就職活動

就職活動

理学療法士・作業療法士が楽な職場で働くには?

楽にもいろいろな要素があると思いますが,できれば楽に働きたいですよね? 楽していると成長できないなんていう人もいますが,そんなこともないと思います. 無駄に厳しい職場で少しも成長できていないなんて場合もあるでしょう. 今回は理学療法士・作業療法士が楽な職場で働くにはということで考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が転職で見落としやすいポイント6選

今回は理学療法士・作業療法士が転職で見落としやすいポイント6選について解説させていただきました. ただここに挙げたポイントって求人票からだけでは情報が得られない場合が多いと思います. 自分で病院や施設の担当者に聞くのも勇気がいると思いますし,下手に確認するとマイナスの印象を持たれることも多いと思います. しかしながら確実におさえておきたいポイントばかりです. 転職に際して今回ご紹介したポイントを確実におさえるためには転職サイトの利用がお勧めです.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのか?

理学療法士・作業療法士は資格職ですので転職を繰り返してキャリアアップを図る方も少なくありません. 理学療法士・作業療法士の転職で多いのが3年目の転職です. でもなぜ3年目が多いのでしょうか? 今回は理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのかについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が手取り30万円を達成するためには?

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円です. これって月々の手取りにするとどのくらいかわかりますか? 賞与にもよりますがおおよそ手取り20~25万円程度ということが多いと思います. これってかなりきついですよね? 理学療法士・作業療法士が豊かな生活を送るためには手取り30万円は欲しいですよね?
就職活動

40代理学療法士・作業療法士転職を成功させるには?

ただ40代の新卒であっても求人はありますし,管理職経験者であれば管理職を募集している求人からは歓迎されます. 40代における理学療法士・作業療法士の年収は480万円と高めですが,これも経験や立場によって異なります. 管理職であれば500万円を超える求人もありますし経験が浅ければ300万円代という可能性もあります.
就職活動

理学療法士・作業療法士の求人票にはこれを書いておいてほしい

理学療法士・作業療法士が就職活動や転職活動を実施する場合には求人票を確認すると思います. ただ求人票って十分な情報が記載されていないことも多いですよね? 今回は理学療法士・作業療法士の求人票にはこれを書いておいてほしいといったお話です.
働き方

R4年度診療報酬改定で回復期リハビリテーション病棟はどう変わるのか?

今回は2022年1月26日に公開された中医協の情報からR4年度診療報酬改定で回復期リハビリテーション病棟はどう変わるのかについて考えてみました. おおよそ回復期リハビリテーション病棟に関しては改定内容が具体化してきました. 気になるのは入棟時のFIMによる評価の操作に関する内容が組み込まれていない点です. 今後の改定情報から目が離せませんね.
働き方

理学療法士・作業療法士の転職市場動向に関する無料セミナー

今回は理学療法士・作業療法士を対象とした理学療法士・作業療法士に特化した最新の転職市場や病院・施設といった業態別に働き方の特徴や身につきやすいスキルに関する無料セミナーについてご紹介させていただきます.
働き方

理学療法士・作業療法士が転職を成功させるコツは「希望条件」をしっかり整理すること

理学療法士・作業療法士というのは転職が大き職種の1つです. 理学療法士・作業療法士の転職のきっかけもさまざまですが,今の職場に不満や物足りなさを感じて,今よりもっと条件の良い職場で働きたい,やりがいのある仕事をしたいなどと考えられると思います. しかしながら条件の良い職場とかやりがいと言ってもその基準は人それぞれで,他の理学療法士・作業療法士にとっての良い職場が,あなたにとってそうだとは限りません.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職は早ければ早い方が良い?

日本では石の上にもという言葉が古くからあります. まずは1つの職場で3年は我慢してはたかないとなんて思いを持って仕事をされている理学療法士・作業療法士のことも少なくないと思います. またとりあえず30歳までは今の職場で働いてから転職しようなんて思いを持たれている理学療法士・作業療法士は多いと思います. 給与面や福利厚生などの今の仕事に不満があっても,もう少しは我慢して働こうと考える理学療法士・作業療法士が多いわけです.
働き方

理学療法士・作業療法士もこれがないと入職後に後悔する福利厚生

福利厚生のことって面接でも聞きにくいですし,求人票を見てもよくわからないですよね. 制度はあっても誰も使ってないなんてパターンもありますので,重要なのは実際に使えるかどうかです. リハビリテーション部門内の雰囲気も大切でしょうね.
就職活動

理学療法士・作業療法士の年末年始の転職ってどうなの?

