働き方

理学療法士・作業療法士の皆さんも病室のカーテンの開け方に注意しよう

今回は理学療法士・作業療法士も注意したい病室のカーテンの開け方について考えてみました. 当たり前すぎる入室の方法ですが,こういったこともきちんと教育されていない職場もあるのでしょう. 皆様も改めてクライアントのお部屋への入室の方法について見直してみてはいかがでしょうか?
大腿骨近位部骨折

大腿骨近位部骨折例における起立-着座動作時の非対称性が身体機能に与える影響

今回は大腿骨近位部骨折例における起立-着座動作時の非対称性が身体機能に与える影響を調査した報告をご紹介いたしました. 大腿骨近位部骨折例における理学療法を行う上では,新たな視点として起立-着座動作時の非対称性に着目する価値がありそうですね.
働き方

高校生のなりたい職業ランキングで理学療法士・作業療法士が8位にランクイン

今回は高校生のなりたい職業ランキングで理学療法士・作業療法士が8位にランクインした件について考えてみました. 高校生が憧れるような仕事ができる理学療法士・作業療法士でありたいなと改めて思うわけです.
大腿骨近位部骨折

大腿骨転子部骨折例における頸部短縮は歩行に影響を及ぼすのか?

今回は大腿骨転子部骨折例における頸部短縮が歩行に影響を及ぼすのか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. われわれ理学療法士も頸部短縮やスライディングに着目して理学療法を行っていく必要があるといった結果ですね. また非常に難しい課題ですが頸部短縮やスライディングを引き起こさない介入を模索していく必要がありそうですね.
人工膝関節全置換術

大腿筋膜張筋のストレッチングで内側広筋の筋活動が向上する?

今回は大腿筋膜張筋のストレッチングで内側広筋の筋活動に与える影響を調査した報告をご紹介させていただきました. 大腿筋膜張筋のストレッチングで膝蓋骨外側のtightnessが改善し膝蓋骨の外方偏位を改善させることが内側広筋の筋活動を増加させることに繋がるのですね.
働き方

理学療法士・作業療法士のセミナーではこんなうさんくさいワードに注意

今回は理学療法士・作業療法士のセミナーに参加する際に,注意したいうさんくさいワードについて考えてみました. 最近はある集団の中で教祖様のようにカリスマ講師として崇められている講師が多くて,医学中央雑誌を見てもPubmedをみても原著論文を1つも書いていないにもかかわらず,神のような存在になっている理学療法士が多くてびっくりします. セミナーに参加する際には少なくとも講師がどんな論文を書いてきたのかくらいは事前にリサーチしないと変な宗教団体にお金を巻き上げられてしまいますよ.
就職活動

ウィズコロナ時代に転職を考えている理学療法士・作業療法士はとにかく早く動くべき

来年度の理学療法士・作業療法士の求人もおそらくあまり期待はできません. そのため転職を考えている理学療法士・作業療法士にとっても今回は転職活動を開始するタイミングが重要となります. 今回は転職を考えている理学療法士・作業療法士はとにかく早く動くべきだといったお話です.
未分類

理学療法士・作業療法士の学生(大学院生を含む)はPrime Studentを利用しないと損

今回は理学療法士・作業療法士の学生はPrime Studentを利用しないと損だといったお話です. 学生の証明は基本的に学生証を用いて行われますので,学生証があればOKです. 理学療法士・作業療法士の養成校に通学する学生のみならず,大学院生も対象となりますので,現在大学院に通われている方もこの機会を逃さないようにしたいですね.
働き方

リハノメPTからまたまたお得なお知らせが

今回は株式会社geneが運営するリハノメPTから届いたお得なお知らせについて皆様に共有させていただきました. これから契約しようと思っていた方,既に契約されていた方はこの機会を逃さないようにしたいですね.
働き方

理学療法・作業療法サービスを提供したのにクライアントがお金を支払ってくれない

今回は理学療法・作業療法サービスを提供したのにクライアントがお金を支払ってくれない件について考えてみました. 最近は未払いに限らずモンスターペイシエント対策というのが1つ病院の中での大きな問題となっております. 治ってないんだからお金は支払わないという理論を受け入れてしまうとわれわれの仕事は成り立たなくなりますね.
働き方

理学療法士・作業療法士の自己研鑽は重要だけど研鑚自体が目的になってない?

