働き方

転職経験のある理学療法士・作業療法士しか知らないこと

今回は転職経験のある理学療法士・作業療法士しか知らないことについて考えてみました. 転職を経験するとわかるのですが,転職して外の世界を知ると前の職場を客観的にみられるようになります. 前の職場のあのシステムは良かったなといったものもあれば,前の職場ではどうしてあんなルールで部門運営をしていたんだろうとか感じることもさまざまです.
介護予防

認知症例に対する運動療法における高強度の運動療法は悪影響?

今回は認知症例に対する運動療法における高強度の運動療法は悪影響なのか否かを示した研究論文をご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士が認知症例に対して運動療法を行う場合には運動強度を考慮する必要があることを示唆する論文ですね. 高強度の運動療法は認知症例にとって有害な可能性がありますね.
働き方

理学療法士・作業療法士が利用する院内託児所ってどうなの?

育児と仕事を両立させたい理学療法士・作業療法士とって,職場の育児支援体制は気になるポイントですよね? 様々な育児支援の中でも,特に心惹かれる人が多いと思われるのが院内託児所です. お子さんに何かあったときすぐ駆けつけられるといった点も大きなメリットですよね. ただ実は思わぬデメリットもあります.
運動療法・物理療法

座位時間が長いほど死亡率「増」日本人6万人以上を平均7.7年間追跡調査したデータを用いて

今回は座位時間が長いほど死亡率が増加することを示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 理学療法士・作業療法士はなんちゃって管理者理学療法士・作業療法士を除いては座位時間は短いはずですよね. 理学療法士・作業療法士が身体活動に関する生活指導を行う上でも非常に参考になる結果ですね.
人工膝関節全置換術

人工膝関節全置換術後のリハビリテーションに漸進的筋弛緩法が有効?

今回は人工膝関節全置換術後のリハビリテーションに漸進的筋弛緩法が有効であることを示唆する論文をご紹介させていただきました. 私も漸進的筋弛緩法というのは耳にしたことはあるものの具体的な方法を学んだことはありませんので何とも言えませんが,人工膝関節全置換術後のリハビリテーションの1つのアプローチとして有効かもしれませんね.
肩関節

僧帽筋上部線維の活動を抑制したうえで前鋸筋を活動させるには?

今回は僧帽筋上部線維の活動を抑制したうえで前鋸筋を活動させるエクササイズを明らかにした論文をご紹介させていただきました. この論文における運動は僧帽筋上部線維の過活動を抑制しながら前鋸筋の活動を賦活できますので,肩峰下インピンジメントを回避するうえで有用な方法になりそうですね.
脳卒中

iNPH症例における間欠性歩行障害

歩行障害が軽度な場合には長距離歩行時に出現する歩行障害に着目するとよさそうですね. また歩行距離の負荷をかけることによって顕在化する歩行障害がある場合には,iNPHを疑う必要がありますね. 脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症との鑑別は必要でしょうけどね.
変形性膝関節症

コロナ膝ってネーミングはどうなの?

今回はコロナ膝ってネーミングはどうなのというお話でした. コロナ膝ってキャッチーな言葉ではありますが,誤解を招くことも多いでしょうね. まだまだコロナ禍が続きそうですので,コロナ膝について理学療法士・作業療法士が相談を受ける機会も増えそうですね.
就職活動

理学療法士・作業療法士が病院見学をする際のマナー

そろそろ就職や転職前に病院見学に行く理学療法士・作業療法士も多いのではないでしょうか? 病院見学をするうえでは基本的に備えておくべきマナーがあります. 見学と思うかもしれませんが,実は見学の段階ですでに試験が始まっているようなものですからね. 見学を制する理学療法士・作業療法士は試験を制するとも言えるでしょう.
大腿骨近位部骨折

大腿骨近位部骨折例における膝痛ってよく経験しますよね

今回は大腿骨近位部骨折例における膝痛について調査した研究論文をご紹介させていただきました. 当然といえば当然の結果ですね. 理学療法士・作業療法士としてはどういった症例が膝関節痛を発症しやすいのかが気になりますね.
働き方

理学療法士・作業療法士は将来年金だけで生活できるのか?

今回は理学療法士・作業療法士は将来年金だけで生活できるのかについて考えてみました. 今のところ雇用されている理学療法士・作業療法士の場合には,一馬力世帯でもなんとか生活が可能かもしれませんね. ただ今後いつ年金制度が崩壊するかもわからない状況ですので,やはり貯えをきちんともっておかないと老後が怖いのは間違いありませんね.
働き方

理学療法士・作業療法士の常勤と非常勤ってどこがどう違う?気になる収入・待遇・休みの差

今回は理学療法士・作業療法士の常勤と非常勤の違いについて考えてみました. 常勤と非常勤には大きな違いがあることがわかっていただけたかと思います. どちらが良いという話ではありませんが,自分自身のライフスタイルに合った働き方を選択したいものですね.
働き方

リハビリテーション料が包括されることのデメリット

今回はリハビリテーション料が包括されることのデメリットについて考えてみました. 個人的には今年は氷山の一角と思われる単位不正のニュースが世間を騒がせましたし,リハビリテーションの本質を考えると,そろそろ包括化に移行する流れが妥当だと思います. しかしながら包括化にあたっては法制度上の工夫をしなければ,リハビリテーション医療が衰退してしまうことにもなりかねません.
働き方

収入を上げたい理学療法士・作業療法士に迫りくる悪魔の囁き

今回は収入を上げたい理学療法士・作業療法士に迫りくる悪魔の囁きについてご紹介させていただきました. 今回挙げたような言葉には理学療法士・作業療法士の皆様も注意してください.
働き方

こんな理学療法士・作業療法士が職場にいませんか?悪口依存症の危険性

今回は悪口依存症の危険性について考えてみました. 悪口を言うとスッキリするという方もいらっしゃるかもしれませんが,自分を傷つける上に自分自身の評価を下げてしまうことにもなりますので,理学療法士・作業療法士の皆様も悪口依存症に陥らないように注意してください.
学会発表・論文投稿

第9回日本運動器理学療法士学会開催前にチェックしておきたい演題紹介④

今回は第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をいくつかご紹介させていただきました. 学会が楽しみですね.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい失業保険

理学療法士・作業療法士でけっこう知らずに損している方が多いのが失業保険です. 理学療法士・作業療法士ってこういった法的な制度に疎い方が多くて損している場合って多いんですよね. また手続きがなんとなく面倒くさそうでといった理由で損してしまっている方も多いと思います. 今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい失業保険についてご紹介させていただきます.
学会発表・論文投稿

第9回日本運動器理学療法士学会開催前にチェックしておきたい演題紹介③

今回は第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をいくつかご紹介させていただきました. 明日からもしばらく第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をご紹介させていただきます.
働き方

理学療法士・作業療法士の副業ってぶっちゃけ何がお勧めなの?

今回はいくつかの副業についてそのメリット・デメリット,そしてどういったスキルが必要なのかについて考えてみました. さまざまな副業の形がありますが,重要なのは長続きさせることです. 自分に合った副業の形を選択できるように,メリット・デメリットそして必要なスキルを身につけることができるのかについて考える必要がありますね.
学会発表・論文投稿

第9回日本運動器理学療法士学会開催前にチェックしておきたい演題紹介②

今回は第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をいくつかご紹介させていただきました. 明日からもしばらく第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をご紹介させていただきます.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)後にジョギングしても問題ないの?

今回は人工股関節全置換術(THA)後にジョギングしても問題ないか否かについて検討した研究論文をご紹介させていただきました. THA後の長期成績に与える影響としては,ステムのルーズニングと摺動面の摩耗が挙げられます. 今回の結果からジョギングが安全だと結論付けるのは難しいと思いますが,理学療法士・作業療法士として気になるのはステムのルーズニングと摺動面の摩耗というのが活動性の高さと関連性があるのかといった点です.
学会発表・論文投稿

第9回日本運動器理学療法士学会開催前にチェックしておきたい演題紹介①

今回は第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をいくつかご紹介させていただきます. 明日からもしばらく第9回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から興味深い研究をご紹介させていただきます.
学会発表・論文投稿

理学療法士・作業療法士も知っておきたいin vivo,in vitroが意味するところ

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいin vivo,in vitroが意味するところについて解説させていただきました. 知っているようで知らなかったという方も多かったのではないでしょうか?
変形性股関節症

脚長差は関節負荷(関節接触力)を増強させる?

今回は脚長差が関節負荷(関節接触力)を増強させる可能性を示唆する研究論文をご紹介させていただきました. 非常に興味深い結果ですね. 短縮側への関節負荷が大きくなるといった点がポイントでしょうね. こういった結果を考慮すると理学療法士・作業療法士も脚長差に対して適切に対応をしていく必要がありますね.
臨床実習・国家試験

理学療法士・作業療法士の臨床実習の見学は立位?座位?

今回は理学療法士・作業療法士の臨床実習の見学姿勢について考えてみました. 理学療法士・作業療法士の臨床実習もクリニカルクラークシップ形式での実習が一般的となりましたので,できるだけ見学の時間が短い方が有益ではありますが,そうはいっても実習時間の大半が見学ということも多いと思います. 理学療法士・作業療法士の皆様も臨床実習生が集中して見学できる環境づくりを行えるとよいですね.
働き方

半田連盟会長に「そこまで聞いて委員会」より

今回は日本理学療法士協会元会長で日本理学療法士連盟現会長の半田先生が出演された「そこまで聞いて委員会」についてご紹介させていただきました. 今回もやっぱり面白い内容でしたね.
働き方

理学療法士・作業療法士は養成校時代の同級生を大切にすべき

今回は理学療法士・作業療法士は養成校時代の同級生を大切にすべきだといったお話でした. やっぱり理学療法士・作業療法士養成校時代の同級生って何にも代えがたい存在だと思います. 理学療法士・作業療法士の皆様も養成校時代の同級生を大切にして下さいね.
働き方

理学療法士・作業療法士の1時間はいくらですか?月給を時給換算してみよう

ご自分の時給を算出した結果,「割に合わない!」と納得できなかった理学療法士・作業療法士もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな場合には仕事に見合った給与を支払ってくれる職場への転職を検討してみてもいいかもしれません. 以下に紹介する転職サイトでは,数々の理学療法士・作業療法士を転職成功に導いてきた転職のプロが,転職を全力サポートしてくださいます.
働き方

理学療法士・作業療法士は患者さんからの謝礼ってどうしていますか?

たとえ「もの」を受け取れなくても,クライアントからの感謝の申し出はありがたいものですよね. ものより「ありがとう」という言葉を伝えてくれたことが,何よりも嬉しく励みになりますよね. もちろん言葉だけでなく患者さんが感謝の気持ちを持ってくれたことがもっとも嬉しいことですけどね.
運動療法・物理療法

なぜフォームローラーによるマッサージが可動域や疼痛を改善させるかを考えるうえで重要な論文をご紹介

今回はなぜフォームローラーによるマッサージが可動域や疼痛を改善させるかを考えるうえで重要な論文をご紹介させていただきました. この研究結果から考えるとフォームローラーによる可動域や疼痛改善効果は組織の柔軟性改善というよりも脊髄の興奮性に起因するところが大きい可能性があります. 非常に興味深い結果ですね.
タイトルとURLをコピーしました