上述したように年末年始という特別な時期ですが,むしろ転職には好都合な時期だと言えます. むしろ年明けは求人情報が多くなる時期ですのでチャンスです. ただ自分一人で多くの求人情報から自分に合った求人を探し出すのは大変な作業です.
就職活動

こんな理学療法士・作業療法士は採用したくない

今回はどんな理学療法士・作業療法士を採用したくないかについて考えてみました. 面接ではここまでご紹介したようなポイントがチェックされます. 今後転職を考えられている方は,希望する病院や施設の採用を勝ち取ることができるよう,採用したくないポイントに当てはまる部分はないかを一度振り返ってみてはいかがでしょうか?
就職活動

年収300万円の理学療法士・作業療法士こそ動けばすぐに年収が上がる

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円といわれております. 平均年収が406万円ですから,年収が600万円を超える理学療法士・作業療法士もいれば,年収が300万円前後の理学療法士・作業療法士もいるわけです. ただせっかく3~4年間養成校に通って,国家試験にも合格して年収300万円ってきつすぎますよね?
働き方

理学療法士・作業療法士は絶対に上司から嫌われてはいけない

理学療法士・作業療法士の皆様も職場の上司のもとで仕事をされていると思います. 経営者や社長を除けば,理学療法士・作業療法士は管理監督職であっても上司の下で仕事をされるという方が多いでしょう. どの仕事にも当てはまることですが上司との関係性ってものすごく重要ですよね. 上司に嫌われると良いことはありません.
就職活動

理学療法士・作業療法士が転職で失敗しないための7つの確認

今回は転職する際に理学療法士・作業療法士が見落としがちなポイントについてご紹介させていただきました. 今回ご紹介させていただいた7つのポイントは理学療法士・作業療法士が転職を成功させるためには非常に重要ですが,一方で九票から情報を得ることが難しいことが多いです. かといって面接や職場見学で担当者から聞き出すにも勇気がいります.
働き方

理学療法士・作業療法士の通勤時間が長いと不幸になる?

理学療法士・作業療法士の通勤時間が長いと不幸になる? 理学療法士・作業療法士が就職先や転職先を考える際には,給与や職場環境などさまざまな要因を考慮されると思います. しかしながら案外軽視されがちなのが通勤時間です. 通勤時間っ...
働き方

理学療法士・作業療法士は良い人が減っていく職場から早く抜け出した方がよい

理学療法士・作業療法士の職場でも常に人員が不足している職場ってありますよね. 毎年のように増員しているにもかかわらず常に人員が不足している職場です. こういった職場に限って優秀な理学療法士・作業療法士ばかりが次々に辞めていってしまったりするものです.
働き方

理学療法士・作業療法士の給与は能力よりも環境で決まることがほとんど

理学療法士・作業療法士の平均給与は406万円です. 訪問リハビリテーション事業所やクリニックのように比較的給与が高い施設もあれば,総合病院のように初任給が15万円そこそこの施設もあります. 結局のところ理学療法士・作業療法士個々人の能力というよりは,環境によって給与が決まるというのが現状だと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士が手取り40万円を目指すには?

