THA例に対するホンダ歩行アシストを使用した歩行トレーニングの効果は?

投稿者: | 2019年10月30日

THA例に対するホンダ歩行アシストを使用した歩行トレーニングの効果は?

5年くらい前から学会等でもホンダ歩行アシストに関する発表が増えてきました.

このブログの中でもホンダ歩行アシストについて以前もご紹介させていただきました.

 

Honda歩行アシストって?

 

今回はTHA例に対するホンダ歩行アシストを使用した歩行トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきます.

white robot near brown wall

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回ご紹介する論文 

Medicina (Kaunas). 2019 Mar 14;55(3). pii: E69. doi: 10.3390/medicina55030069.

Gait Training Using the Honda Walking Assistive Device® in a Patient Who Underwent Total Hip Arthroplasty: A Single-Subject Study.

Koseki K, Mutsuzaki H, Yoshikawa K, Endo Y, Maezawa T, Takano H, Yozu A, Kohno Y

今回ご紹介する論文は2019年に公表された新しい論文です.

本邦で行われた単一症例に対する研究報告となっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の背景・目的 

The Honda Walking Assistive device® (HWA) is a light and easy wearable robot device for gait training, which assists patients’ hip flexion and extension movements to guide hip joint movements during gait. However, the safety and feasibility of robot-assisted gait training after total hip arthroplasty (THA) remains unclear. Thus, we aimed to evaluate the safety and feasibility of this gait training intervention using HWA in a patient who underwent THA.

ホンダ歩行アシストは軽量で簡易なウェアラブルロボットとして歩行トレーニングに用いられます.

ホンダ歩行アシストはクライアントの基本的な機能は歩行中のクライアントの股関節屈曲・伸展運動のアシストです.

しかしながら人工股関節全置換術(THA)例を対象として,ホンダ歩行アシストの使用による安全性や実用性を明らかにした報告は少ないのが現状です.

そこでこの研究ではTHA例に対するホンダ歩行アシストを使用した歩行トレーニングの安全性および実用性を明らかにすることを研究目的としております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の方法 

The patient was a 76-year-old woman with right hip osteoarthritis. Gait training using HWA was implemented for 20 sessions in total, five times per week from 1 week to5 weeks after THA. Self-selected walking speed (SWS), step length (SL), cadence, timed up and go(TUG), range of motion (ROM) of hip extension, and hip abduction and extension torque were measured preoperatively, and at 1 (pre-HWA), 2, 3, 4, 5 (post-HWA), and 10 weeks (follow-up) after THA. The gait patterns at SWS without HWA were measured by using three-dimensional (3D) gait analysis and an integrated electromyogram (iEMG).

研究対象は右変形性股関節症を有する76歳の女性です.

ホンダ歩行アシストを用いた歩行トレーニングは術後1週目から5週目に週5回,計20セッション行われております.

アウトカムは快適歩行速度,歩幅,ケイデンス,TUG,股関節伸展可動域,股関節外転・伸展トルクとなっております.

それぞれ術前,術後1・2・3・4・5・10週に測定が行われております.

対象者の歩行分析については3次元動作解析装置を用い,ホンダ歩行アシストを装着していない状態で実施されております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結果 

The patient completed 20 gait training sessions with no adverse event. Hip abduction torque at the operative side, hip extension torque,SWS, SL, and cadence were higher at post-HWA than at pre-HWA. In particular, SWS, TUG, and hip torque were remarkably increased 3 weeks after THA and improved to almost the same levels at follow-up. Maximum hip extension angle and hip ROM during gait were higher at post-HWA than at pre-HWA. Maximum and minimum anterior pelvic tilt angles were lower at post-HWA thanat pre-HWA. The iEMG of the gluteus maximus and gluteus medius in the stance phase were lowerat post-HWA than preoperatively and at pre-HWA.

症例は大きな事故等は無く20回の歩行トレーニングを完遂しております.

術側の股関節外転トルク,股関節伸展トルク,快適歩行速度,歩幅,ケイデンスは術後ホンダ歩行アシストを装着した状態で明らかな改善が得裸得ております.

特に快適歩行速度,TUG,股関節トルクに関しては術後3週目に著名に改善し,フォローアップレベルにまで達しております.

歩行中の最大股関節伸展角度についても術後に明らかに改善しております.

最大および最小骨盤前傾角度は術前に比較して術後で小さく,骨盤の代償運動も少なくなっております.

 

 

 

 

 

 

 

 

 研究の結論 

In this case, the gait training usingHWA was safe and feasible, and could be effective for the early improvement of gait ability, hipfunction, and gait pattern after THA.

この症例においては,ホンダ歩行アシストを使用した歩行トレーニングは安全で実用可能であり,人工股関節全置換術例における術後早期の歩行能力,股関節機能,歩行パターンの改善を図る上で有用であることが明らかとなりました.

 

今回はTHA例に対するホンダ歩行アシストを使用した歩行トレーニングの効果を明らかにした研究論文をご紹介させていただきました.

今回は1例を対象とした症例研究でしたが,今後は多標本実験計画法を用いた研究報告が待たれますね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です