今回は理学療法士・作業療法士の自己研鑽は重要だけど研鑚自体が目的になってないかといったお話でした. 皆様も日々の研鑽が本当にクライアントに生かされる内容であるか,また研鑽そのものが新たな収入につながるようなものかを改めて考えてみた方が良いでしょうね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術症例に対して手術日に理学療法開始するのって早すぎない?

今回は人工膝関節全置換術後の手術日における理学療法開始の効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. 正直,現場で理学療法を提供する身からすると,手術当日から開始しなくとも,1日くらいたいして変わらないのではといったような思いもありましたが,こういったデータが出てくると,今後は人工膝関節全置換術例に対する理学療法も手術日からの開始が当たり前になっていくかもしれませんね.
未分類

日本理学療法士協会誌「理学療法学」の査読は厳しいのか?

今回は日本理学療法士協会誌「理学療法学」の査読は厳しいのかについて考えてみました. 査読は厳しいかもしれませんが,論文というのはより多くの目に触れることに大きな意味があります. 誰も見ないような雑誌に投稿してもその価値は… そういった意味からすると日本の理学療法士の最も多くが目にするであろう理学療法学に投稿する意義は大きいでしょうね.
変形性膝関節症

変形性膝関節症の膝関節内転モーメントを増悪させる因子は?

理学療法士が外部膝関節内転モーメントを考慮した理学療法を行う上では,歩行速度・靴に関する指導といった比較的簡単な日常生活指導でも外部膝関節内転モーメントを軽減できる可能性がありますね.
働き方

医療行為が認められているのは基本的には医師と看護師 理学療法士・作業療法士必見

今回は理学療法士・作業療法士がどこまで行ってもよいのかについて考えてみました. 現状では理学療法士・作業療法士が行う医療行為に関してはグレーな部分が多いので,少なくとも個人で判断せず法人として組織として理学療法士・作業療法士がどこまで行ってよいのかといったルール作りをしておくことも重要だと思います. 個人が勝手に行ったとならないようにしたいですね…
脳卒中

Pusher現象と混同しやすいLateropulsionを理解しておこう 理学療法士・作業療法士必見

今回はPusher現象とLateropulsionの違いについて考えてみました. いずれもまだ病態そのものがよくわかっていない状況ではありますが,垂直定位の観点からも病態が異なりますので,病巣や矯正に対する抵抗を考慮した上でアプローチを行っていく必要があるでしょう.
運動療法・物理療法

リハビリテーション実施時間に物理療法の時間を含めている理学療法士・作業療法士が危険

今回はリハビリテーション実施時間に物理療法の時間を含めている理学療法士・作業療法士が危険であるといった件について考えてみました. 当たり前の人からすれば当たり前のルールですが,ホットパックを当てておいて,その間にカルテを書いて,その時間を疾患別リハビリテーションの時間に含めるなんてやり方が横行している医療機関もあるようですので恐ろしいですね.
運動療法・物理療法

診療録におけるリハビリ実施時間の間隔

今回は診療録におけるリハビリ実施時間の間隔について考えてみました. 最近はリハビリテーション部門の監査が厳しくなっているところも多いと思いますので,平時からきちんと対策をして監査前になって慌てないようにしたいですね.
腰部

最近見なくなった牽引療法って椎間板ヘルニア症例に対して効果が無いの?

今回は椎間板ヘルニア症例に対する牽引療法の効果を明らかにしたメタアナリシスをご紹介させていただきました。 やはり長期的にみると牽引療法はへ腰椎椎間板ヘルニアに対する効果は乏しいと言わざるを得ない結果ですね. ただ短期的には症状に改善が確認されておりますので,対症療法の1つとしては使うのもありかもしれませんね.
運動療法・物理療法

ラジオ体操で2型糖尿病患者の筋肉量を増加させることができる?

今回はラジオ体操で2型糖尿病患者の筋肉量を増加させることができるか否かを明らかにした研究論文をご紹介させていただきました. ラジオ体操を行う群と行わない群に無作為に割り付けた研究ではありませんので,ラジオ体操を行う糖尿病例の方が健康意識が高く他の運動にも取り組んでいる可能性があることを考えるとラジオ体操だけの効果かどうかが怪しいですが,簡単に取り入れられる運動ですし,糖尿病を合併した症例にラジオ体操を勧めるのは良いかもしれませんね. 早朝の低血糖には注意が必要ですが…
略語集・英語表記

英語が苦手な理学療法士・作業療法士はまず接頭語・接尾語を覚えよう

今回は英語が苦手な理学療法士・作業療法士はまず接頭語・接尾語を覚えるとよいといったお話でした. ちなみに腓腹筋の英名の綴りも知らないでガストロと知ったかぶりで呼称している理学療法士・作業療法士って多いですが,gastro (胃の,腹の)-cnemius(クネミアス:すね)の意味ですからね… 略称なので仕方ありませんがこんなのも知らない理学療法士・作業療法士って多いんですよね…
肩関節

女性の胸の大きさと肩こりには関連があるの?

