未分類

未分類

診療録(カルテ)に「do」って「did」の間違いじゃない?「do」を「する」だと考えていたら恥ずかしいですよ

今回は「do」=「する」と間違って解釈している理学療法士・作業療法士が恥ずかしい件について考えてみました. これは知らないと本当に恥ずかしいのでシェアならびにリツイートしていただいて,多くの理学療法士・作業療法士に知っておいていただきたいと考えております.
未分類

ギフトオーサー・ゴーストオーサー問題

ギフトオーサー・ゴーストオーサー問題 理学療法士・作業療法士の皆様はギフトオーサーとかゴーストオーサーという言葉を耳にされたことがありますか? オーサー(author)というのは著者のことですが,論文の著者を指します. 理学療...
未分類

オンラインで開催された大阪府理学療法学術大会でトラブル発生

今回は第32回大阪府理学療法士学術大会におけるトラブルについて考えてみました. いろいろとトラブルはあったようですが,他県からの参加も多かったようですし,盛り上がったのは間違いありませんね. 一方でオンラインならではかもしれませんが,発表中にTwitterで発表内容に関して別のところで議論が行われたりと…これも時代というかオンラインならではかもしれませんね.
未分類

理学療法士・作業療法士の学生(大学院生を含む)はPrime Studentを利用しないと損

今回は理学療法士・作業療法士の学生はPrime Studentを利用しないと損だといったお話です. 学生の証明は基本的に学生証を用いて行われますので,学生証があればOKです. 理学療法士・作業療法士の養成校に通学する学生のみならず,大学院生も対象となりますので,現在大学院に通われている方もこの機会を逃さないようにしたいですね.
未分類

日本理学療法士協会誌「理学療法学」の査読は厳しいのか?

今回は日本理学療法士協会誌「理学療法学」の査読は厳しいのかについて考えてみました. 査読は厳しいかもしれませんが,論文というのはより多くの目に触れることに大きな意味があります. 誰も見ないような雑誌に投稿してもその価値は… そういった意味からすると日本の理学療法士の最も多くが目にするであろう理学療法学に投稿する意義は大きいでしょうね.
未分類

エビデンスとEBMの違いをきちんと知ってますか?

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいエビデンスとEBMの違いについて考えてみました. エビデンスとEBMの相違を理解しておくことは非常に重要だということがなんとなくわかっていただけたかと思います. また理学療法士・作業療法士は自分の都合のように論文の一部をかいつまんでエビデンスと称するのも早く卒業した方が良いでしょうね.
未分類

オンライン研修会ってやっぱり顔出ししない人が多い?

今回はオンライン研修会ってやっぱり顔出ししない人が多いのかといった点について考えてみたいと思います. まだまだコロナ禍の状況が続きそうですので,理学療法士・作業療法士もオンライン研修のスタイルに慣れていかなくてはいけませんね.
未分類

廃用症候群ってネーミングって印象が良くない

今回は廃用症候群というネーミングについて考えてみました. リハビリテーション実施計画書に廃用症候群なんて書かれているとクライアントも良い印象は受けませんよね. 早くこの廃用症候群という用語がかつての痴呆が認知症に見直されたように見直されることをきたしたいですね.
未分類

Google Scholarのアラート機能が便利

今回は便利なGoogle Scholarのアラート機能についてご紹介させていただきました. とても簡単に設定ができて便利ですので,理学療法士・作業療法士の皆様もぜひ使ってみてください.
未分類

時間がない理学療法士・作業療法士こそ無料キャンペーン中にAudible(オーディブル)を使用すべき

今回は時間がない理学療法士・作業療法士こそ無料キャンペーン中にAudible(オーディブル)を使用すべきといったお話でした. 無料キャンペーンがいつまで続くか分かりませんので,新型コロナウイルス感染自粛中にAudible(オーディブル)を使って快適な読書生活を送ってみてはいかがでしょうか?
未分類

理学療法士・作業療法士の対面研修会はいつから再開されるのか?

今回は理学療法士・作業療法士の対面研修会はいつから再開されるのかについて考えてみました. 実際なところ対面研修会に参加できる理学療法士・作業療法士というのは当面はかなり限られるでしょうね. また対面ならではの価値を提供できるかどうかが対面研修会開催のポイントになりそうですね.
未分類

理学療法士・作業療法士がオンライン学会で発表する際にはスライド枚数に注意が必要

今回は理学療法士・作業療法士がオンライン学会で発表する際の注意点について考えてみました. しばらくオンライン形式での学会が続くことが予想されます. われわれ理学療法士・作業療法士もオンラインならでは発表形式に徐々に慣れていく必要がありそうですね.
未分類

第25回3学会合同呼吸療法認定士認定試験が延期に

今回は第25回3学会合同呼吸療法認定士認定試験の延期について考えてみました. 新型コロナウイルス感染拡大の収束にはかなり長い期間を要することが予測されますので, 3学会合同呼吸療法認定士認定試験に限らず,今後さまざまな資格試験をどう取り行うかというのも大きな問題となりそうですね.
未分類

両者がマスクをしていたら2m以内15分以上の接触でも濃厚接触にならない?

今回は濃厚接触の定義について考えてみました. 以前にもお伝えいたしましたが理学療法・作業療法なんて濃厚接触の嵐ですが,現在の定義からすると濃厚接触に当たらないといった何かおかしな話です. 感染者が日々増加しており,医療者はまだまだ我慢を強いられる日が続きそうですが,皆様もくれぐれも感染予防を図りながら仕事に励まれてください.
未分類

メルカリで出品されている理学療法・作業療法関連の裁断本って違法じゃないの?

今回はメルカリで出品されている理学療法・作業療法関連の裁断本って違法じゃないのかについて考えてみました. こう考えると書籍って売れるわけありませんよね… 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士のマーケットってたかだか20万人規模ですし,その中でこういった裁断・スキャン・転売といった流れがあれば,残念ながら売れる書籍というのは学校の教科書くらいでしょうね・・・
未分類

日本理学療法士協会が監修した腰痛診断に関する漫画が話題

今回は日本理学療法士協会が監修した腰痛診断に関する漫画について考えてみました. 漫画で一般の方にわかりやすくというのは非常に良いことだと思いますが,今回の件を考えると漫画として取り扱う内容に関しても難しいなと改めて感じました.
未分類

いい加減に日本理学療法士協会発行雑誌「理学療法学」は完全電子化でいいのでは?

いい加減に日本理学療法士協会発行雑誌「理学療法学」は完全電子化でいいのでは? 日本理学療法士協会に所属している理学療法士であれば,年に6回日本理学療法士協会から「理学療法学」といった雑誌が送付されてくると思います. この「理学療法学...
未分類

理学療法士・作業療法士は独歩の定義を見直した方が良い

今回は理学療法士・作業療法士は独歩の定義を見直した方が良いといった件について考えてみました. 誤った言葉の使い方をしていても施設内で通じればそれで良いなんて考え方もあるかもしれませんが,他施設へ情報提供を行う場合や学会発表の場では表現している内容がうまく伝わらない可能性が高いのでやはり言葉は正しく使いたいですね.
未分類

理学療法士・作業療法士が新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金を受け取るには?

今回は理学療法士・作業療法士も気になる新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金についてご紹介させていただきました. 基本的には施設側が国に対して申請を行うものですので,管理者の理学療法士・作業療法士は申請がきちんと行われているかを確認した上で,所属スタッフに伝達する必要があるでしょうね.
未分類

疾患別リハビリテーション料って時間を小分けにしても算定できるのでしょうか?

今回は疾患別リハビリテーション料って時間を小分けにしても算定できるかについて考えてみました. 融通の利かないルールですが,現状では20分以上の実施がルールになっておりますので,間違っても午前と午後の時間を合算して疾患別リハビリテーション料を算定するというのは危険でしょうね.
未分類

この非常事態に理学療法の日の広告掲載って必要?

