股関節鏡後の人工股関節全置換術例のアウトカムは良好なの?

人工股関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 股関節鏡後の人工股関節全置換術例のアウトカムは良好なの? 

関節鏡と言えば膝関節や肩関節に対して用いられることが多いですが,最近はFAIに対する治療をはじめとして股関節外科の手術療法としても関節鏡が用いられるようになってきております.

変形性股関節症に対する初期治療としても股関節鏡が用いられることが増えてきておりますが,股関節鏡後の人工股関節全置換術の成績に関する報告は多くありません.

今回は股関節鏡後の人工股関節全置換術例のアウトカムに関する報告を紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 今回紹介する論文 

Hip Int. 2019 Jul;29(4):363-367. doi: 10.1177/1120700018810509. Epub 2018 Nov 11.

Functional outcome of total hip arthroplasty after a previous hip arthroscopy: a retrospective comparative cohort study.

Jain MV, Rajpura A, Kumar VS, Shaw D, Najjar MA, Kalsi NK, Hakimi M, Selvaratnam V, Jackson R, Board TN.

今回ご紹介する論文は2018年に掲載された比較的新しい内容です.

 

 

 

 

 

 

 

 研究の背景 

Despite patients demonstrating significant short-term clinical improvement from a hip arthroscopy (HA), a number of patients progress to significant osteoarthritis of the hip requiring total hip arthroplasty (THA). This study aims to evaluate if there is any difference in the functional outcome of patients undergoing THA after a previous hip arthroscopy compared to patients undergoing THA for primary osteoarthritis of the hip.

股関節鏡治療による短期的な治療成績についてはこれまでにも多く報告されておりますが,股関節鏡を行った後にも変形性股関節症が進行し,人工股関節全置換術全置換術の適応となる症例は少なくありません.

この研究では股関節鏡を行った後に人工股関節全置換術を行った症例と,股関節鏡を行うことなく人工股関節全置換術を行った症例の術後のアウトカムが異なるかどうかを比較することを目的としております.

 

 

 

 

 

 

 対象と方法 

Between 2010 and 2013, in a group of 414 patients who underwent hip arthroscopy, we identified 18 patients who underwent a subsequent uncemented THA. These formed the study group. During the same period, 625 patients underwent an uncemented THA performed for primary OA, of which 63 patients were matched to the study group for age, follow-up and implants used. These formed the control group. Pre-op and post-op Oxford Hip Scores (OHS) were recorded for all patients.

対象は2010年から2013年の間に股関節鏡を行った414例のうち,その後にセメントレスの人工股関節全置換術施行となった18例となっております.またセメントレスの初回人工股関節全置換術を行った625例のうち,年齢・フォローアップ期間・インプラントの種類をマッチさせた63例を対照群としております.術前・術後に全てのクライアントのOxford Hip Scores (OHS)を評価しております.

 

 

 

 

 

 

 結果 

A mean follow-up of 26.5 and 26.3 months was observed in the study and control groups respectively. The median (interquartile ranges) preoperative OHS were 14 (8.25, 17.0) and 18.5 (13.25, 24.75) in the 2 groups. Corresponding postoperative scores were 40 (31.25, 45) and 46 (43, 48). Median difference between the preoperative and postoperative OHS was 27 (19, 31) and 25 (18.25, 31). Adjusting for the pre-treatment scores, the postoperative scores in the study arm were significantly lower than for the control arm with an estimate (SE) of -0.464 (p = 0.012). Post-hoc power analysis showed that the study was sufficiently powered to detect a meaningful difference in scores.

平均のフォローアップ期間は股関節鏡後に人工股関節全置換術を行った群,初回人工股関節全置換術を行った群それぞれ26.5ヶ月,26.3カ月となっております.術前のOHSはそれぞれ14点,18.5点となっております.

術後のOHSスコアはそれぞれ40点,46点となっております.

術前のスコアを調整した上で比較を行った結果,股関節鏡後に人工股関節全置換術を行った群で,初回人工股関節全置換術を行った群に比較して,OHSが有意に低い結果となっております.

また事後の検出力検定の結果,統計学的なパワーは十分でこの2群におけるOHSの差は意味のある刺でありました.

 

 

 

 

 

 

 結論 

Total hip arthroplasty after hip arthroscopy leads to satisfactory functional outcomes. However, the functional outcome in this group is significantly worse than in a matched cohort of patients undergoing THA for osteoarthritis. There was no difference in the rate of complications between the 2 groups.

股関節鏡後に人工股関節全置換術を行うといった一連の治療の流れは,初回人工股関節全置換術を行う方法に比較して,満足度の高い臨床成績を得られることが明らかになりました.

また両群間で合併症率には差を認めないことも明らかにされております.

 

今回は股関節鏡後の人工股関節全置換術例のアウトカムに関する報告を紹介させていただきました.

今後本邦でも変形性股関節症に対する初期治療としての股関節鏡の導入がさらにすすめられることが予測されますので,こういった結果をふまえた上で,どのように理学療法を展開していくかが重要だと思います.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました