就職活動

就職活動

理学療法士・作業療法士の働きやすい転職先6選

理学療法士・作業療法士の職場って本当に様々です. 仕事って1日の3分の1以上の時間を費やすことになりますので,できれば働きやすい職場で働けると人生も明るいものになりますよね. 今回は理学療法士・作業療法士が働きやすい職場の特徴について考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士の悩みランキング 気になる1位は?

理学療法士・作業療法士の皆様は悩みってありますか? 実は理学療法士・作業療法士って同じようなことで悩んでいる場合が多いです. 今回はPTOTSTワーカーのデータから理学療法士・作業療法士の悩みについて考えてみたいと思います.
働き方

理学療法士・作業療法士にとって今の職場があっていないサイン4選

今回は理学療法士・作業療法士にとって今の職場があっていないサイン4選について考えてみました. 理学療法士・作業療法士の職場は1つではありません. 職場を変えるだけで多くが解決するなんてことは少なくありません. 自分に合っていない職場で長く働いても自分自身が疲弊してしまうだけで全く成長できません. 時間を無駄にしてしまうことになるでしょう.
就職活動

転職して後悔する理学療法士・作業療法士の特徴

今回は転職して後悔する理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみました. 転職して後悔している理学療法士・作業療法士の多くは分析不足,情報収集不足ということがほとんどでしょう. とは言っても自分自身で得られる情報量には限界があります. 可能な限り多くの情報を収集するためには転職サイトの利用がお勧めです. 転職サイトを利用すればあなたに代わって担当のエージェントがさまざまな情報を収集してくださいます.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職活動はタダ!しないと損?

理学療法士・作業療法士の皆様は今の職場に満足していますか? 今の職場のまま仕事を続けていていいのかといった疑問を抱えながら仕事をされている方も多いのではないでしょうか? 一方で転職となるとハードルを高く感じてしまって,モヤモヤとしながら今の職場で仕方なく仕事をされているという理学療法士・作業療法士も少なくないのではないでしょうか? でも転職活動って方法や考え方によってはタダですから,やらないと損なんですよね. 今回は理学療法士・作業療法士の転職活動はタダといったお話です.
働き方

急性期に向いている理学療法士・作業療法士の特徴

今回は急性期に向いている理学療法士・作業療法士の特徴について考えてみたいと思います. やはり向き・不向きはありますよね. 急性期って公的な病院も多いので給与も安定して年功序列で上がっていくなんてパターンが多いので急性期に向いている方にとっては就職先としてはお勧めです.
就職活動

なぜ理学療法士・作業療法士の転職先は自分で探してはダメなのか?

理学療法士・作業療法士は資格職ですので転職を繰り返しながらキャリアアップを図る方も少なくありません. 理学療法士・作業療法士も転職にあたっては失敗したくありませんよね? 転職活動をする際にやってはいけないのが自分一人で転職活動をするといった方法です. なぜ理学療法士・作業療法士の転職先は自分一人で探してはダメなのでしょうか?
就職活動

理学療法士・作業療法士が自分を守るために転職を考えるべきタイミング

今回は理学療法士・作業療法士が自分を守るために転職を考えるべきタイミングについて考えてみたいと思います. 理学療法士・作業療法士にとっての転職は決して逃げではありません. 場合によっては大きなキャリアアップにつながることもあります. 少しでも転職を考えているのであれば,まずは転職サイトに登録してキャリアアドバイザーの話だけでも聞いてみてください.
働き方

リハビリテーション専門職の国会議員がいなくなった今だからこそ考えるべきこと

残念ながら第26回参議院選挙で比例区で立候補していた理学療法士・作業療法士の3名の候補者が落選となりました. これで事実上は国会からリハビリテーション専門職がいなくなったことになります. リハビリテーション専門職の国会議員がいなくなったことで理学療法士・作業療法士の置かれる環境はますます厳しくなることが予測されますが,現実を受け入れて今後の予測をしたうえでわれわれも動いていく必要があります. 今回はリハビリテーション専門職の国会議員がいなくなった今だからこそ考えるべきことについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士1年目で転職って出来るの?

今年度から入職した理学療法士・作業療法士の皆様も入職してから3か月が経過しましたね. 新人教育期間を終え順調に成長できている理学療法士・作業療法士もいれば,思った職場と違ったなんて後悔している理学療法士・作業療法士もいるのではないでしょうか? 早くこの職場から抜け出してやるといった思いの一方で,1年目で転職なんて難しいと考えている方も多いのではないでしょうか?
就職活動

近年増加している理学療法士・作業療法士のペインクリニック求人ってどうなの?

しかしながらまだまだ理学療法士・作業療法士におけるペインクリニックの求人は整形外科クリニックに比較すると少ないのが現状です. 年々ペインクリニックにおける運動指導の重要性は認識されるようになっておりますが,まだまだ専門医が少ないためにペインクリニック自体が少ないうえに,先に述べたように理学療法士・作業療法士の必要性を感じていないペインクリニックの医師が多いのも実際です.
就職活動

理学療法士・作業療法士にとってベストな転職時期っていつか知ってますか?

理学療法士・作業療法士の転職の場合にはタイミングって本当に重要です. 求人情報の少ない時期に転職活動をしてもなかなかうまくいかないことが多いでしょう. また分野や職域によっても求人が増えるタイミングが異なります. 適切なタイミングで転職活動を進めるにはどうすれがよいでしょうか?
働き方

理学療法士・作業療法士の昇給問題 昇給が低いと何が問題か?

理学療法士・作業療法士の職場では昇給がほとんどない職場ってけっこうあります. 昇給や基本給が低い代わりに手当をつけて総支給額を多く見せている求人票もけっこうありますが,これってどうなのでしょうか? 実は昇給が低くて基本給が上がらないと給与も思ったように増えていきません. 今回は理学療法士・作業療法士の昇給問題につちえ考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が専門性を生かして他業種として働くには?

理学療法士・作業療法士の就職先と言えば病院や施設なんかがほとんどですよね. ただ最近は一般企業に入職する理学療法士・作業療法士も増えてきております. 理学療法士・作業療法士として病院に就職したものの,正直なところ高齢者の対応が自分には向かないなんて感じている理学療法士・作業療法士もいらっしゃると思います. そういった場合には他業種として働くというのも1つの方法だと思います.
就職活動

1~3年目の理学療法士・作業療法士が半年間で転職を成功させるには?

理学療法士・作業療法士というのは資格職ですので転職を繰り返しながらキャリアアップする方が多いです. 実は看護師や理学療法士・作業療法士といった医療従事者の1~3年目の離職率ってけっこう高くて,30~40%程度と言われております. 1~3年目の新人理学療法士・作業療法士だと転職は難しいかというと,そんなことはなくてむしろ若いからこそ転職に有利な側面もあります.
就職活動

理学療法士・作業療法士が残業無しの職場を見つけるには?

理学療法士・作業療法士の職場でもまだまだブラックな職場って多いですよね? なかでも昔から横行しているのがサービス残業の強制です. これって今の時代ありえませんよね? 理学療法士・作業療法士もサービス残業を強制されるような職場で働くのってもったいないです. 今回は理学療法士・作業療法士が残業無しの職場を見つけるにはどうすれがよいのかについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職ってダメなこと?

理学療法士・作業療法士は資格職ですので転職を繰り返しながらキャリアアップされる方も多いです. 一方で日本では石の上にも三年みたいな考えが根強く残っており転職を良しとしない文化があるのも実際です. でも理学療法士・作業療法士の転職って本当に悪いことなのでしょうか? 今回は理学療法士・作業療法士の転職ってダメなことなのかどうかについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が楽な職場で働くには?

楽にもいろいろな要素があると思いますが,できれば楽に働きたいですよね? 楽していると成長できないなんていう人もいますが,そんなこともないと思います. 無駄に厳しい職場で少しも成長できていないなんて場合もあるでしょう. 今回は理学療法士・作業療法士が楽な職場で働くにはということで考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が転職で見落としやすいポイント6選

今回は理学療法士・作業療法士が転職で見落としやすいポイント6選について解説させていただきました. ただここに挙げたポイントって求人票からだけでは情報が得られない場合が多いと思います. 自分で病院や施設の担当者に聞くのも勇気がいると思いますし,下手に確認するとマイナスの印象を持たれることも多いと思います. しかしながら確実におさえておきたいポイントばかりです. 転職に際して今回ご紹介したポイントを確実におさえるためには転職サイトの利用がお勧めです.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのか?

