2019-12

臨床実習・国家試験

第55回理学療法士国家試験解答速報(午後・複数社の解答まとめ)

 第55回理学療法士国家試験解答速報(午後・複数社の解答まとめ)   第55回理学療法士国家試験解答速報(午後)  令和2年は2月23日(日)は第55回理学療法士国家試験でしたね. 受験された皆様大変お疲れ様で...
臨床実習・国家試験

第55回理学療法士国家試験解答速報(午前・複数社の解答まとめ)

令和2年は2月23日(日)は第55回理学療法士国家試験でしたね. 受験された皆様大変お疲れ様でした. 少しずつ解答速報も出てきましたので複数社のまとめを作成いたしました. 一部予想解答が割れてる問題もありますので黄色でわかりやすくしております. 囲んであるのが3点問題です. 複数社の回答が一致しているものはある程度信じても良いと思います.
未分類

理学療法士・作業療法士の皆様,2019年も1年間ありがとうございました

 PT・OTの皆様,2019年も1年間ありがとうございました  皆様におかれましては平素より理学療法士・作業療法士のためのスキルアップノートをご覧いただきまして大変感謝しております. ブログの名の通り,理学療法士・作業療法士のスキル...
働き方

理学療法士・作業療法士にも必須の「きく力」

今回は理学療法士・作業療法士に必要な「きく力」について考えてみました. 皆様も聴き上手になって,クライアントの信頼を勝ち取りましょう.
働き方

30代理学療法士・作業療法士の平均年収は?

当然ながら給与というのは年齢によっても大きく異なります. 理学療法士・作業療法士の集団というのは他の業界に比較すれば,平均年齢が若いので年収が少なくても当然のようにも考えられますが,年代ごとにみるとどうなのでしょうか? 今回は日本理学療法士協会のピラミッドの平均年齢であり,このブログの閲覧者の中でも最も多いと思われる30代の理学療法士・作業療法士の収入について考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士の給与は232,200~278,640円が妥当?

今回はSNSで話題となっている労働分配率を考慮した上で,理学療法士・作業療法士に与えられる妥当な給与について考えてみました. 結論として232,200~278,640円が理学療法士・作業療法士の妥当な給与ということになります. これ以上を給与としてもらうのであればクライアント対応以外に病院に何かしら貢献する必要があると考えられます.
働き方

理学療法士の雇用も減る?病床削減に向けた新たな展開

国費を利用した病床削減に手挙げをするかどうかについては,現状では地域の状況をふまえながら各医療機関にゆだねられているところでありますが,理学療法士にとっても所属する医療機関がどういった対応をするのかの情報を得ておいた方がよさそうですね. 先日の424病院の発表といい,今回の病床削減といい,本当に医療機関に就職すれば理学療法士は安泰だといったような時代は終わりましたね. こういった国の方針を考慮した上で,自身のキャリアを考える必要がありますね.
認定・専門・登録理学療法士

2019年度版 認定理学療法士症例報告審査の方法が明らかに

今回は審査員に届いた2019年度版の認定理学療法士症例報告審査の内容についてご紹介させていただきました. 今年度は皆様,既に認定理学療法士の症例報告を提出されておりますので,どうすることもできませんが,祈って待つしかありませんね. また来年度以降に受験される方はこの認定理学療法士症例報告審査の内容について十分に把握した上で,症例報告書を作成することをお勧めいたします.
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対する膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせは転倒リスクを増加させる

今回は,膝装具,外側楔状足底板,toe out歩行の組み合わせが膝関節内転モーメントおよび転倒リスクに与える影響を明らかにした論文をご紹介させていただきました. 変形性膝関節症例に対する理学療法では,内反モーメントの軽減に主眼が置かれますが,転倒リスクや他の要因も合わせて考慮する必要がある結果ではないかと思います.
変形性膝関節症

湿度と風の強さと疼痛との関連性が明らかに,気温は疼痛とは無関係

今回はスマホを用いた実態調査によって気温・湿度・風の強さが疼痛と関連するか否かを調査した報告をご紹介いたしました. 天候が悪いと関節の痛みが強まるというのは,単なる迷信ではないようです. 理学療法士・作業療法士もこういった結果を受けて,疼痛評価の際には天候を考慮する必要がありそうですね. また理学療法士・作業療法士は天候を考慮して運動療法を提供する必要があるかもしれませんね.
働き方

理学療法士・作業療法士にも必須のタイピングスキル

今回は理学療法士・作業療法士も身につけておきたいタイピングスキルについて考えてみました. いつも残業ばかりでなかなか早く帰宅できないといった方はまずはご自身のタイピングスキルを見直すことをお勧めします.
未分類

首都大学東京でまた不祥事 有名男性教授が懲戒解雇

 首都大学東京でまた不祥事 有名男性教授が懲戒解雇  年の瀬にまたとんでもないニュースが飛び込んできました. 理学療法士としても有名な首都大学東京の竹井仁教授が懲戒解雇処分になったといったニュースです. 今年はセクハラ・アカハラ事...
変形性股関節症

改善すべきDuchenne歩行と改善すべきでないDuchenne歩行があるって知ってましたか?

今回は,理学療法士が遭遇することの多いDuchenne(デュシェンヌ)歩行について考えてみたいと思いました. Duchenne(デュシェンヌ)歩行のパターンを見極めたうえで適切な介入を行いたいものです.
介護予防

夜間頻尿が高齢者の転倒・骨折に与える影響

今回は夜間頻尿が高齢者の転倒・骨折に与える影響を調査したシステマティックレビューならびにメタアナリシスをご紹介させていただきました. この結果を踏まえると,薬物療法をはじめとした夜間頻尿の治療を第一に行うことが転倒・骨折予防につながると考えられます. また夜間頻尿のある場合にはポータブルトイレを使用する等の対策を理学療法士・作業療法士の評価のもとで行うことが重要であると考えられます.
働き方

理学療法士・作業療法士の給料はなぜ安いのか?

診療報酬・介護報酬上の問題というのはどうにもなりませんので,専門性やスキルを給与面で評価してくれるような勤務先を探すことが重要です. こういった勤務先はまだまだ少ないのが現状ですが,最近は人事考課の中にそういった部分を評価してくれる職場も増えてきております. 安易な転職はオススメ出来ませんが,理学療法士・作業療法士の専門性やスキルを評価してくれない環境で働いても給与は全く増えることは無いでしょう.
働き方

理学療法士は運動と運動療法の違いを理解しておくべき

今回は理学療法士の視点で運動と運動療法の違いについて考えてみました. 素人レベルの説明や運動の内容を提供してお金を頂いてはまずいですよね. 専門職として運動ではなく運動療法を提供できる理学療法士でありたいですね.
働き方

理学療法士・作業療法士の職場恋愛は多い?

今回は理学療法士・作業療法士の職場恋愛について考えてみました. 職場恋愛を通じて理学療法士・作業療法士の仕事に対するモチベーションが向上するのはとても良いことだと思いますが,一方で別れた時の働きにくさといったデメリットが存在するのも事実です. そうはいっても自分の感情に任せて行動するしかないのが恋愛だと思いますが…
変形性膝関節症

変形性膝関節症例に対するモビライゼーションって効果あるの?

今回は変形性膝関節症例に対する関節モビライゼーションが,膝痛および関節機能に与える影響を明らかにした報告をご紹介させていただきました. シャム刺激にどういった刺激が用いられたかが非常に気になるところですが,こういった徒手療法に関する無作為化比較試験は少ないので非常に意味のある論文ですね.
働き方

若い理学療法士が業界で名を売るには?

若い理学療法士が業界で名を売るにはといった視点で考えてみました. SNSを利用するなんていうのも1つの手ですが,最近はSNSで積極的に発信している理学療法士も非常に多いので,SNSの中で目立つことが難しくなってきているのも実際です. まずは学会で発表して質問する,ハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが,要は慣れです. 繰り返してそういった習慣を身につけていくと,発表や質問も苦でなくなります.
運動療法・物理療法

理学療法士・作業療法士も必見 サウナがトレーニング代わりになるって本当?

温泉施設の中にはサウナが併設されているところも多いですが,近年では,サウナで汗を流すことの効用を裏付ける研究も多く出てきています. 今回はこのサウナがトレーニング代わりになるかどうかについて考えてみたいと思います.
働き方

現状の美味しすぎる地域包括ケア病床制度にメスが入れられる?