今回は女性の胸の大きさと肩頸部痛との関連性を明らかにした論文をご紹介させていただきました. まず胸の大きさよりもブラジャーカップのサイズが重要であるといった点が興味深いです. パッドをたくさん入れて大きなカップサイズを装着しても肩頸部痛が生じやすい可能性があります. またカップサイズが大きい群でのみカップサイズと肩頸部痛との間に正の相関関係を認めたことから,ある一定以上の大きさになるとカップサイズと肩頸部痛に関連があり,一定以下のサイズの場合には大きさが肩頸部痛に関連しないと考えられます. 興味深い結果ですね.
働き方

リハビリテーション部門の管理職の仕事はリハビリテーションサービスの量ではなく質を管理することでは?

今回はリハビリテーション部門の管理職の仕事はリハビリテーションサービスの量ではなく質を管理することではないかといったお話でした. リハビリテーションサービスの質の管理というのは非常に難しい課題ですが,単位数の管理だけなら助手さんでもできますし,1年目の理学療法士・作業療法士でもできるわけですから,考え直さないといけませんね…
下肢骨折

作業療法士の下肢運動器疾患に対する機能訓練

今回は作業療法士は下肢運動器疾患に対する機能訓練について考えてみました. 従来の作業療法士だからといった考え方自体が環境に合致しない場合もあるでしょうし,組織によっては法律上の作業療法の定義にそぐわない仕事をせざるを得ないこともあると思いますが,その中で作業療法士らしさを出せれば良いのでしょうね.
未分類

エビデンスとEBMの違いをきちんと知ってますか?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいエビデンスとEBMの違いについて考えてみました. エビデンスとEBMの相違を理解しておくことは非常に重要だということがなんとなくわかっていただけたかと思います. また理学療法士・作業療法士は自分の都合のように論文の一部をかいつまんでエビデンスと称するのも早く卒業した方が良いでしょうね.
未分類

オンライン研修会ってやっぱり顔出ししない人が多い?

今回はオンライン研修会ってやっぱり顔出ししない人が多いのかといった点について考えてみたいと思います. まだまだコロナ禍の状況が続きそうですので,理学療法士・作業療法士もオンライン研修のスタイルに慣れていかなくてはいけませんね.
脊椎圧迫骨折

胸腰椎圧迫骨折例に自転車エルゴメーターは禁忌?

今回は胸腰椎圧迫骨折例に自転車エルゴメーターは禁忌であるについて考えてみました. 結局のところはリスク対効果だと思いますので,リスクがあっても自転車駆動を行う意義があるかどうかを熟考した上で必要であれば医師に指示をもらった上で自転車エルゴメーター駆動を行うということになるでしょうね.
働き方

日本理学療法士協会の賠償責任保険が全く役に立たないことが明らかに

今回は日本理学療法士協会の賠償責任保険について考えてみました. 私自身は保険加入以外の部分でもガイドラインや理学療法学の郵送,学会参加など部分に日本理学療法士協会に入会する意義を感じている人間ですので,25,000円を払いながら協会に入会し続ける予定ですが,保険だけが目的の理学療法士の方は大会や嗅回も含めて検討した方が良いでしょうね.
未分類

廃用症候群ってネーミングって印象が良くない

今回は廃用症候群というネーミングについて考えてみました. リハビリテーション実施計画書に廃用症候群なんて書かれているとクライアントも良い印象は受けませんよね. 早くこの廃用症候群という用語がかつての痴呆が認知症に見直されたように見直されることをきたしたいですね.
介護予防

足趾屈筋群の筋力向上は姿勢バランスの改善に寄与するか?システマティックレビューによる検討

今回は足趾屈筋群の筋力向上というのは姿勢バランスの改善につながるか否かをあきらかにしたシステマティックレビュー論文をご紹介させていただきました. 足趾屈筋群の筋力向上が姿勢バランスの改善につながるといった結論で安心しました. 今回は健常例を対象とした研究ばかりですので,介護予防事業等では足趾屈筋群のトレーニングを組み込む意義は高いと考えられますね.
タイトルとURLをコピーしました