理学療法士・作業療法士は資格職ですので転職を繰り返してキャリアアップを図る方も少なくありません. 理学療法士・作業療法士の転職で多いのが3年目の転職です. でもなぜ3年目が多いのでしょうか? 今回は理学療法士・作業療法士の転職はなぜ3年目がお勧めなのかについて考えてみたいと思います.
就職活動

理学療法士・作業療法士が手取り30万円を達成するためには?

理学療法士・作業療法士の平均年収は406万円です. これって月々の手取りにするとどのくらいかわかりますか? 賞与にもよりますがおおよそ手取り20~25万円程度ということが多いと思います. これってかなりきついですよね? 理学療法士・作業療法士が豊かな生活を送るためには手取り30万円は欲しいですよね?
就職活動

40代理学療法士・作業療法士転職を成功させるには?

ただ40代の新卒であっても求人はありますし,管理職経験者であれば管理職を募集している求人からは歓迎されます. 40代における理学療法士・作業療法士の年収は480万円と高めですが,これも経験や立場によって異なります. 管理職であれば500万円を超える求人もありますし経験が浅ければ300万円代という可能性もあります.
就職活動

理学療法士・作業療法士の求人票にはこれを書いておいてほしい

理学療法士・作業療法士が就職活動や転職活動を実施する場合には求人票を確認すると思います. ただ求人票って十分な情報が記載されていないことも多いですよね? 今回は理学療法士・作業療法士の求人票にはこれを書いておいてほしいといったお話です.
働き方

R4年度診療報酬改定で回復期リハビリテーション病棟はどう変わるのか?

今回は2022年1月26日に公開された中医協の情報からR4年度診療報酬改定で回復期リハビリテーション病棟はどう変わるのかについて考えてみました. おおよそ回復期リハビリテーション病棟に関しては改定内容が具体化してきました. 気になるのは入棟時のFIMによる評価の操作に関する内容が組み込まれていない点です. 今後の改定情報から目が離せませんね.
働き方

理学療法士・作業療法士の転職市場動向に関する無料セミナー

今回は理学療法士・作業療法士を対象とした理学療法士・作業療法士に特化した最新の転職市場や病院・施設といった業態別に働き方の特徴や身につきやすいスキルに関する無料セミナーについてご紹介させていただきます.
働き方

理学療法士・作業療法士が転職を成功させるコツは「希望条件」をしっかり整理すること

理学療法士・作業療法士というのは転職が大き職種の1つです. 理学療法士・作業療法士の転職のきっかけもさまざまですが,今の職場に不満や物足りなさを感じて,今よりもっと条件の良い職場で働きたい,やりがいのある仕事をしたいなどと考えられると思います. しかしながら条件の良い職場とかやりがいと言ってもその基準は人それぞれで,他の理学療法士・作業療法士にとっての良い職場が,あなたにとってそうだとは限りません.
就職活動

理学療法士・作業療法士の転職は早ければ早い方が良い?

日本では石の上にもという言葉が古くからあります. まずは1つの職場で3年は我慢してはたかないとなんて思いを持って仕事をされている理学療法士・作業療法士のことも少なくないと思います. またとりあえず30歳までは今の職場で働いてから転職しようなんて思いを持たれている理学療法士・作業療法士は多いと思います. 給与面や福利厚生などの今の仕事に不満があっても,もう少しは我慢して働こうと考える理学療法士・作業療法士が多いわけです.
働き方

理学療法士・作業療法士もこれがないと入職後に後悔する福利厚生

福利厚生のことって面接でも聞きにくいですし,求人票を見てもよくわからないですよね. 制度はあっても誰も使ってないなんてパターンもありますので,重要なのは実際に使えるかどうかです. リハビリテーション部門内の雰囲気も大切でしょうね.
就職活動

理学療法士・作業療法士の年末年始の転職ってどうなの?

上述したように年末年始という特別な時期ですが,むしろ転職には好都合な時期だと言えます. むしろ年明けは求人情報が多くなる時期ですのでチャンスです. ただ自分一人で多くの求人情報から自分に合った求人を探し出すのは大変な作業です.
就職活動

こんな理学療法士・作業療法士は採用したくない

今回はどんな理学療法士・作業療法士を採用したくないかについて考えてみました. 面接ではここまでご紹介したようなポイントがチェックされます. 今後転職を考えられている方は,希望する病院や施設の採用を勝ち取ることができるよう,採用したくないポイントに当てはまる部分はないかを一度振り返ってみてはいかがでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました