リハビリ専門職(理学療法士・作業療法士)の就職試験における面接で聞かれそうなこと30選

投稿者: | 2018年8月29日

そろそろ就職試験をむかえる学生の方も多いのではないかと思います.

就職試験には筆記試験・小論文・面接試験など様々な形式がありますが,リハビリ専門職の試験の中ではきっちりとした筆記試験が行われるケースは意外に少なく,面接試験だけで修飾が決定されるという場合も少なくありません.

今回は就職試験に備え,面接で聞かれそうな質問を30個挙げ,回答のポイントについて解説したいと思います.

 

1.自己紹介をしてください

第一印象やコミュニケーション力などをみるための質問です.鉄板の質問ですので,必ず事前に準備しておきましょう.氏名はハッキリと述べ,1分以内で簡潔に話すようにしましょう.在籍校・氏名や自身の長所・短所などを述べましょう.

 

2.当院・当グループ・当施設を志望された動機を教えてください.

必ず聞かれる質問です.ホームページや施設見学時の情報をまとめ,どういった動機で就職したいと考えたのかを明確に述べましょう.病院・施設の特徴をしっかりと情報収集することが重要です.

 

3.学生生活で最も印象に残った体験を教えてください

ボランティア活動やサークル活動の経験があれば,そういった活動を通じた体験でもいいですし,そういった活動が無ければ,印象に残った授業の内容でもよいと思います.

 

4.なぜ理学療法士になりたいと思ったのですか?

この質問も頻度の高い質問だと思います.養成校入学前(高校生)の動機に加え,養成校での学びを通じて理学療法士になりたいといった気持ちがどう変化したかを述べると良いでしょう.

 

5.あなたの長所と短所を教えてください

強みや弱みとなるものは,必ず面接の場面で聞かれるものです.長所に関しては例えば慎重な性格なので急性期病院でのリスク管理を行いながら確実なサービスを提供できるなど,自身の性格と理学療法業務を絡めながら回答できると良いですね.短所については,自己洞察ができる人材かどうかを見極めるという意図があります.短所を述べつつ,改善するためにどういった努力をしてきたかといった点を述べると良いと思います.

 

6.どういった分野の理学療法に興味がありますか

理学療法・作業療法の分野も多岐にわたります.志望した病院(施設)の特性を考えながら,自身の興味のある分野,なぜどういった面で興味を持ったのかを回答します.

 

7.最近のニュースで気になったことはありますか?

医療事故に関するニュースや,医療の発展に関するニュースなどを取り上げ,自身の感想をリハビリテーションと絡めながら回答できると良いと思います.

 

8.何か聞きたいことはありますか?

「特にありません」といった質問はあまり望ましくありません.情報収集をした上で,ホームページ等では収集できない内容を質問しましょう.間違っても募集要項に記載されているような内容を質問してしま募集要項はきちんと確認しましょう.

 

9.臨床実習ではどのような疾患の患者さんを経験しましたか?

疾病はもちろん,患者さんを通じて学んだことを簡潔に回答できると良いですね.

 

10.得意科目・苦手科目は何ですか?

得意科目と病院(施設)の特性を絡めながら回答ができると良いですね.解剖学・運動学が得意なので整形外科手術の多い貴院でさらに理解を深め,学んだことを患者さんに還元したい…等.苦手科目については苦手意識を解消するために,どういった努力をしているかを回答しましょう.

 

11.将来どんな理学療法士になりたいですか?

病院や施設への貢献はもちろんですが,現実を見据えながらも,面接者が心を打たれるような夢を回答できると良いですね.

 

12.国家試験の勉強は順調ですか?合格できそうですか?

ここ数年,国家試験の合格率が下がっておりますので,雇用する側からすれば非常に気になるところです.嘘でも絶対に合格できる自信がありますと回答しましょう.

 

13.職場での人間関係をよくするためにはどうしたらいい?

職場にはさまざまな人がいます.管理者としては職場内の人間関係は非常に重要視するところだと思いますので,こういった質問も少なくないと思います.回答例としては「互いに相手の立場や個性を尊重し,かつ全体の調和を乱さないように注意することです.どの職場・集団でも多くの日様々な人間が一緒に仕事をしていくわけですが,各々にそれぞれ個性があり,能力も性格も異なります.そこで自分の立場や意見ばかりを主張するのではなく,相手の意見を理解しようとする姿勢が重要だと思います」などの回答が良いと思います.

 

14.あなたを採用するメリットは何でしょうか?

長所や得意分野をふまえて自身をアピールしましょう.組織の中で自分がどのように役立つかを自信を持って回答することが重要です.

 

15.当院以外に受けている病院がありますか?

基本的には正直に回答する必要がありますが,第2希望であっても第1希望と回答するようにしましょう.第2希望と回答されて採用したいと考える採用者はいないと思いますので…

 

16.結婚後や出産後も仕事を続けていきたいと考えていますか?

女性に対してこういった質問をされる場合も少なくないと思います.基本的には育児休暇を利用しながら続けていきたいと回答することが無難です.

 

17.医療安全についてどうお考えですか?

現代の医療における最重要テーマの1つです.自身の考えを事前にまとめておくと良いでしょう.

 

18.趣味はありますか?

ワークライフバランスといった概念が近年声高に叫ばれておりますので,趣味を通じて息抜きをしながら仕事をするというのも大切なことです.趣味活動を行うことでリフレッシュでき,良い仕事ができるといった流れで回答すると良いでしょう.

 

19.理学療法士と作業療法士の違いは何だとお考えですか?

これもこれといった回答はありませんが,自分なりの回答をまとめておくことが重要だと思います.

 

20.尊敬する人は誰ですか?

歴史上の人物でも,学校の先生でも,両親でもいいですが,理由も含めて回答することが重要です.

 

以上ですが,他にもこんな質問も考えられます.

21.やらなければならないことが沢山ある場合,優先順位はどうつけますか?

22.あなたがお勧めする本を一つ紹介してください

23.今まで人生の中で一番辛かったと思うことを一つお願いします

23.貴方はなぜ今の養成校に入学したのですか?

24.どうしても上司と折り合いがつかなくなったときにどうしますか?

25.あなたが挫折してそれをどう乗り越えたか教えてください

26.生きていくうえで一番大切なものは何だと思いますか?

27.学生と社会人の違いは何だと思いますか?

28.これだけは人に負けたくないと思うものは何ですか?

29.なぜこの地域で就職しようと思ったのですか?

30.最近,新たに興味を持ったことはありますか?

 

 

求人サイトへ登録しよう

最近は人材バンクに登録しておけば,面接対策まで行ってくれるところもありますので,就職活動の際にはこういった人材バンクに登録しておくのも1つの方法だと思います.

登録も無料ですので利用しない手はありません.

就職活動の方は是非ともご利用ください.



今回はリハビリ専門職の面接試験で質問されそうな内容をご紹介いたしました.

面接官は回答内容はもちろんですが,あなたがどれだけはっきりとご自分の意見を述べられるかを見ています.自信を持って回答することが重要ですが,そのためには事前準備が欠かせません.

予測される質問に関しては事前に回答を準備し,的確に回答できるようにしましょう.そうすることで合格をつかみ取ることに繋がると思います.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です