日本理学療法士協会が4月末に続いて本日の理学療法の日に合わせて,数千万円をかけて毎日新聞朝刊全国版に全面広告を掲載した件について考えてみました. この感染拡大に豪雨災害といった非常事態の状況下,広告掲載して理学療法の日をアピールしてるのってKYな職種だなといった印象しか持たれない気がしますけどね.
未分類

新聞で参議院議員で日本理学療法士協会理事の給与所得が公開される

一概には理学療法士国会議員の年収が高いかは断言できませんが,多くの若い理学療法士が年収300万円未満で生活に困窮していることを考えると理学療法士の社会的地位を改善するべくもう少しアクティブに活動していただきたいと考えるのは私だけでしょうか?
未分類

理学療法士・作業療法士は「認知があって…」なんて表現は使いませんよね?

今回は医療・介護現場で用いられることの多い「認知があって…」といった表現について考えてみました. 言いたいことはわからなくはありませんし,職場によってはそれが共通言語になっていたりするのだと思います. 理学療法士・作業療法士も認知症を合併したクライアントに関わる機会は少なくないと思いますので,正しい表現の選択をしたいものですね.
未分類

天下の千里リハグループが自費リハを開設

今回は千里リハビリテーション病院グループが開設した自費リハについてご紹介させていただきました. コロナ禍においてどこまでこのグループが集客できるかは非常に興味がありますが,これまでにも数々の実績を残してきたグループですし,吉尾雅春先生のメディア露出は非常に多いので,十分に集客できると予測しますが…
未分類

第57回日本リハビリテーション医学会学術集会は現地開催 コロナ禍における勇気ある決断

今回は第57回日本リハビリテーション医学会学術集会の現地開催について考えてみました. 例年と比較してどのくらいの参加率になるのかが非常に気になりますが,盛会となるよう祈りたいですね. くれぐれもクラスター感染なんてことにならないように… また法人が職員の学会参加をどこまで認めるかなんていうのも気になるところですね.
未分類

令和2年度の 理学療法にかかわる研究助成採択結果一覧が公表される

今回は令和2年度の日本理学療法士協会における研究助成の採択結果が発表されましたので,今回は採択された研究についてご紹介させていただきました. やはり研究機関である大学に所属する理学療法士の採択が多いといった結果でありました. 採択率を見ても日本理学療法士協会の研究助成制度はハードルは非常に高いですが,助成額もかなりの金額ですので一度はチャレンジしてみたいですね.
未分類

理学療法士・作業療法士も気になるUNIQLOのエアリズムマスク

今回は2020年6月19日に販売開始となったエアリズムマスクについてSNS上の感想をご紹介させていただきました. 装着感や息苦しさにはもちろん個人差があるのでしょうが,理学療法士・作業療法士が期待している夏の暑い環境で運動しながらでも快適に装着できるようなものではなさそうですね.
未分類

理学療法士・作業療法士がZOOMでウェビナーを行うためにはインターネットの通信速度が重要

今回は理学療法士・作業療法士がZOOMでウェビナーを行うためにはインターネットの通信速度が重要であるといったお話でした. 理学療法士・作業療法士の皆様も通信速度を確認してみてください.
未分類

結局のところロボティクス(運動量増加機器)を用いたリハビリテーションは診療報酬上でどのように評価されるのか?

今回は医科診療報酬点数表で明らかにされたロボティクス(運動量増加機器)を用いたリハビリテーションが診療報酬上でどのように評価されるのかについて考えてみました. 結果から言えばかなり厳しい基準となりましたが,理学療法士・作業療法士ももう少し長い目でこの運動量増加機器の使用による加算について見守っていく必要がありそうですね.
未分類

理学療法士・作業療法士のオンラインセミナーってどうやって探していますか?

今回は理学療法士・作業療法士がオンラインセミナーを受講する際に役に立つサイトをいくつかご紹介させていただきました. 上半期はすでに日本理学療法士協会や都道府県理学療法士会の研修会はおおよそ中止や延期が発表されておりますので,この機会にぜひオンラインセミナーに参加してみましょう.
タイトルとURLをコピーしました