内側型変形性膝関節症例に対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動の効果

変形性膝関節症
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 内側型膝OAに対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動の効果 

本邦では内側型変形性膝関節症例に対する保存療法に理学療法士が関わる機会は少なくありません.

内側型変形性膝関節症例においては下腿が外旋し十字靭帯が弛緩することで膝関節の安定性が損なわれることが明らかにされております.

今回ご紹介する研究では内側型変形性膝関節症例に対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動の効果を明らかにした研究をご紹介させていただきます.

woman in white and black floral dress sitting at bedside

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する研究 

Physiother Res Int. 2018 Oct;23(4):e1725. doi: 10.1002/pri.1725. Epub 2018 Jul 2.

Immediate effects of leg-press exercises with tibial internal rotation on individuals with medial knee osteoarthritis.

Hanada K, Hara M, Hirakawa Y, Hoshi K, Ito K, Gamada K.

今回ご紹介いたします論文は2018年に掲載された比較的新しい論文です.

本邦の理学療法士が行った研究です.

 

 

 

 

 

 

 研究の目的 

Although patients with knee osteoarthritis (OA) demonstrate abnormal kinematics involving greater tibial external rotation during squatting, there have not been any previous studies investigating an exercise focused on correcting knee rotational kinematics. This study aimed to determine the immediate effects of exercise with tibial internal rotation (IR) on symptoms and functions in patients with knee osteoarthritis (KOA).

変形性膝関節症例においてはしゃがみ動作中の脛骨の過度な外旋運動を含む異常な関節運動を呈することが少なくありません.

しかしながらこの脛骨の過度な外旋を修正することに焦点を当てた介入研究は散見されません.

この研究では内側型変形性膝関節症例に対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動が変形性膝関節症の症状や膝関節機能に与える影響を明らかにすることを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

This study provides Level II evidence using a small randomized controlled trial. Sixty patients were allocated to either the tibial IR or neutral rotation (NR) group in this randomized controlled trial. The IR group performed a leg press activity with the tibia in maximal IR, whereas the NR group performed leg press activity with the tibia in NR. Outcome measures were (a) 10-m walk test; (b) Timed Up and Go test, (c) knee flexion angle while squatting, (d) knee pain during walking and squatting, and (e) difficulty during walking and squatting.

研究デザインは小規模無作為化比較試験となっております.

変形性膝関節症例60例を脛骨内旋運動を行う群と脛骨回旋中間位で運動を行う群に無作為に割り付けております.

脛骨内旋運動を行う群には脛骨を最大内旋させた状態でレッグプレス運動を行わせております.

一方で脛骨回旋中間位で運動を行う群には脛骨回旋中間位でレッグプレス運動を行わせております.

アウトカムは10m歩行テスト,TUG,しゃがみ動作中の膝関節屈曲角度,歩行時およびしゃがみ動作中の膝痛,歩行およびしゃがみ動作の困難さとしております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

Significant interaction was observed in all outcomes. The IR group exhibited significant improvement on all outcome measures, whereas the NR group exhibited significant improvements only in the 10-m walk.

結果ですが全てのアウトカムにおいて有意な交互作用が見られており,脛骨内旋運動群で全てのアウトカムに改善が得られております.

脛骨回旋中間位で運動を行った群に関しては10m歩行テストのみ改善が得られております.

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

The IR group exhibited greater improvements than the NR group on all outcome measures. After a single session, leg press activity with the tibia in maximal IR improved the symptoms and functions measured in this study more effectively than leg press activity with the tibia in a neutral position. This suggests that correcting rotational malalignment is more important than strengthening the quadriceps for maintaining or even improving function of OA knees. (Clinical trials registration number: UMIN000021751).

脛骨内旋運動群で脛骨回旋中間位での運動群に比較して全てのアウトカムが改善しており,脛骨内旋位でのレッグプレス運動は有効であることが明らかにされております.

この結果から変形性膝関節症例の機能改善において,脛骨のマルアライメントを修正する介入は大腿四頭筋を強化する介入よりも有効であると考えられます.

 

 

 

今回は内側型変形性膝関節症例に対する脛骨大腿関節内旋を伴うレッグプレス運動の効果を明らかにした研究をご紹介させていただきました.

理学療法士が比較的臨床に導入しやすい結果だと思いますので,日々の理学療法にいかしていきたいものです.

コメント

タイトルとURLをコピーしました