人工膝関節全置換術(TKA)を施行すると大腿骨近位部骨折を受傷しにくくなる?受傷しやすくなる?

人工膝関節全置換術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人工膝関節全置換術(TKA)を施行すると大腿骨近位部骨折を

受傷しにくくなる?受傷しやすくなる?

人工膝関節全置換術も大腿骨近位部骨折も理学療法士にとっては身近な運動器疾患ですが,実は人工膝関節全置換術と大腿骨近位部骨折の発生には関連があるといった最新の論文が出てきました.

私も以前から疑問に思っておりました.

人工膝関節全置換術を施行すると膝痛が軽減され膝関節機能も向上するため大腿骨近位部骨折の予防にも寄与できると考えられます.

一方で人工膝関節全置換術後に大腿骨近位部骨折を受傷するといった症例を経験するのも実際です.

今回は人工膝関節全置換術(TKA)を施行後に大腿骨近位部骨折を受傷する症例がどの程度存在するのか,大腿骨近位部骨折の受傷によりどの程度アウトカムやQOLが不良になるのかを検討した論文をご紹介させていただきます.

 

 

 

 

 

 

 論文紹介 

J Orthop Surg (Hong Kong). 2019 May-Aug;27(2):2309499019852338. doi: 10.1177/2309499019852338.

Functional outcome and quality of life in patients with hip fracture after total knee arthroplasty.

Koh DTS, Chen JY, Yew AKS, Chong HC, Hao Y, Pang HN, Tay DKJ, Chia SL, Lo NN, Yeo SJ

今回掲載されたのは,2019年にJournal of  Orthopeadics Surgeryに掲載された新しい論文です.

この論文は香港から出された内容です.

 

 

 

 

 

 

 研究背景と目的 

Hip fractures are a cause of significant morbidity. While rare, ipsilateral hip fractures within 12 months after total knee arthroplasty (TKA) can negatively affect the functional outcome and the quality of life for patients who have had TKA. This aim of this study is to investigate (1) the incidence of hip fracture within 12 months after TKA and (2) the influence of hip fracture after TKA on functional outcome and quality of life in patients.

大腿骨近位部骨折を受傷すると移動能力低下を引き起こす大きな原因となります.

稀ではありますが人工膝関節全置換術後に12カ月以内に同側の大腿骨近位部骨折を引き起こし,人工膝関節全置換術後もQOLが向上しない症例もいます.

この研究では人工膝関節全置換術12カ月以内の大腿骨近位部骨折の発生率,人工膝関節全置換術後の大腿骨近位部骨折がクライアントの機能的なアウトカムやQOLに与える影響を検討することを目的にしております.

 

 

 

 

 

 

 対象と方法 

Between March 1999 and February 2012, 25 patients who sustained an ipsilateral hip fracture within 12 months after TKA were included in this study. A propensity score matching algorithm was used to select a 1:3 control group without hip fracture. All patients were assessed using the Oxford Knee Score (OKS), Knee Society Function Score (KSFS), Knee Society Knee Score (KSKS), Physical Component Score (PCS) and Mental Component Score (MCS) of SF-36®.

1999年3月~2012年2月の間に人工膝関節全置換術を行い,同側の大腿骨近位部骨折を受傷した25例を対象としております.

傾向スコアマッチングのアルゴリズムを元に大腿骨近位部骨折を受傷していない人工膝関節全置換術例を抽出し,これを対照群としております.

全てのクライアントに対して,Oxford Knee Score (OKS),Knee Society Function Score (KSFS),Knee Society Knee Score (KSKS),Physical Component Score (PCS),Mental Component Score (MCS) of SF-36®を測定しております.

 

 

 

 

 

 

 結果 

The incidence of hip fracture was 0.16% among male patients and 0.20% for female patients. At 24 months after TKA, the OKS was 36 ± 7 in the hip fracture group versus 41 ± 5 in the control group (p = 0.003). The KSFS was 50 ± 24 in the hip fracture group versus 68 ± 21 in the control group (p = 0.001), while the KSKS was 83 ± 12 and 87 ± 8, respectively (p = 0.166). The PCS was 37 ± 12 in the hip fracture group versus 47 ± 11 in the control group (p < 0.001), while the MCS was 55 ± 10 and 54 ± 11, respectively (p = 0.664).

大腿骨近位部骨折の発生率男性で0.16%,女性で0.20%となっております.

人工膝関節全置換術後24カ月におけるOKSは大腿骨近位部骨折受傷群で36±7点,対照群で41±5点であり,有意に大腿骨近位部骨折受傷群が不良でありました.

またKSFSは大腿骨近位部骨折受傷群で50±24点,対照群で68±21点であり有意に大腿骨近位部骨折受傷群でアウトカムが不良であり,KSKSはそれぞれ83±12点,87±8点となっており有意差は認めておりません.

さらにPCSは大腿骨近位部骨折受傷群で37±12点,対照群で47±11点であり,有意に大腿骨近位部骨折受傷群でアウトカムが不良であり,MCSはそれぞれ55±10点,54±11点となっており,有意差は認めておりません.

 

 

 

 

 

 

 結論 

人工膝関節全置換術例のリハビリテーション期間中における大腿骨近位部骨折は多くはありませんが,人工膝関節全置換術全置換術後に大腿骨近位部骨折を受傷すると,機能的なアウトカムやQOLが低下してしまいます.

人工膝関節全置換術後の大腿骨近位部骨折には注意が必要です.

 

 

 

 

今回は人工膝関節全置換術(TKA)を施行後に大腿骨近位部骨折を受傷する症例がどの程度存在するのか,大腿骨近位部骨折の受傷によりどの程度アウトカムやQOLが不良になるのかを検討した論文をご紹介させていただきました.

結果としては人工膝関節全置換術後の大腿骨近位部骨折は発生率からすると一般高齢者の0.18%と大きく変わりませんが,機能的アウトカムやQOLが不良であることを考慮すると注意が必要ですね.

コメント

タイトルとURLをコピーしました