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円です. 賞与も合わせて考えると月々の平均的な手取りは20~25万円といったところが多いでしょう. 独身時代は手取り20~25万円でなんとかなっても,家庭を持つと月々の手取りが20~25万円では生活も厳しいですよね. 今回は理学療法士・作業療法士が手取り40万円を目指すにはどうすればよいのか考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士の職場ならではの福利厚生

理学療法士・作業療法士が職場を選択する際に重要となるのが福利厚生です. 理学療法士・作業療法士が勤務する医療機関では医療機関ならではの福利厚生が多く存在します. 今回は理学療法士・作業療法士の職場ならではの福利厚生についてご紹介させていただきます.
就職活動

理学療法士・作業療法士が知っておきたいブラック求人の見つけ方

今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたいブラック求人の見つけ方についてご紹介させていただきました 理学療法士・作業療法士も転職するのであればブラックな職場は回避したいですよね. 理学療法士・作業療法士がブラックな職場を避けるためには転職サイトの利用がお勧めです.
就職活動

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けのお悩みカウンセリングが無料

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士士であれば残業が多い,給料が安い,人間関係などとさまざまな悩みを抱えられていると思います. 職場の先輩や動機には相談しにくい悩みもあると思いますし,コロナ禍でお酒を飲みながら悩みを相談するという機会も少なくなってきていると思います. 今回は期間限定で利用できる理学療法士・作業療法士・言語聴覚士向けのお悩みカウンセリングについてご紹介させていただきます.
働き方

いずれ転職したいと思っている理学療法士・作業療法士が転職にベストな時期とタイミングとは?

今回は理学療法士・作業療法士が転職したいと思う時期やその理由について考えてみました. 理学療法士・作業療法士が転職をする際には経験年数やそのタイミングが重要となります. ただどのタイミングで転職活動を開始して良いか迷っている理学療法士・作業療法士も少なくないと思います. 転職活動を開始することに不安を感じている場合には,転職のプロに相談してみることをお勧めします.
働き方

理学療法士・作業療法士がケアマネジャー(介護支援専門員)の資格を取得するメリットって?

今回は理学療法士・作業療法士がケアマネジャー(介護支援専門員)の資格を取得するメリットについて考えてみました. 最近はケアマネジャー(介護支援専門員)と理学療法士・作業療法士のダブルライセンスを持つ理学療法士・作業療法士の求人も見かけるようになってきております. 待遇もそれなりによいですね.
就職活動

理学療法士・作業療法士が慢性期(生活期)の医療機関で働くメリットは?

理学療法士・作業療法士が医療機関で働く場合には,勤務先にも急性期・回復期・慢性期(生活期)・クリニックなどさまざまな勤務先があります. 若い理学療法士・作業療法士の中で昔から人気があるのが急性期・回復期です. 求人数も多いですし,最近は募集に対する倍率が10倍を超える施設も少なくありません.
働き方

理学療法士・作業療法士が利用する院内託児所ってどうなの?

育児と仕事を両立させたい理学療法士・作業療法士とって,職場の育児支援体制は気になるポイントですよね? 様々な育児支援の中でも,特に心惹かれる人が多いと思われるのが院内託児所です. お子さんに何かあったときすぐ駆けつけられるといった点も大きなメリットですよね. ただ実は思わぬデメリットもあります.
就職活動

理学療法士・作業療法士が病院見学をする際のマナー

そろそろ就職や転職前に病院見学に行く理学療法士・作業療法士も多いのではないでしょうか? 病院見学をするうえでは基本的に備えておくべきマナーがあります. 見学と思うかもしれませんが,実は見学の段階ですでに試験が始まっているようなものですからね. 見学を制する理学療法士・作業療法士は試験を制するとも言えるでしょう.
働き方

理学療法士・作業療法士も知っておきたい失業保険

理学療法士・作業療法士でけっこう知らずに損している方が多いのが失業保険です. 理学療法士・作業療法士ってこういった法的な制度に疎い方が多くて損している場合って多いんですよね. また手続きがなんとなく面倒くさそうでといった理由で損してしまっている方も多いと思います. 今回は理学療法士・作業療法士も知っておきたい失業保険についてご紹介させていただきます.
働き方

理学療法士・作業療法士の1時間はいくらですか?月給を時給換算してみよう

ご自分の時給を算出した結果,「割に合わない!」と納得できなかった理学療法士・作業療法士もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな場合には仕事に見合った給与を支払ってくれる職場への転職を検討してみてもいいかもしれません. 以下に紹介する転職サイトでは,数々の理学療法士・作業療法士を転職成功に導いてきた転職のプロが,転職を全力サポートしてくださいます.
タイトルとURLをコピーしました