えておられるのであれば,ここは確実に押さえておきたいですね.

特にマイナビは過去にもパート・非常勤の求人を多く扱ってきておりますので,理学療法士・作業療法士がパートタイムで転職をしたい場合にはお勧めです.

またマイナビに限ったことではありませんが,どういった働き方をしたいかといった要望をエントリーシートに入力することが可能ですので,週に●日,何時間くらいの求人を探しているといった要望を書き込んでおくことが重要となります.

 

マイナビコメディカルには東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫の求人が多いので,東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫に在住の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の方は,業界最大手のマイナビへの登録がお勧めです.

 

 

 

 

 

 PTOT人材バンク 



ここも非常に求人数も多く,希望する転職先の情報を細かく登録できるのでお勧めです.

私自身も転職時にはこういった人材バンクに登録をしておりましたが,エージェントの方が自分に合った新しい職場に関する情報を提供してくださいます.

パートタイムの求人を探したいと事前に伝えておけば,自分に合った求人情報を紹介してくださいます.

 

 

 

 株式会社メディカル・コンシェルジュ 



常勤はもちろんですが,長期派遣や1日単位など様々な雇用形態を取り扱っております.

非公開求人も多く,エージェントの方も丁寧に対応してくださいます.

拠点も全国的ですので安心して登録できます.

関東・関西圏以外の求人も多いので関東・関西圏外での求人をお探しの方にはこちらもお勧めです.

コメント

  1. 芦田 邦夫 より:

    人材紹介会社は、希望にあった職場、給与をあらかじめ雇用主と調整してくれるというメリットはありますが、紹介料として人材紹介会社に支払われる金額も大きく、雇用主としては職業安定所などの公的な求職者と比べると大きなコスト負担を強いられます。逆にそれなりの仕事を求められるとも考えたほうがいいでしょう。
    また、給与交渉を含めて、直接雇用主と交渉できるかどうかは、職務能力とも結びつくと考えられます。自身のキャリア、提供できるメリットを適切にアピールできれば、人材紹介会社を経由するより雇用主と自身の双方へメリットをもたらすこともできます。
    逆に、人材紹介会社を経由して採用されたのに、2年ほどで退職希望を出したら、色々揉めたという話も聞きます。
    遠方の転職先探しなどでは必要かと思いますが、同一地域内の転職の場合などは、転職方法についてよく検討されたほうが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました