足関節周囲外傷

足関節周囲外傷

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 足関節関連2

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から面白そうな研究をいくつかご紹介いたしました. 学会に参加される方は学会までに抄録をしっかり読み込んで参加したいですね.
足関節周囲外傷

第7回日本運動器理学療法学会開催までに読んでおきたい研究紹介 足関節関連

今回はこの第7回日本運動器理学療法士学会の一般演題の中から足関節関連の面白そうな研究をいくつかご紹介いたします.
足関節周囲外傷

足・足趾がなぜ大切なの?

今回は理学療法士の視点で足趾機能が転倒や姿勢制御に与える影響についてご紹介させていただきました.改めて足趾機能に着目して介入を行う視点の重要性を再認識できました.
足関節周囲外傷

糖尿病は運動器疾患?

通常のフットケアでは,皮膚や爪の観察に比較して,関節可動域制限や筋力に関して,十分な注意が払われているとは言い難く,糖尿病の病期にかかわらず,初期から足部の関節可動域の維持ならびに筋力の維持向上も,フットケアの重要な目的と考えられます.
足関節周囲外傷

糖尿病足病変発症のメカニズム

今回は理学療法士の視点で糖尿病足病変について考えてみました.われわれ理学療法士が糖尿病足病変を進行させないように介入するためには,関節可動域制限,足部変形,歩き方に着目する必要があります.
足関節周囲外傷

足関節底屈可動域の重要性

足関節底屈可動域がなぜ必要かと問われると,まず思い浮かぶのが正座の動作に必要であるとか,サッカーのインステップキック動作に必要とかそういったところがまず頭に思い浮かぶと思いますが,実はこの他にも底屈可動域には重要な役割があります.今回は理学療法士の視点で足関節底屈可動域の重要性について考えていみたいと思います.
足関節周囲外傷

足関節外傷後の足関節前方部痛について -長母趾屈筋と距骨の運動に着目して-

足関節背屈時に距腿関節前方部に疼痛を訴える症例は少なくありませんので,こういった視点は非常に重要だと思います.理学療法士は背屈運動時には長母趾屈筋の伸張性と距骨の後方移動に着目して評価を行う必要があると考えられます.
タイトルとURLをコピーしました