今回は来年度の診療報酬改定で地域包括ケア病棟がどのように変わるのかについて考えてみました. 地域包括ケア病棟で勤務する理学療法士・作業療法士の方も多いと思いますので,今後の動きに注目しておく必要がありそうですね.
認定・専門・登録理学療法士

認定理学療法士・専門理学療法士制度の取得要件とカリキュラムイメージ(案)と今後のスケジュールが明らかに

今回は新生涯学習制度における,認定理学療法士・専門理学療法士制度の取得要件とカリキュラムイメージの案と今後のスケジュールについて考えてみました. 先日,公表されたものだけではあまりイメージがつきずらかったのですが,これで時間的な流れがすっきりしましたね. パブリックコメントの募集期間は12月20日(金)正午まで延長されておりますので,この追加資料を把握した上で,しっかりと意見をコメントしましょう.
介護予防

どこでも誰でもフレイルが簡単にスクリーニングできる新しいツール

今回は5つの質問から簡単にフレイルをスクリーニングできる方法に関する論文をご紹介させていただきました. フレイルに対しては,2024年度までに全ての市町村でチェック・予防事業が開始されることが決まっておりますので,今回開発されたチェックシートは簡便であり,非常に魅力的ですね.
働き方

2020年度理学療法学会情報紹介 スケジュールかぶりすぎな件

今回はブロック学会・分科学会を中心に来年度開催予定の学会についてご紹介させていただきました. 魔の2020年10月17日(土)~18日(日)ですね. 2020年10月17日(土)~18日(日)は多くの理学療法士が様々な場所で勉強していることになりますが,学会運営側としては集客に困るでしょうね…
介護予防

地域ケア会議において理学療法士が行う助言のポイント

今回は厚生労働省が公表している専門職向け手引きを元に理学療法士が助言する際のポイントについて考えてみたいと思います. 的外れなKY発言をしてしまうと理学療法士の信用もガタ落ちです. ニーズをしっかりと把握した上で良い仕事ができるようにしたいですね.
未分類

2019年理学療法士業界の流行語は?

私の勝手な独断と偏見にはなりましたが,2019年度の流行語大賞を発表いたしました. 残念ながら暗いニュースばかりを取り上げる形となりましたが,2020年は東京オリンピックも開催されますし,理学療法士のさまざまな場での活躍が増える1年になると良いですね.
理学療法評価

Active SLRを使用した体幹の筋機能評価

今回はこのSLR運動を使った体幹筋の筋機能評価についてご紹介させていただきました. 今回ご紹介いたしましたactive SLRを使用した体幹筋機能評価法はトレーニングとしても用いることが可能です. SLRは昨今,下肢の筋力トレーニングとしては微妙な位置づけとなってきておりますが,体幹筋の機能評価やトレーニングとして生かせる運動だと思います. 皆様もクライアントの体幹機能評価に使ってみてください.
人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外旋トレーニング

今回は人工股関節全置換術(THA)例に対する股関節外旋トレーニングに関する無作為化比較試験をご紹介させていただきました. 興味深いのは股関節外転筋力に向上が得られているといった点です. 股関節外旋筋群のスタビライザーとしての機能が向上すれば,股関節の求心性が向上し,股関節外転筋力を発揮しやすくなるといった結果だと思います.
脊椎圧迫骨折

骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折や頭部前方偏位はバランスや移動能力と関連するのか?

今回は脊椎圧迫骨折やforward head postureがバランスや移動能力とどう関連するのかを検討した論文をご紹介させていただきました. 今回の結果から考えると,骨折の数や重症度等によらず,occiput-to-wall distanceを改善すべく,forward head postureの改善に着眼した理学療法が必要であると考えられます. occiput-to-wall distanceというのは臨床でも簡単に評価が可能ですので理学療法評価の中に取り入れていきたいですね.
未分類

理学療法士・作業療法士の皆さんはP値の意味するところを理解できていますか?

今回は理学療法士・作業療法士向けにP値の意味するところについて考えてみました. 理学療法士・作業療法士もP値をきちんと理解してP値に振り回されることなく正しくデータを解釈できるようにしたいですね.
タイトルとURLをコピーしました